スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

学校情報:”大人”のみ対象

こんにちは!

東京・大田区にある

KEN-ELT英語学習専門校

(http://www.ken-elt.jp/ )


の代表Kenです。

以前、

英会話業界で、

なぜか(?)はやっている、

「ダイレクトメソッド」

についてお話しました。

英語で英語を学ぶ

というこの方法は・・・


①マネをして覚えることができる子ども

②英語で質問をすることができる英語上級者



のみに有効であるとお話しましたね。

これには、

きちんとした

理論的裏づけ

があります。

ずばり、

今回のテーマは・・・

「子どもと大人の英語学習の違い」

についてです。

今回の内容は、

少し専門的

になりますが・・・

どうぞ最後まで

お付き合いください!


・子どもの言語習得

子どもの周りには、

母親を始めとする

’大人’

がいます。

子どもは、

その方達が使う

言葉の環境

の中で

言語を

学びます。


つまり、

その環境が、

英語であれば

英語になり、

イタリア語であれば

イタリア語になる

わけですね。

環境は重要です。

ただ・・・

そのような大人達は、

子どもに、

どのような言葉で、

話しかけますか?

いわゆる、

幼児向けの

’シンプル’な言葉


なわけですね。

また、

大人が使う言葉

のバリエーション

はというと・・・

文法や単語も簡素化し、

’限り’がある


わけです。

それでは、

ここで皆さんに質問です。

Q:こんな一見’不利’に思われる状況で、なぜ子どもは言語をかなりの速度で習得できるのでしょうか?

子どもには・・・

’言語習得装置’
(LAD=Language Acquisition Device)


という機能が、

脳に備わっている

からです。

これは、

私が発見した

わけではありません。(笑)

アメリカの言語学者

として有名な、

チョムスキー

という方が

提唱したものです。

これによると、

このLADの中には・・・

新しい文を作りだす’ルール’

が組み込まれている


というのです。

このルールとは、

つまり・・・

’文法’の規則

です。

このルールを

解明

しようとしている

のが・・・

「言語学者」

という方達です。

私が通っていた、

上智大学は、

日本でも、

この

言語学の分野

で有名な教授が

いらっしゃいました。

現在も、

このLADの解明を

研究されている

学者の方が

多くいます。


*上智大学外国語学部では、主専攻として、英語・ドイツ語・フランス語・スペイン語・ロシア語・ポルトガル語から一つを専攻し、副専攻として、言語学・国際関係・アジア文化から一つ学ぶことができます。


私は、

英語

を専攻し、

言語学
(英語教授法理論を含む)


を副専攻しました。


Q:それでは、なぜ、子どもにはこのLADがあって、大人にはないのでしょうか?

ずばり、

このLADは、

7才前後

を境に消滅していく

からです。

このLADを備えた期間

を、

「臨界期(critical period)」

と呼んでいます。

言い換えれば・・・

この時期を過ぎれば、

’自然’には

言語を習得

できなくなる


のです。

Q:それでは、大人の言語習得は、どのようにすればよいのでしょうか?


・大人の言語習得

大人は、

もはや、

’自然’には

言語を習得

できません。。。

ということは・・・

前回触れた

「ダイレクトメソッド」

では、

効果がない

わけですね。

繰り返し

になりますが、


大人

の方で、

上級者以外の方が

英語を、

ネイテイブから学ぶ

のは・・・

大切な時間



お金の無駄

なのです。。。


しかし、

子どもの言語習得で

ヒントになること

があります。


インプット(英語に触れる量と質)



アウトプット(英語を発する量と質)


の図式です。


・インプットとは・・・

英語を聞いたり、読んだりして、英語の知識を自分の中に取り入れることです。


・アウトプットとは・・・

英語を話したり、書いたりして、学んだ英語を’外へ出す’、つまり、表現することです。

子どもは、

インプットとして、

周りの大人が話す言葉

を取り入れ、

アウトプットとして、

マネをして、

言葉を発する

わけです。

ただ・・・

またしても、

大人との重要な違いが・・・。

大人のインプット



アウトプットには・・・



も必要ですが、

それよりも

’質’

が大事

なのです。





テーマ : 英語教室
ジャンル : 学校・教育

学校情報:一レッスン「75分」&「マンツーマン」

こんにちは!

