スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

学校情報:"大人"のみ対象

無料カウンセリングはこちら



こんにちは!東京・大田区にある

KEN-ELT英語学習専門校

(http://www.ken-elt.jp/ )の代表Kenです。


昨日、英会話業界で、なぜか(?)はやっている、


「ダイレクトメソッド」


についてお話しました。


英語で英語を学ぶというこの方法は・・・


①マネをして覚えることができる子ども

②英語で質問をすることができる英語上級者


のみに有効であるとお話しましたね。


これには、きちんとした理論的裏づけがあります。


ずばり、今回のテーマは・・・


「子どもと大人の英語学習の違い」


についてです。


今回の内容は、少し専門的になりますが・・・どうぞ最後までお付き合いください!



・子どもの言語習得


子どもの周りには、母親を始めとする’大人’がいます。


子どもは、その方達が使う言葉の環境の中で言語を学びます。


つまり、その環境が、英語であれば英語になり、イタリア語であればイタリア語になるわけですね。


環境は重要です。


ただ・・・そのような大人達は、子どもに、どのような言葉で、話しかけますか?


いわゆる、


幼児向けの’シンプル’な言葉


なわけですね。


また、大人が使う言葉のバリエーションはというと・・・


文法や単語も簡素化し、’限り’がある


わけです。


それでは、ここで皆さんに質問です。



Q:こんな一見’不利’に思われる状況で、なぜ子どもは言語をかなりの速度で習得できるのでしょうか?


子どもには・・・


’言語習得装置’(LAD=Language Acquisition Device)


という機能が、脳に備わっているからです。


これは、私が発見したわけではありません。(笑)


アメリカの言語学者として有名なチョムスキーという方が提唱したものです。


これによると、このLADの中には・・・


新しい文を作りだす’ルール’が組み込まれている


というのです。


このルールとは、つまり・・・


’文法’の規則


です。


このルールを解明しようとしているのが・・・


「言語学者」


という方達です。


私が通っていた上智大学は、日本でも、この言語学の分野で有名な教授がいらっしゃいました。


現在も、このLADの解明を研究されている学者の方がいます。


*上智大学外国語学部では、主専攻として、英語・ドイツ語・フランス語・スペイン語・ロシア語・ポルトガル語から一つを専攻し、副専攻として、言語学・国際関係・アジア文化から一つ学ぶことができます。


私は、


英語を専攻し、


言語学(英語教授法理論を含む)を副専攻


しました。



Q:それでは、なぜ、子どもにはこのLADがあって、大人にはないのでしょうか?


ずばり、このLADは、


7才前後


を境に消滅していくからです。


このLADを備えた期間を、


「臨界期(critical period)」


と呼んでいます。


言い換えれば・・・


この時期を過ぎれば、’自然’には言語を習得できなくなるのです。



Q:それでは、大人の言語習得は、どのようにすればよいのでしょうか?



大人の言語習得


大人は、もはや、’自然’には言語を習得できない。。。


ということは・・・前回触れた「ダイレクトメソッド」では、効果がないわけですね。


繰り返しになりますが、


大人の方で、


英語入門者または初級者の方が、


英語をネイテイブから学ぶのは・・・


大切な時間お金の無駄


なのです。。。



しかし、子どもの言語習得でヒントになることがあります。



インプット(英語に触れる量と質)

アウトプット(英語を発する量と質)


の図式です。



・インプットとは・・・


英語を聞いたり、読んだりして、英語の知識を自分の中に取り入れることです。


・アウトプットとは・・・


英語を話したり、書いたりして、学んだ英語を’外へ出す’、つまり、表現することです。



子どもは、


インプットとして、周りの大人が話す言葉を取り入れ、


アウトプットとして、マネをして、言葉を発するわけです。


ただ・・・またしても、大人との重要な違いが・・・


大人のインプットアウトプットには・・・も必要ですが、


それよりも’質’が大事なのです。




London, England(UK)


英語は、’にほんじん’に習う。大田区の英語学習専門校(英会話学校) KEN-ELT




無料カウンセリングはこちら





スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

KenElt

Author:KenElt
鈴木健一。

・上智大学外国語学部英語学科卒業。

カナダ留学
・カナダ・トロントにて、外国人に英語を教える国際資格(TESOL Diploma)を取得。
・カナダでは、中・上級者を中心に英会話を指導。

イギリス留学
・イギリス(ロンドン・ブロードステアーズ・ブリストル・チェスター)の英語教育者コースで、最先端の英語教育の現状を学ぶ。
・イギリス・ケンブリッジ大学英語教師養成プログラム(Cambridge CELTA/DELTA)認定の教師養成トレーナーより、語学教育カリキュラム・教材開発の個人指導を受ける。

国内
・帰国後、複数の英語教室にて、成人英語初心者への英会話指導、クラス教材開発、英語教師養成に携る。
・現在は、定期的にイギリスにて研修に参加する傍ら、イタリア語とアラビア語を学び、語学教育の新しい手法を模索している。


KEN-ELT英語学習専門校
(http://www.ken-elt.jp/ )について:

東京都大田区にある大人対象の個人英会話教室(学校)。


*対象:

中級者・上級者の方

*入門者・初心者の方は、
http://ameblo.jp/ken-eltへ

*学習内容:

英語表現力(英会話+α)
   +
英語学習力(効果的な学習法・
異文化理解力・会話展開力)

*学習スタイル:

一レッスン75分&
完全マンツーマン
(プライベート)

*対応英語:

アメリカ英語・イギリス英語


*KEN-ELT携帯サイト*

(http://ken-elt.jp/i/ )


*無料カウンセリングはこちら

*http://www.ken-elt.jp/enquiry.html
(パソコンから)

*http://ken-elt.jp/i/enquiry.htm
(携帯から)
      
   *毎月7名様限定*

*先着順にお受けし、数に限りがありますので、ご希望の方は、お早めにご予約ください。

☆あなたの英語学習観が間違いなく変わられることと思います。☆

検索フォーム
RSSリンクの表示
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。