スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私と英語⑭:英会話学校と語学学校の違いとは?

こんにちは!東京・大田区にある

KEN-ELT英語学習専門校

(http://www.ken-elt.jp/ )


の代表Kenです。

今回は、

私の大学時代のイギリスへの短期留学で気づいたこと

をお伝えします。


①「語学学校」と「英会話学校」


皆さん、

「語学学校」と「英会話学校」の違い

をご存知ですか?


・「英会話学校」

については・・・

日本でも、山のようにあるので、質はともかくとして・・・

よく知られていると思います。

いわゆる、「ネイテイブ」が売りのところです。

それに対して、


・「語学学校」

はどうでしょう?

英語以外の外国語を教える学校の意味で使うこともありますが・・・

英語関連では、

海外の学校

のことを指します。

この二つには、根本的な違いがあります。

まず、

・「英会話学校」ですが・・・

ご存知のように、

「英会話」

のみに焦点をあてています。

つまり、他のスキルである、リスニング・リーデイング・ライテイングなどは基本的に対象外です。

英会話のフレーズ

を中心に、ネイテイブと会話することが目的です。


それに対して、

・「語学学校」では・・・

会話のみならず、

上に述べた英語スキル全て

を統合して、レッスンを展開しています。

ここで、皆さんに質問です。


Q:皆さんは、どちらが、言葉を習得する場合に、「自然」だと思いますか?

それには、まず、

皆さんの日常生活

を考えてみてください。

話すだけでしょうか?

例えば、新しい映画を見たとしましょう。

その映画について、事前に

インターネットや雑誌で調べませんでしたか?

(リーデイング)




メールで友人に内容を伝えませんでしたか?

(ライテイング)



また、当然、映画を見たということは、


映画の中で話される会話を聞いていたはずです。

(リスニング)



つまりは・・・

日常では、言葉を話すだけでなく、言葉を読み、書き、聞くことが統合されている

のです。

したがって、「語学学校」でされている語学教育の方が自然だということですね。

*KEN-ELTでは、こうしたことを踏まえ、いわゆる「英会話学校」とは次元を異にし、誤解を避けたかったため、「KEN-ELT英語学習専門校」と名づけました。



②「多国籍向け」と「日本人向け」

イギリスの語学学校に限らず、カナダやアメリカ、オーストラリアなどの語学学校にもいえることですが・・・

カリキュラムや教材は、

「多国籍向け」

だということです。


・イギリスでは、主にヨーロッパ向け、

・カナダ・アメリカでは、主に中南米向け


ですね。

以前もお話したことですが・・・

ヨーロッパや中南米の方達は、何よりもまず母国語が英語に近いです。

かつ、自己表現力が社会で求められるため、片言でも、自分を表現しようとします。

つまり、「会話能力」が全体的に高いのが特徴です。

ただし、彼らの文法知識や正確さは日本人に劣る傾向があります。

したがって、彼らのために、語学学校がカリキュラムや教材を作成するということは、

「文法中心」

になりがちだということです。

私自身も経験したことですが・・・

語学学校のレベル分けテストは文法が中心なので、文法が得意な日本人は、中・上級クラスに振り分けられます。

しかし、そこにいるヨーロッパや中南米の方の話す力にまず圧倒されます。

そして、

日本の義務教育で学んだであろう文法を再度学ぶことになるのです。。。

これは、正直、あまり効率が良いことではありません。。。

*こうした事情を踏まえ、KEN-ELTでは、完全に「日本人向け」のカリキュラム・教材で生徒さんをサポートしています。「日本人特有の弱点」は、同じ日本人でなければ、本当に理解することはできません。


以上、私が、イギリスへ始めて短期研修に行ったときに通った語学学校で感じた疑問をお伝えしました。

こうした疑問の積み重ねから、KEN-ELTは生まれているのです。






スポンサーサイト

テーマ : 語学習得とくとく情報
ジャンル : 学校・教育

プロフィール

KenElt

Author:KenElt
鈴木健一。

・上智大学外国語学部英語学科卒業。

カナダ留学
・カナダ・トロントにて、外国人に英語を教える国際資格(TESOL Diploma)を取得。
・カナダでは、中・上級者を中心に英会話を指導。

イギリス留学
・イギリス(ロンドン・ブロードステアーズ・ブリストル・チェスター)の英語教育者コースで、最先端の英語教育の現状を学ぶ。
・イギリス・ケンブリッジ大学英語教師養成プログラム(Cambridge CELTA/DELTA)認定の教師養成トレーナーより、語学教育カリキュラム・教材開発の個人指導を受ける。

国内
・帰国後、複数の英語教室にて、成人英語初心者への英会話指導、クラス教材開発、英語教師養成に携る。
・現在は、定期的にイギリスにて研修に参加する傍ら、イタリア語とアラビア語を学び、語学教育の新しい手法を模索している。


KEN-ELT英語学習専門校
(http://www.ken-elt.jp/ )について:

東京都大田区にある大人対象の個人英会話教室(学校)。


*対象:

中級者・上級者の方

*入門者・初心者の方は、
http://ameblo.jp/ken-eltへ

*学習内容:

英語表現力(英会話+α)
   +
英語学習力(効果的な学習法・
異文化理解力・会話展開力)

*学習スタイル:

一レッスン75分&
完全マンツーマン
(プライベート)

*対応英語:

アメリカ英語・イギリス英語


*KEN-ELT携帯サイト*

(http://ken-elt.jp/i/ )


*無料カウンセリングはこちら

*http://www.ken-elt.jp/enquiry.html
(パソコンから)

*http://ken-elt.jp/i/enquiry.htm
(携帯から)
      
   *毎月7名様限定*

*先着順にお受けし、数に限りがありますので、ご希望の方は、お早めにご予約ください。

☆あなたの英語学習観が間違いなく変わられることと思います。☆

検索フォーム
RSSリンクの表示
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。