東京・大田区にある

KEN-ELT英語学習専門校

(http://www.ken-elt.jp/ )


の代表Kenです。

前回は、

大人の言語習得には・・・

インプット(リスニング・リーデイング)


アウトプット(スピーキング・ライテイング)

で、

’質’

が大切だ

というお話

をしました。

それでは、

この「質」とは、

具体的に

どのようなもの

なのでしょうか?

まずは・・・

インプット

についてですが・・・

これまた

言語学者のクラッシェン

という方が、

次の公式

を提示

してくれています。


*”i”+1=適切なインプット*

さて、

この”i"とは、

一体

何のことでしょう?

「私」ですか?

ここでは、

”i”=interlanguage

のことです。

この"interlanguage"は、

「中間言語」

という

言語習得の

専門用語

です。

難しくはありませんので、

ご心配なく!


・「中間言語」とは・・・

言語を学び始め(最初の段階)と

言語を習得した時点(最終の段階)の

「中間」

に使用する言語

です。

つまりは・・・

言語学習者が使っている言語

ですね。

皆さんは、

今、

英語を学ばれている

と思いますが・・・

皆さんが

まさに格闘している英語

のことですね。

それは、

まだ完成されてはいない

わけです。


それでは、

”i”+1の、

「+1」

とは何でしょう?

これは単純に・・・

「中間言語」より”少し上”

という意味です。

つまり・・・

現在の英語レベルより、

少し上のインプット

を行うと良い


ということですね。

言い換えれば・・・

取り組む英語が、

難しすぎても、

簡単すぎても、

良くない

ということです。

しかし、

ひとつ問題が・・・。

どうやって、

難易度

がわかるのでしょうか?

これは、

学習者には

正直難しい

と思います。

それゆえに、

ここで、

適切なインプット

を与える存在

である、

教師

が必要になるのです。

ただ・・・

教師

と一口にいっても・・・

学習者のレベル判定

はというと・・・

専門的に

「テステイング(テスト理論)」

という分野を学んでいないと、

難しいです。。。

それゆえに、

あらゆる英会話学校



海外の語学学校

などで、

レベルの’ミスマッチ’

が起こっているわけです。


私は、

カナダで、

この

「テステイング」

を学びました。

*KEN-ELTでは、特典の一つとして、「レベル判定テスト」を行い、適切なレベルを判定した上で、それぞれのレベルとニーズにあった”あなただけの”カリキュラムをお作りいたします。

実際に、

私が

生徒さんを

レベル判定し、

ニーズ(要望)

をお聞きした上で、

お作りしたカリキュラム

に興味がおありの方は、

当校ホームページの

カリキュラムページ内

「生徒さんの声」

をご覧ください。

「生徒さんの声」はこちらから

*中・上級者の方はこちらから


さて、

次に・・・

アウトプット

ですが、

日本という言語環境

を考えてみてください。

一歩外に出れば、

当然ですが・・・

日本語

が使われている

わけですね。

つまりは・・・

一レッスンの

’質’

を重視しなければ、

英語の上達

はありえません。


そのためには・・・

マンツーマン

がベストです。

ただ・・・

マンツーマン

といっても・・・

Q:たった40分や60分で果たして身になるのでしょうか?


私の英語学習経験



英語教師経験

と照らし合わせても・・・

正直、

この時間を、

一週間に

1回または2回

受けたところで、

学習量として、

少なすぎますし、

効果のほどは、

はなはだ疑問

です。。。


*KEN-ELTでは、こうした事情を踏まえ、一レッスン75分制を採用しています。実際に通われている生徒さんにお聞きしても、’ちょうど良い’学習時間だと好評をいただいております。
もちろん、’長く’感じさせないのが、プロの英語教師の役目ですので、毎レッスンで用いる手法も変えて、「たのしんで」学んでいただいております。


*また、特典のひとつとして、毎月、「KEN-ELT学習報告書」をお渡しし、ひとりひとりの学習内容を報告し、”それぞれにあった”学習アドバイスをいたします。

特典の詳細

につきましては、

当校ホームページの

トップページ

をご覧ください。


特典詳細はこちらから





テーマ : 英語教室
ジャンル : 学校・教育

学校情報:アメリカ英語完全対応

こんにちは!

