スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イタリアーノ④:イタリアンのメニュー構成

無料カウンセリングはこちら


こんにちは!東京・大田区にある

KEN-ELT英語学習専門校

(http://www.ken-elt.jp/ )の代表Kenです。


さて、前回は、


「イタリアの飲食店」


についてお話しました。


今回は、いよいよ


「イタリアンのメニュー構成」


についてです。


皆さんは、コース料理」というと何を思い浮かべますか?


おそらく・・・「フランス料理」ではないでしょうか?


いわゆる、レストランでのメニュー構成は・・・「フランス料理」をベースにしているようです。


「イタリア料理」でも例外ではありません。


ただ・・・イタリアとフランスはライバル(?)関係にあることもあり・・・メニュー構成が少し違います。


もちろん・・・イタリア語での表記です!


それでは具体的に見ていきましょう。



・Antipasto(前菜)


まずは、


「前菜」


ですね。


イタリアでは、主に、


「ハム・サラミ類」「チーズ」


が出されます。


かなりの分量なので、皆で食べるにはもってこいですね。


イタリアで「ハム」といえばやはり・・・


「パルマ産生ハム」


ですよね。


そして、「サラミ類」はというと・・・


オーストリアや旧ユーゴスラビアとの国境地帯


のものが有名です。


トリエステあたりですね。


チーズは・・・やはり、


ナポリ地域の「モッツアレッラ」


でしょうね。


塩とオリーブオイルを少しふって食べます。



・Primo piatto(第一皿)


第一皿目は、


パスタかリゾット


などを取ります。


イタリアのパスタの種類は豊富で・・・いろいろな形があります!


ソースが味の決め手で、地方によって、特色があります。


日本人に馴染みがあるのは・・・


ボローニャの「ミートソース」ローマの「カルボナーラ」


あたりでしょうか?


リゾットは・・・米栽培が盛んな、


ミラノ周辺トリノがあるピエモンテ州


です。


チーズも濃厚で、おいしいですよ。



・Second piatto(第二皿)


第二皿目が、いわゆる、


「メイン」


にあたります。


したがって・・・


肉料理魚料理


を選びます。


肉料理では・・・トスカーナあたりがいいし、


魚料理では・・・ヴェネチアでしょうね。


イタリアでは、他のヨーロッパ諸国と同様、肉料理が主体なので・・・魚料理のほうが値が張ることが多いです。



Dolce(デザート)


女性の皆さん、お待たせいたしました!


「デザート」


です。


イタリアでは、フランスほど、菓子類は洗練されていませんが・・・代表的なものとしては・・・日本でも馴染みがある・・・


「パンナコッタ」「テイラミス」


があります。


私は「パンナコッタ」のまろやかさが好きなのですが・・・イタリア人のほとんどは、テイラミス派です。


また、


「フルーツ」「ジェラート」


もあります。


さて、ここまでが、簡素化した、


「イタリアンのメニュー構成」


ですが・・・


ひとつ、イタリア人に欠かせないものがあります。


何だと思いますか??


イタリアを代表する飲み物といえば・・・そう、


「エスプレッソ」


ですね。


イタリアでは、消化の助けをするということで・・・食後にも、この「エスプレッソ」を飲みます。


私はあまり、好きではないのですが・・・ほぼ”強制的”に、飲まされています。(笑)


ちなみに、イタリア語では・・・エスプレッソのことを・・・単に


"caffè"


と言います。


*”e”の上の記号は、「アクセント」の位置を示します。英語でも、こんな親切さがあったらいいですね。

皆さんが学んでいる英語の発音は、ヨーロッパ言語の中でも難しい方です。



         Buon appetito!



Venezia, Italia(Venice, Italy)


英語は、’にほんじん’に習う。大田区の英語学習専門校(英会話学校) KEN-ELT



無料カウンセリングはこちら









スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

KenElt

Author:KenElt
鈴木健一。

・上智大学外国語学部英語学科卒業。

カナダ留学
・カナダ・トロントにて、外国人に英語を教える国際資格(TESOL Diploma)を取得。
・カナダでは、中・上級者を中心に英会話を指導。

イギリス留学
・イギリス(ロンドン・ブロードステアーズ・ブリストル・チェスター)の英語教育者コースで、最先端の英語教育の現状を学ぶ。
・イギリス・ケンブリッジ大学英語教師養成プログラム(Cambridge CELTA/DELTA)認定の教師養成トレーナーより、語学教育カリキュラム・教材開発の個人指導を受ける。

国内
・帰国後、複数の英語教室にて、成人英語初心者への英会話指導、クラス教材開発、英語教師養成に携る。
・現在は、定期的にイギリスにて研修に参加する傍ら、イタリア語とアラビア語を学び、語学教育の新しい手法を模索している。


KEN-ELT英語学習専門校
(http://www.ken-elt.jp/ )について:

東京都大田区にある大人対象の個人英会話教室(学校)。


*対象:

中級者・上級者の方

*入門者・初心者の方は、
http://ameblo.jp/ken-eltへ

*学習内容:

英語表現力(英会話+α)
   +
英語学習力(効果的な学習法・
異文化理解力・会話展開力)

*学習スタイル:

一レッスン75分&
完全マンツーマン
(プライベート)

*対応英語:

アメリカ英語・イギリス英語


*KEN-ELT携帯サイト*

(http://ken-elt.jp/i/ )


*無料カウンセリングはこちら

*http://www.ken-elt.jp/enquiry.html
(パソコンから)

*http://ken-elt.jp/i/enquiry.htm
(携帯から)
      
   *毎月7名様限定*

*先着順にお受けし、数に限りがありますので、ご希望の方は、お早めにご予約ください。

☆あなたの英語学習観が間違いなく変わられることと思います。☆

検索フォーム
RSSリンクの表示
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。