スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

学校情報:アメリカ英語完全対応

こんにちは!

東京・大田区にある

KEN-ELT英語学習専門校

(http://www.ken-elt.jp/ )


の代表Kenです。

さて、

「英語の種類」

についてですが・・・

世界中には、

それこそ、

様々な英語

がある

わけです。

英語を、

ネイテイブ

として話す人

よりも、

英語を、

外国語

として話す人

のほうが、

多い


という報告

もあるぐらいです。

つまり・・・

英語は、

もはや・・・

英語圏でのみ、

使われる言語

ではなくなりました。

世界中、

英語が通じにくい地域

はあれ、

おそらく、

誰かしら、

英語を話す人

を見つけることができる

でしょう。

ここで、

次のような疑問

が出てくる

と思います。


Q:それでは、”どの英語”を手本にすればよいのでしょうか?

これは、

切実な問題

です。

ただ・・・

やはり、

英語学習者

の方は、

手本

を見つけなければ、

確実に、

混乱します。

*そこで、KEN-ELTでは、アメリカ英語(カナダ・アメリカ)とイギリス英語を基盤にし、それぞれの英語に”完全”対応した教材・カリキュラムを提供しています。


今回は、

「アメリカ英語」

について

お話していきたい

と思います。

日本の義務教育

で、

英語を学ばれた皆さん

なら、

まず、

この

「アメリカ英語」

を学んだことがある

はずです。

日本では、

アメリカ英語

で使われる、

文法・表現・発音

が主体

だからです。


・アメリカ英語とは・・・


まず、

「アメリカ英語」

という言葉ですが・・・

実際、

カナダ

で使われる英語

もこれに含みます。

なので、

正確には・・・

北米英語

のことを指します。


・標準米語とは・・・

北米

で使われる英語

といっても・・・

地域・教育の違い

により、

”差”

が存在

します。

ただ・・・

北米

という、

広大な国土

を考えると、

その差

はそれほどでもありません。

アメリカであれば・・・

主に、

中西部・西部

で、

標準米語

が話される

とされています。

都市でいえば・・・

シカゴや

サン・フランシスコ

あたりですね。

そして、

これを、

GA

と呼びます。

これは、

言語学の

専門用語

ですが・・・

何だと思いますか??

答えは・・・

General American

つまり・・・

「標準米語」

ですね。


・学ばれる地域は・・・

さて、

この

北米英語を、

学校教育で

採用している地域

はどこでしょう?

まずは、

北米に近い

ということで・・・

そうです、

中南米地域

ですね。

ここからは・・・

カナダやアメリカ

への留学生

も多くいます。

それに加えて・・・

歴史的

そして

経済的

なつながりで・・・

日本・韓国

を始めとする、

東アジア地域

でも、

この

「アメリカ英語」

が学ばれています。


*もちろん、

個人の受ける教育

により、

イギリス英語

を話す方

もいます。

ここまで、

アメリカ英語の概要

についてお話してきましたが・・・

Q:それでは、皆さんの中で、どのような方向けなのでしょうか?


それを以下に列挙します。


・対象者は・・・


・カナダ・アメリカ文化に関心が高い方。

・カナダ・アメリカに短期・長期の留学を考えている方。

・カナダ・アメリカへの短期・長期の出張・赴任に役立てたい方。

・カナダ・アメリカへの短期・長期留学から帰国後も、継続して、アメリカ英語を学んでいきたい方。

・カナダ・アメリカへの短期・長期出張・赴任から帰国後も、継続して、アメリカ英語を学んでいきたい方。


皆さんが、

学校教育で学ばれた

アメリカ英語

を基盤に、

または、

新たに、

アメリカ英語



完全対応

した

教材・プログラム

でサポートしていきます。



スポンサーサイト

テーマ : 英語教室
ジャンル : 学校・教育

プロフィール

KenElt

Author:KenElt
鈴木健一。

・上智大学外国語学部英語学科卒業。

カナダ留学
・カナダ・トロントにて、外国人に英語を教える国際資格(TESOL Diploma)を取得。
・カナダでは、中・上級者を中心に英会話を指導。

イギリス留学
・イギリス(ロンドン・ブロードステアーズ・ブリストル・チェスター)の英語教育者コースで、最先端の英語教育の現状を学ぶ。
・イギリス・ケンブリッジ大学英語教師養成プログラム(Cambridge CELTA/DELTA)認定の教師養成トレーナーより、語学教育カリキュラム・教材開発の個人指導を受ける。

国内
・帰国後、複数の英語教室にて、成人英語初心者への英会話指導、クラス教材開発、英語教師養成に携る。
・現在は、定期的にイギリスにて研修に参加する傍ら、イタリア語とアラビア語を学び、語学教育の新しい手法を模索している。


KEN-ELT英語学習専門校
(http://www.ken-elt.jp/ )について:

東京都大田区にある大人対象の個人英会話教室(学校)。


*対象:

中級者・上級者の方

*入門者・初心者の方は、
http://ameblo.jp/ken-eltへ

*学習内容:

英語表現力(英会話+α)
   +
英語学習力(効果的な学習法・
異文化理解力・会話展開力)

*学習スタイル:

一レッスン75分&
完全マンツーマン
(プライベート)

*対応英語:

アメリカ英語・イギリス英語


*KEN-ELT携帯サイト*

(http://ken-elt.jp/i/ )


*無料カウンセリングはこちら

*http://www.ken-elt.jp/enquiry.html
(パソコンから)

*http://ken-elt.jp/i/enquiry.htm
(携帯から)
      
   *毎月7名様限定*

*先着順にお受けし、数に限りがありますので、ご希望の方は、お早めにご予約ください。

☆あなたの英語学習観が間違いなく変わられることと思います。☆

検索フォーム
RSSリンクの表示
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。