東京・大田区にある

KEN-ELT英語学習専門校

(http://www.ken-elt.jp/ )


の代表Kenです。

さて、

「英語の種類」

についてですが・・・

世界中には、

それこそ、

様々な英語

がある

わけです。

英語を、

ネイテイブ

として話す人

よりも、

英語を、

外国語

として話す人

のほうが、

多い


という報告

もあるぐらいです。

つまり・・・

英語は、

もはや・・・

英語圏でのみ、

使われる言語

ではなくなりました。

世界中、

英語が通じにくい地域

はあれ、

おそらく、

誰かしら、

英語を話す人

を見つけることができる

でしょう。

ここで、

次のような疑問

が出てくる

と思います。


Q:それでは、”どの英語”を手本にすればよいのでしょうか?

これは、

切実な問題

です。

ただ・・・

やはり、

英語学習者

の方は、

手本

を見つけなければ、

確実に、

混乱します。

*そこで、KEN-ELTでは、アメリカ英語(カナダ・アメリカ)とイギリス英語を基盤にし、それぞれの英語に”完全”対応した教材・カリキュラムを提供しています。


今回は、

「アメリカ英語」

について

お話していきたい

と思います。

日本の義務教育

で、

英語を学ばれた皆さん

なら、

まず、

この

「アメリカ英語」

を学んだことがある

はずです。

日本では、

アメリカ英語

で使われる、

文法・表現・発音

が主体

だからです。


・アメリカ英語とは・・・


まず、

「アメリカ英語」

という言葉ですが・・・

実際、

カナダ

で使われる英語

もこれに含みます。

なので、

正確には・・・

北米英語

のことを指します。


・標準米語とは・・・

北米

で使われる英語

といっても・・・

地域・教育の違い

により、

”差”

が存在

します。

ただ・・・

北米

という、

広大な国土

を考えると、

その差

はそれほどでもありません。

アメリカであれば・・・

主に、

中西部・西部

で、

標準米語

が話される

とされています。

都市でいえば・・・

シカゴや

サン・フランシスコ

あたりですね。

そして、

これを、

GA

と呼びます。

これは、

言語学の

専門用語

ですが・・・

何だと思いますか??

答えは・・・

General American

つまり・・・

「標準米語」

ですね。


・学ばれる地域は・・・

さて、

この

北米英語を、

学校教育で

採用している地域

はどこでしょう?

まずは、

北米に近い

ということで・・・

そうです、

中南米地域

ですね。

ここからは・・・

カナダやアメリカ

への留学生

も多くいます。

それに加えて・・・

歴史的

そして

経済的

なつながりで・・・

日本・韓国

を始めとする、

東アジア地域

でも、

この

「アメリカ英語」

が学ばれています。


*もちろん、

個人の受ける教育

により、

イギリス英語

を話す方

もいます。

ここまで、

アメリカ英語の概要

についてお話してきましたが・・・

Q:それでは、皆さんの中で、どのような方向けなのでしょうか?


それを以下に列挙します。


・対象者は・・・


・カナダ・アメリカ文化に関心が高い方。

・カナダ・アメリカに短期・長期の留学を考えている方。

・カナダ・アメリカへの短期・長期の出張・赴任に役立てたい方。

・カナダ・アメリカへの短期・長期留学から帰国後も、継続して、アメリカ英語を学んでいきたい方。

・カナダ・アメリカへの短期・長期出張・赴任から帰国後も、継続して、アメリカ英語を学んでいきたい方。


皆さんが、

学校教育で学ばれた

アメリカ英語

を基盤に、

または、

新たに、

アメリカ英語



完全対応

した

教材・プログラム

でサポートしていきます。



テーマ : 英語教室
ジャンル : 学校・教育

学校情報:イギリス英語完全対応

こんにちは!

東京・大田区にある

KEN-ELT英語学習専門校

(http://www.ken-elt.jp/ )


の代表Kenです。

前回は・・・

「アメリカ英語」

についてお伝えしました。

お待たせいたしました!

今回は・・・

「イギリス英語」

です。

日本の学校英語

では・・・

「アメリカ英語」

が主体

のため・・・

「イギリス英語」

に触れる

機会

は少ない

と思います。

しかし・・・

「イギリス英語」

には、

特有の

文法・表現・発音

の仕組み

が存在します。

*それゆえ、KEN-ELTでは、「アメリカ英語」と「イギリス英語」を完全に分けて、指導しています。

そうしないと、確実に、混乱するからです。また、どちらもごちゃ混ぜの英語では、あまり意味がありません。



・イギリス英語とは・・・

さて、

イギリス英語

についてですが・・・

イギリスは、

その歴史

から、

4つの地域

に分かれています。

イングランド・ウェールズ

そして

スコットランド・北アイルランド

ですね。

これらは、

ラグビーや

サッカーの

国際試合

でも、

はっきりと

分かれています。

これらの地域で

話されている英語

を総称して、

「イギリス英語」

と呼んでいます。


・標準英語とは・・・

イギリスは・・・

その

小さな国土

からは

想像がつかない

かもしれませんが・・・

方言の種類



かなり多い

のが

特徴

です。

ロンドンのコックニー
(ロンドンのイーストエンドと呼ばれる東側で話される)

