スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

英語学習の落とし穴⑤:留学続き

こんにちは!

東京・大田区にある

KEN-ELT英語学習専門校

(http://www.ken-elt.jp/ )


の代表Kenです。

前回は、

「留学」

についてお話しました。

今回は、

その続きです。

私は、

カナダで、

日本人留学生に会い、

彼らの直面している

「留学の現実」

を目にしました。

「留学の現実」

とは何か?

具体的に

見ていくことにしましょう。


・現実①:日本人同士で固まる

これは、

予想された方も

いることでしょう。

カナダ、

イギリス

と見てきましたが・・・

現実に

起きています。。。

留学生は、

留学に、

多くの期待

を抱いて、

日本を

旅立ちます。

そして、

現地に到着し、

新しい生活に、

胸をふくらませる

のです。

異国の地で、

英語を学び、

生活をする。


今まで憧れていたことが、

現実になる

のです。

留学生の多くは、

最初の

一ヶ月から三ヶ月

このように

感じることでしょう。

しかし・・・

三ヶ月

を過ぎると・・・

現地の生活になれ、

ある種の「不満」

をいだくようになります。

「バスが時間通りに来ない」

とか

「接客態度が悪い」

とか・・・

日本とは違う、

滞在国の現実

に戸惑う

のです。

この時期、

同時に、

日本を恋しく思う

ようになります。

その結果・・・

日本人同士でつるむ

ようになるのです。。。



Q:この一番の原因は何だと思いますか?


留学生の英語力

のレベルです。

日本で、

英語の基礎

を学ばないで、

留学

してしまう方が多いため・・・

現地で戸惑う

ことになるのです。


また、

前回

お話しましたが・・・

現地の語学学校では・・・

「日本人向けの」

カリキュラムや教材

を提供している

わけではないので・・・

結果、

英語力の伸び悩み

に苦しむのです。。。

だからといって・・・

誰も、

「学習法」

など教えてはくれません。

現地の人にとっては、

留学生(外国人)は、

特にめずらしくないので・・・

特に、

興味

を示しません。。。

英語圏の国は、

どこも多民族で成り立ってきた国です。

自分の意見を主張

しなければ・・・

誰も相手にしてくれない

のです。



Q:それでは、自分の意見を主張するためには、何か必要なのでしょうか?


ずばり・・・

言葉(英語力)

です。

言葉を武器にして、

主張していく

のです。

ただ・・・

これが、

日本人の多くが苦手としている

ところなのです。

*それゆえ、KEN-ELTでは、きちんと、自分の意見をまとめて話せるように、英語圏特有の思考法を教え、対応する教材を用意し、「”あなただけの”カリキュラム」をお作りしています。


・現実②会話力がつかない


Q:留学することで、一番早く身につくスキルは何でしょう?ずばり・・・

リスニング力

です。

理由は、

毎日の生活で、

英語に触れる

ことになるからです。

リスニングは、

「馴れ」

の要素が強いスキル

です。

しかし・・・

話す力は、

そう簡単には、

身につきません。。。


話すには

以下のスキル

が最低限必要

になります。


a.文法力(正確に話すために)

b.語彙力(適確に伝えるために)

c.発音力(通じさせるために)

つまりは・・・

話す力とは・・・

総合力

なのです。

*それゆえ、KEN-ELTでは、会話力を必須とした上で、他の言語スキルを組み合わせて、「”あなただけの”カリキュラム」を作成しているわけです。

詳しくは、

KEN-ELTホームページ、

「カリキュラム・料金」ページ内の、

「KEN-ELTで身につく英語力」

をご覧ください。

カリキュラムページはこちらから
(PC)


カリキュラムページはこちらから
(携帯)


最後に、

「留学の利点」

について述べておきましょう。

もちろん、

留学の利点

はあります。


・日本を外から見る

日本という国を、

海外から客観的に見る機会

を留学は、

与えてくれます。

新しい自分

を発見し、

自分のやりたいこと

を見つけ、

人生観

を変えられる

こともあるでしょう。


・語感が身につく(条件つき)

海外で生活する中で、

その国独自の概念

については、

その国に行かないと、

わかりません。

それぞれの国が、

培ってきた文化

に浸かる中で、

言葉に対する感覚

が鋭くなります。

ただし・・・

ちょっとした言葉の使い方の違い

に気づくかどうかは・・・

あなたの、

「語感」

次第です。


*KEN-ELTでは、「語感」を身につけるため、様々な単語の意味の違いやその単語が持つイメージをも、お伝えし、好評をいただいております。


いずれにしろ、

留学から最大限、

効果を得るためには・・・

日本で、

事前に、

英語の基礎

を学んでおく

ことが重要なのです。


KEN-ELTでは、

留学から帰国された方

が多く学ばれていますが・・・

共通して言われることが・・・


「日本でもっと英語を学んでおけばよかった。。。」

ということだということを

最後にお伝えしておきたいと思います。




スポンサーサイト

テーマ : 語学習得とくとく情報
ジャンル : 学校・教育

プロフィール

KenElt

Author:KenElt
鈴木健一。

・上智大学外国語学部英語学科卒業。

カナダ留学
・カナダ・トロントにて、外国人に英語を教える国際資格(TESOL Diploma)を取得。
・カナダでは、中・上級者を中心に英会話を指導。

イギリス留学
・イギリス(ロンドン・ブロードステアーズ・ブリストル・チェスター)の英語教育者コースで、最先端の英語教育の現状を学ぶ。
・イギリス・ケンブリッジ大学英語教師養成プログラム(Cambridge CELTA/DELTA)認定の教師養成トレーナーより、語学教育カリキュラム・教材開発の個人指導を受ける。

国内
・帰国後、複数の英語教室にて、成人英語初心者への英会話指導、クラス教材開発、英語教師養成に携る。
・現在は、定期的にイギリスにて研修に参加する傍ら、イタリア語とアラビア語を学び、語学教育の新しい手法を模索している。


KEN-ELT英語学習専門校
(http://www.ken-elt.jp/ )について:

東京都大田区にある大人対象の個人英会話教室(学校)。


*対象:

中級者・上級者の方

*入門者・初心者の方は、
http://ameblo.jp/ken-eltへ

*学習内容:

英語表現力(英会話+α)
   +
英語学習力(効果的な学習法・
異文化理解力・会話展開力)

*学習スタイル:

一レッスン75分&
完全マンツーマン
(プライベート)

*対応英語:

アメリカ英語・イギリス英語


*KEN-ELT携帯サイト*

(http://ken-elt.jp/i/ )


*無料カウンセリングはこちら

*http://www.ken-elt.jp/enquiry.html
(パソコンから)

*http://ken-elt.jp/i/enquiry.htm
(携帯から)
      
   *毎月7名様限定*

*先着順にお受けし、数に限りがありますので、ご希望の方は、お早めにご予約ください。

☆あなたの英語学習観が間違いなく変わられることと思います。☆

検索フォーム
RSSリンクの表示
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。