スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イタリアーノ③:イタリア飲食店事情

無料カウンセリングはこちら



こんにちは!東京・大田区にある

KEN-ELT英語学習専門校

(http://www.ken-elt.jp/ )の代表Kenです。


イタリアを旅するということは、


「イタリアの食」


を味わうということです!


Q:皆さんは、イタリアで、’本物’のイタリアンに出会ったことはありますか?


ローマ、ヴェネチア、フィレンツエなどの観光地では・・・残念ながら、’ぼったくり’の店も多々あります。。。


基本的に、まず、


「値段」


を見てください。


ピザ一枚、10ユーロしませんか?


パスタ一品、20ユーロしませんか?


ピザ一枚の相場はというと・・・ベーシックな「マルゲリータ」で、約4~6ユーロです。


パスタ一品は・・・ベーシックな「トマトベース」のもので、7~12ユーロぐらいですね。


(*もちろん、高級レストランは別ですが。)


観光客がたくさん入っているからといって・・・そこが、イタリアの’本物’の味を出しているかは、疑問です。


一番良いのは、イタリア人の知り合いや友達に案内してもらうことです。


それが可能でないならば・・・ホテルの従業員の方に聞いてみてください。


それでは、ここから、「飲食店の種類」をひとつひとつ見ていきましょう。



Ristorante


まずは、「リストランテ」ですね。


フランス語からの借用で、イタリア語読みになっています。


この言葉は、多くの日本人の方にも馴染みがあるのではないかと思います。


ただ・・・ヨーロッパで、「レストラン」とは・・・’高級’なところを指します。


いわゆる、コース料理をベースにしているところですね。


ただ・・・最近では、この用語の指し示す範囲も、曖昧になってきました。


それゆえ、高級ではないところもあります。



Trattoria


「トラットリア」ですね。


ここは、いわゆる、地方の家庭料理を出してくれるところです。


イタリアで、食で有名なところとは・・・(南イタリアは除く。)まずは、


トリノを中心とした「ピエモンテ」地方。


この地域では、肉詰めのパスタが有名ですし、また、リゾットがおいしいですね。チーズとワインでも有名です。


次に、


ボローニャを中心とした「エミリア・ロマーニャ」地方。


この地域では、ミートソースのパスタをはじめ、チーズと生ハムでも名をはせています。


最後に、日本人にも馴染みがある、


フィレンツエを中心とした「トスカーナ」地方。


この地域では、牛肉、豆料理をはじめ、ワインでも有名ですね。



Pizzeria


「ピッツエリア」ですね。


ピザの専門店ですが・・・最近では、リストランテと併用されているようです。(特に観光地では。)


イタリアのピザには、サイズ指定などはなく・・・皿をはみ出すくらいの大きさです!


ただ、日本で食べるピザ(アメリカンスタイル)よりは軽いです。


また・・・日本でのように、食べやすいように、一切れづつ切れていません!


自分の好みのサイズに切って食べます。


そして重要なのが・・・


イタリアでは、ピザを分け合う習慣がありません!


ピザは、「一枚=一人分」なので、分け合うと怒られます。(笑)



Albergo Ristorante


「アルベルゴ」とは・・・イタリア語で、「ホテル」の意味です。


英語からの借用で、観光地では、”hotel(オテル)”もよく使われています。(*イタリア語では、’h’は発音しません。)


この、「アルベルゴ・リストランテ」とは・・・レストラン付の宿泊施設です。


地方では、その特産の伝統料理をホテルで出します。


私は、ミラノ近郊のヴァラッロという都市で、このタイプのホテルに宿泊したことがあります。


地方都市なので、基本は、イタリア語になりますが・・・


レストランもリーズナブルで、味も格別なので、お勧めの宿泊施設です!



これらのほかにも、Gelateria(ジェラート専門店)やBar(軽食屋)やOsteria(居酒屋)などがあります。



           Buon appetito!



Verona, Italia(Verona, Italy)



英語は、’にほんじん’に習う。大田区の英語学習専門校(英会話学校) KEN-ELT




無料カウンセリングはこちら








スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

KenElt

Author:KenElt
鈴木健一。

・上智大学外国語学部英語学科卒業。

カナダ留学
・カナダ・トロントにて、外国人に英語を教える国際資格(TESOL Diploma)を取得。
・カナダでは、中・上級者を中心に英会話を指導。

イギリス留学
・イギリス(ロンドン・ブロードステアーズ・ブリストル・チェスター)の英語教育者コースで、最先端の英語教育の現状を学ぶ。
・イギリス・ケンブリッジ大学英語教師養成プログラム(Cambridge CELTA/DELTA)認定の教師養成トレーナーより、語学教育カリキュラム・教材開発の個人指導を受ける。

国内
・帰国後、複数の英語教室にて、成人英語初心者への英会話指導、クラス教材開発、英語教師養成に携る。
・現在は、定期的にイギリスにて研修に参加する傍ら、イタリア語とアラビア語を学び、語学教育の新しい手法を模索している。


KEN-ELT英語学習専門校
(http://www.ken-elt.jp/ )について:

東京都大田区にある大人対象の個人英会話教室(学校)。


*対象:

中級者・上級者の方

*入門者・初心者の方は、
http://ameblo.jp/ken-eltへ

*学習内容:

英語表現力(英会話+α)
   +
英語学習力(効果的な学習法・
異文化理解力・会話展開力)

*学習スタイル:

一レッスン75分&
完全マンツーマン
(プライベート)

*対応英語:

アメリカ英語・イギリス英語


*KEN-ELT携帯サイト*

(http://ken-elt.jp/i/ )


*無料カウンセリングはこちら

*http://www.ken-elt.jp/enquiry.html
(パソコンから)

*http://ken-elt.jp/i/enquiry.htm
(携帯から)
      
   *毎月7名様限定*

*先着順にお受けし、数に限りがありますので、ご希望の方は、お早めにご予約ください。

☆あなたの英語学習観が間違いなく変わられることと思います。☆

検索フォーム
RSSリンクの表示
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。