に始まり、

中央部のバーミンガム

北西部のリバプール

マンチェスター

北東部のヨーク


ニューカッスル

さらには、

スコットランドの、

エジンバラ

グラスゴー

と主なものだけでも、

これだけあります。

それでは、

Q:イギリスにおける”標準英語”とは・・・?一般に、”RP”と呼ばれますが・・・何の略なのでしょうか?

RPG?

惜しい(?)

ですね。(笑)

正解は・・・

Received Pronunciation

つまり、

「容認発音」

と呼ばれるもの

です。

北米と違い・・・

イギリスを始め、

ヨーロッパは、

階級社会

が残っています。

このRPは・・・

主に、

上流階級や

名門大学出身者
(オックスフォードとケンブリッジ)

の英語

とされてきました。

したがって・・・

別名として、

Queen's English

とか

Oxbridge English

などと

呼ばれてきました。

また、

イギリスの国営放送

BBC

でアナウンサーが

話す英語

もRPとされ、

BBC English

とも呼ばれてきました。

しかし・・・

このような英語

を話す人の数は、

国民全体の3パーセント

とされ、

今では、

BBCも、

地方アクセント

で話すレポーター

を積極的に、

採用しています。

地域としては・・・

イングランド南東部

(ケント州など)


で、

標準英語

が話されている

とされています。

が・・・

私が、

ケント州で、

滞在した

ホームステイ先の、

ホストマザーは、

リバプール出身

で、

聞き取りに

苦労しました。。。

馴れましたが・・・

最初は、

単語ぐらいしか

聞き取れませんでした(笑)。。。


・学ばれる地域は・・・

イギリス英語は・・・

地域的近さ

から、

ヨーロッパ

で主に学ばれています。

また、

イギリスの植民政策

の歴史

から、

アフリカ・中東地域

などからの、

移民者や留学生

が多い

のも、

イギリスの特徴

です。

ただ・・・

シンガポールやインド

などでは・・・

地域独自の英語



注目されています。

Q:それでは、日本では、どのような方向けなのでしょうか?


・対象者は・・・

・イギリス・ヨーロッパ文化に関心が高い方。

・イギリス・ヨーロッパに短期・長期の留学を考えている方。

・イギリス・ヨーロッパへの短期・長期の出張・赴任に役立てたい方。

・イギリス・ヨーロッパへの短期・長期留学から帰国後も、継続して、イギリス英語を学んでいきたい方。

・イギリス・ヨーロッパへの短期・長期出張・赴任から帰国後も、継続して、イギリス英語を学んでいきたい方。


イギリス英語

を学ばれる方は・・・

最初から、

イギリス英語

に興味がある

方が大半

です。

旅行や

留学で、

イギリス・ヨーロッパ方面

へ行かれる方

も多い

ですね。

特に、

イギリスへ渡航

される方は、

イギリス英語

を学んでいってください。

アメリカ英語

を話すと・・・

毛嫌い

されます。。。


私も、

経験者のひとり

です(笑)。。。

*KEN-ELTでは、「イギリス英語完全対応」のカリキュラム・教材を用意し、イギリス英語特有の文法・表現・発音などを、総合的に指導しています。
私のイギリス留学経験かつヨーロッパ渡航・滞在経験から、イギリス・ヨーロッパの文化情報も教材化し、生徒さんに好評をいただいております。


正直なところ、

日本で、

イギリス英語

を学ぶ

機会は、

あまり

多くありません。

大手の英会話学校で、

イギリス英語を主体

にしているところもありますが、

実際、

オーストラリアやニュージーランドなど、

イギリス英語を”ベース”にした英語

をも含めているため、

混乱する

ことと思います。







テーマ : 語学習得とくとく情報
ジャンル : 学校・教育

受講対象者:女性の方へ

こんにちは!

