スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イタリアーノ②:ジェラート(GROM)

無料カウンセリングはこちら


こんにちは!東京・大田区にある

KEN-ELT英語学習専門校

http://www.ken-elt.jp/ ) の代表Kenです。


そろそろ皆さん、夏の予定を立てている頃ではありませんか?


日本のように暑い夏はやはり、冷たいものが欲しくなりますよね。


ということで、夏に先立ちまして・・・


今回は、


「イタリアンジェラート」


の世界へと皆さんをお連れしたいと思います!


イタリアのジェラートは日本でいう「アイス」とは一味違います。


ずばり、


*脂肪分が少ない*


日本のに比べて、脂肪分が少ないので・・・カロリーが気になる方にはもってこいです。(ただし、食べすぎにはくれぐれもご注意を!)


さて、先日になりますが、新宿の方まで行く用事があったので・・・ジェラートのお店に行ってきました。


名前はというと・・・


「GROM」

(http://www.grom.jp/ )


です。


イタリア・トリノから日本初上陸「イタリアンジェラート専門店」だそうです。


場所はというと・・・新宿東口のマルイ本館1階にあります。


KEN-ELTの休校日は月曜日なので、平日にいったわけですが・・・かなり込み合っていました。。。


やはり、日本人は、特に日本人女性は、流行に敏感ですね。


東京では今や、ヨーロッパ中(特にフランス)のスイーツが手に入るのには、驚きです!


さて、肝心のジェラートですが・・・


サイズ


がまず3種類あります。


①Piccolo(Small)

②Medio(Medium)

③Grande(Large)


です。


そうですね。


サイズにはイタリア語を使用しています。


日本人には、S/M/Lの英語表記が馴染みがあると思いますが・・・メニューも日本語のほかに、イタリア語の表記もありました!


こうすることで、イタリアに親しみが持てますよね。


このサイズについてですが・・・


イタリアでは、「2ユーロ」や「3ユーロ」のコーン、紙コップがあって、それにより大きさが決まっていることが多いです。


ただ、イタリア語の数字がわからなければ、指差しでもかまいません。


さて、


ジェラートの食べ方


には、2種類ありました。


①Cono(コーン)

②Coppetta(紙コップ)


あと、イタリアでは、


Coppa


というのもあり、これは、テーブルでグラスに入れて食べるものです。


日本でもありますよね。


ただ、イタリアでは、ジェラートは、歩きながら食べるのが、基本のようです。


イタリアの広場で、友達や恋人と話ながらですね。


さて、肝心の



についてですが・・・これはたくさんあるので、いくつか代表的なものを説明しますね。


・ピスタチオ(Pistacchio)

これは、なかなか日本では馴染みがないですが、緑色のナッツですね。フランスでもよくスイーツに使われています。コクがあり、好き嫌いはわかれがちです。私は、この味は好きですね。

GROMでは、シリア産を使っているようです。シリアや中東は、ナッツが有名ですからね。


・ストラッチア・テッラ(Straciatella)

これは、バニラにチョコチップが入ったもので、イタリア人には人気があります。GROMでは、チョコレートは、南米コロンビアなどからのものを使っているようです。南米やアフリカは、こうした原料に強い地域ですね。


・ノチョッラ(Nocciola)

これは、いわゆるへーゼルナッツをチョコに溶かしたもので、トリノが原産です。トリノは、またの機会にお話しますが、イタリアの中で、チョコで有名なところです。フランスにも近いですしね。


これらのほかには、レモン(Limone)イチゴ(Fragola)などのフルーツ類もしっかりとありました。


また、日本の味として、「塩キャラメル」や「抹茶」などもあるようです。




       Buon appetito!



Torino, Italia(Turin, Italy)



英語は、’にほんじん’に習う。大田区の英語学習専門校(英会話学校) KEN-ELT



無料カウンセリングはこちら






スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

KenElt

Author:KenElt
鈴木健一。

・上智大学外国語学部英語学科卒業。

カナダ留学
・カナダ・トロントにて、外国人に英語を教える国際資格(TESOL Diploma)を取得。
・カナダでは、中・上級者を中心に英会話を指導。

イギリス留学
・イギリス(ロンドン・ブロードステアーズ・ブリストル・チェスター)の英語教育者コースで、最先端の英語教育の現状を学ぶ。
・イギリス・ケンブリッジ大学英語教師養成プログラム(Cambridge CELTA/DELTA)認定の教師養成トレーナーより、語学教育カリキュラム・教材開発の個人指導を受ける。

国内
・帰国後、複数の英語教室にて、成人英語初心者への英会話指導、クラス教材開発、英語教師養成に携る。
・現在は、定期的にイギリスにて研修に参加する傍ら、イタリア語とアラビア語を学び、語学教育の新しい手法を模索している。


KEN-ELT英語学習専門校
(http://www.ken-elt.jp/ )について:

東京都大田区にある大人対象の個人英会話教室(学校)。


*対象:

中級者・上級者の方

*入門者・初心者の方は、
http://ameblo.jp/ken-eltへ

*学習内容:

英語表現力(英会話+α)
   +
英語学習力(効果的な学習法・
異文化理解力・会話展開力)

*学習スタイル:

一レッスン75分&
完全マンツーマン
(プライベート)

*対応英語:

アメリカ英語・イギリス英語


*KEN-ELT携帯サイト*

(http://ken-elt.jp/i/ )


*無料カウンセリングはこちら

*http://www.ken-elt.jp/enquiry.html
(パソコンから)

*http://ken-elt.jp/i/enquiry.htm
(携帯から)
      
   *毎月7名様限定*

*先着順にお受けし、数に限りがありますので、ご希望の方は、お早めにご予約ください。

☆あなたの英語学習観が間違いなく変わられることと思います。☆

検索フォーム
RSSリンクの表示
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。