スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私と英語④:上智を目指す

こんにちは!

東京・大田区にある

KEN-ELT英語学習専門校

http://www.ken-elt.jp/ )


の代表Kenです。

前回は、

高校に入学し、

周りから勧められた結果、

上智大学

を目指すことになった

ことをお話しましたね。

その当時の

上智受験

に必要な科目はというと・・・

「英語」

「国語(現代文・古文・漢文)」

「世界史」


でした。

そうですね。

私の苦手な

数学

はなかったんです!

高校に入って、

新たに加わった科目が、

「古文」



「世界史」

でした。

私は

新しいもの

に興味を示すので、

これらに

興味を持った

のです。


「古文」

はというと・・・

予備校で

本格的に

学び始めましたが、

これは自分にとって、

いわゆる

”第2の”語学

だったんです。

つまり、

古文

を解読するには、

その当時

使われていた

日本語の

「文法」



「語彙」

そして

「文化背景」

を理解する

必要があります。

なので、

「英語」

が好きな自分

にとっては、

古文

は入りやすく、

先生も

教え方がうまい方

だったので、

楽しく

学んでいけた

のを覚えています。

ただ、

古文の

「文法」の活用

は動詞ごとに

たくさんあり、

正直、

英語のそれ

より複雑でした。。。

今、

イタリア語

を学んで思うのは、

古文の文法の複雑さは、

イタリア語のそれ

とよく似ています。

つまり、

ラテン語で重要な

「動詞の活用」

がいつまでも

ついて回る

のです。


*英語という言葉は、異民族の侵略などで、お互いに分かり合う必要性があったため、文法は、非常に”簡素化”されています。


英語の苦労する点

はずばり、

その

”語彙の豊富さ”

ですね。

異民族が侵略して、

文法は簡素化

されましたが、

一方で、

多くの”単語”

が入りこんできた

わけです。

英語の文法は、

正直、

教師の説明が明確

であれば、

中学生でも

十分理解できます。

ただ・・・

文法を

”会話”

の中で使えるかは・・・

”別問題”

です。


さて、

本題に戻って・・・


「世界史」

ですが・・・

これも、

つまりは、

世界で

今まで

何が起こってきたか

を学ぶので、

英語を学習する際には、

かなり重要な科目

です。

ただ・・・

正直、

”世界”

を扱うので、

勉強する量は

多かったですね。。。

それと、

間違いなく、

地域

によって

好き嫌い

がはっきりしてくる

のではないか

と思います。

私は、

当時は、

特に

どこの地域に興味がある

わけでもなかったので、

”中立”

の立場で、

世界を見る

ことができました。


大人になってもし、

「世界史」

を学ぶのであれば、

皆さんが

これから

旅行なり

留学なりで

行くことになる

地域の歴史を

学ぶ

ことをオススメいたします!


私も、

留学で

イギリス・カナダ

へ行き、

旅行では

主にヨーロッパ

に行きましたが、

その国の歴史

を少しでも知っておくと・・・

”より深く”、

その地域の

建築なり

芸術を

理解する

ことができます。


*「KEN-ELT図書室」では、多くの国の資料を日本語と英語で用意して、通われている生徒さんに活用していただいています。

さて、

「現代文」

はというと・・・

苦手でした。。。

何をどうすれば、

問題が解けるのか

が不明でした。。。

なので、

大学受験でまた、

苦手な科目

が出てきてしまった

というわけです。。。




スポンサーサイト

テーマ : 英語・英会話学習
ジャンル : 学校・教育

プロフィール

KenElt

Author:KenElt
鈴木健一。

・上智大学外国語学部英語学科卒業。

カナダ留学
・カナダ・トロントにて、外国人に英語を教える国際資格(TESOL Diploma)を取得。
・カナダでは、中・上級者を中心に英会話を指導。

イギリス留学
・イギリス(ロンドン・ブロードステアーズ・ブリストル・チェスター)の英語教育者コースで、最先端の英語教育の現状を学ぶ。
・イギリス・ケンブリッジ大学英語教師養成プログラム(Cambridge CELTA/DELTA)認定の教師養成トレーナーより、語学教育カリキュラム・教材開発の個人指導を受ける。

国内
・帰国後、複数の英語教室にて、成人英語初心者への英会話指導、クラス教材開発、英語教師養成に携る。
・現在は、定期的にイギリスにて研修に参加する傍ら、イタリア語とアラビア語を学び、語学教育の新しい手法を模索している。


KEN-ELT英語学習専門校
(http://www.ken-elt.jp/ )について:

東京都大田区にある大人対象の個人英会話教室(学校)。


*対象:

中級者・上級者の方

*入門者・初心者の方は、
http://ameblo.jp/ken-eltへ

*学習内容:

英語表現力(英会話+α)
   +
英語学習力(効果的な学習法・
異文化理解力・会話展開力)

*学習スタイル:

一レッスン75分&
完全マンツーマン
(プライベート)

*対応英語:

アメリカ英語・イギリス英語


*KEN-ELT携帯サイト*

(http://ken-elt.jp/i/ )


*無料カウンセリングはこちら

*http://www.ken-elt.jp/enquiry.html
(パソコンから)

*http://ken-elt.jp/i/enquiry.htm
(携帯から)
      
   *毎月7名様限定*

*先着順にお受けし、数に限りがありますので、ご希望の方は、お早めにご予約ください。

☆あなたの英語学習観が間違いなく変わられることと思います。☆

検索フォーム
RSSリンクの表示
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。