東京・大田区にある

KEN-ELT英語学習専門校
http://www.ken-elt.jp/ )


の代表Kenです。

今回から、

数回にわたって、

受講対象者別に、

それぞれの

特徴を述べていきたい

と思います。

まずは・・・

「女性の方」

です。

語学

という分野は・・・

正直、

男性よりも

女性の方が

多い

です。

私の大学の

英語学科でも、

7割は女性

だったことは

以前お話しました。

KEN-ELTでも、

例外ではありません。

女性の方の比率は

平均して

多い

です。

英語を学ばれる動機

についてですが・・・

「内的興味」

が強い

というのが、

特徴です。

つまり、

英語そのもの

に興味がある

ということですね。

具体的に言えば・・・

ファッションや食事

映画や音楽など

英語圏の文化

に興味があり、

それを理解するために、

英語を学んでいる

ということです。

さらには、

海外旅行や留学

に興味があり、

それに役立つように、

英語を学んでいる

ことが多いですね。

一言で言えば・・・・

「自分の世界観を広げる」

ことが目的で、

「プライベートを充実させる」

ために、

英語を学ばれています。

これは、

考えてみれば・・・

語学の本来の目的

だと言えますね。

つまり、

知らない言語の先にあるものを

知りたいから、

言葉を学ぶ


ということですね。

私の英語指導経験からも、

こうした動機で

学ばれる方は、

上達が早い

です。


実際に、

KEN-ELTに通われている

女性の方達は、

日々、

英語の学習を続け、

海外へ旅し、

自らの興味を深め、

さらに自分の語学力を

高めています。

つまり、

多くの女性達が、

KEN-ELTで

既に、

適切な英語学習法

をみつけ、

自己実現の道

を歩み始めている

のです。


KEN-ELTのモットーの一つ

として、

ラクして学ぶのではなく、

「たのしく学ぶ」


があります。

多くの英会話学校では、

「英語をラクラク習得」

をモットーにしています。。。

しかし・・・

私は、

カナダ、イギリス、そして日本で、

これまで

多くの英語学習者を

見てきましたが・・・

「ラクして」

英語を身につけた人

には会ったことがありません。


「ラクをしよう」という思いが、

英語の諦め

を生むのです。

「たのしく」

英語を学べば、

継続して学ぶことも

難しくありません。

挫折をせずに、

「たのしく」

英語を学んでいきましょう!




テーマ : 英語教室
ジャンル : 学校・教育

プロフィール

KenElt

Author:KenElt
鈴木健一。

・上智大学外国語学部英語学科卒業。

カナダ留学
・カナダ・トロントにて、外国人に英語を教える国際資格(TESOL Diploma)を取得。
・カナダでは、中・上級者を中心に英会話を指導。

イギリス留学
・イギリス(ロンドン・ブロードステアーズ・ブリストル・チェスター)の英語教育者コースで、最先端の英語教育の現状を学ぶ。
・イギリス・ケンブリッジ大学英語教師養成プログラム(Cambridge CELTA/DELTA)認定の教師養成トレーナーより、語学教育カリキュラム・教材開発の個人指導を受ける。

国内
・帰国後、複数の英語教室にて、成人英語初心者への英会話指導、クラス教材開発、英語教師養成に携る。
・現在は、定期的にイギリスにて研修に参加する傍ら、イタリア語とアラビア語を学び、語学教育の新しい手法を模索している。


KEN-ELT英語学習専門校
(http://www.ken-elt.jp/ )について:

東京都大田区にある大人対象の個人英会話教室(学校)。


*対象:

中級者・上級者の方

*入門者・初心者の方は、
http://ameblo.jp/ken-eltへ

*学習内容:

英語表現力(英会話+α)
   +
英語学習力(効果的な学習法・
異文化理解力・会話展開力)

*学習スタイル:

一レッスン75分&
完全マンツーマン
(プライベート)

*対応英語:

アメリカ英語・イギリス英語


*KEN-ELT携帯サイト*

(http://ken-elt.jp/i/ )


*無料カウンセリングはこちら

*http://www.ken-elt.jp/enquiry.html
(パソコンから)

*http://ken-elt.jp/i/enquiry.htm
(携帯から)
      
   *毎月7名様限定*

*先着順にお受けし、数に限りがありますので、ご希望の方は、お早めにご予約ください。

☆あなたの英語学習観が間違いなく変わられることと思います。☆

検索フォーム
RSSリンクの表示
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。