スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

都市の記憶:ローマ(イタリア)食事編

こんにちは!

東京・大田区にある

「KEN-ELT英語学習専門校」

http://www.ken-elt.jp/ )


の代表Kenです。

前回は、

永遠の都ローマ

の教会

についてお話しましたが・・・

お待たせいたしました!

「ローマの食事編」

です!

イタリアは、

何しろ

統一されてから

数百年

しか経っていなく、

その前はというと・・・

分裂した国家

で溢れていました。

ローマとアッシジ、

フィレンツエとシエナなど・・・

国家同士の争い

もたえなかったのです。

今でも、

イタリア人は、

自分の出身地

を誇りに思い・・・

よく里帰りしています。

(私の友達も含めて。)


それゆえ、

それぞれの都市が

’個性’

を持ち・・・

たとえ

小さい街であれ、

イタリアの都市には

魅力

があります。

そして、

もちろん、

料理にも

それぞれの地域で

特徴

があるのです。

そこで、

早速、

ローマの料理

なのですが・・・


・Penne all'Arrabbiata

一般に、

「アラッビアータ」

と呼ばれるヤツ

ですね。

これは、

唐辛子を利かせたトマトソース

で調理するので・・・

少し辛めです。

ただ、

韓国料理

ほどではないので・・・

辛いものが苦手な方

でも十分楽しめる

と思いますよ。

”Arrabbiata”は

イタリア語で・・・

「怒っている」

という意味を持つ

言葉です。

怒ると

熱くなりますよね。

そして、

辛いものを食べるとまた、

熱くなる

わけです。

*言葉には、’つながり’があります。たとえ、それが「連想」であれ、人間が作り出す言葉は知れば知るほど奥が深いです。

ちなみに、

この料理には、

「ペンネ」という・・・

まさに

「ペン」の形

に斜めに切った種類のパスタ

を使います。

これを

私が初めて食べたのは・・・

ローマのクリスマスミサ

に参加しようと・・・

前回ご紹介した、

Santa Maria Maggiore教会

に出向いたとき・・・

夕食をとっていない

のに気づいたときです。(笑)

本当は、

カプリチョーザピザ(後で説明)

を食べたかったのですが・・・

売り切れ

だったんです。。。

何しろ、

そこは、

ローマの地元の食堂で・・・

何かとあわただしかった

のですが、

味は最高

でした!


・Bucatini all'Amatriciana

一般には、

「アマトリチャーナ」

と呼ばれるヤツですね。

これは・・・

イタリアの

生ベーコン
(’パンチェッタ’)




羊乳のチーズ
(’ペコリーノ’)


がキーになります。

味としては・・・

やはり、

唐辛子のトマトソース

が主体

となります。

”Amatriciana”は・・・

ローマのある

ラツイオ州の

小さな町

「アマトリーチェ」

が由来

だそうです。

パスタの種類はというと・・・

「ブカテイー二」

ですね。

これは、

日本のうどん

に似ていて・・・

歯ごたえがあるパスタ

です。

あまり、

日本ではお目にかかった

ことがないのですが・・・

しっかりした噛み応え

があり、

オススメです。

これを

私が食べたのは・・・

ローマ市内、

バチカンへ続く大通りである

「ヴィットーリオ・エマヌエーレ二世通り」

(やたらと長い名前ですが、こういう通りがイタリアには多いんです。)

から少し南

にいったところ・・・

「カンポ・デイ・フィオーリ広場」

というところです。

ここは、

名前の通り・・・

花の市場

が開かれ、

ローマ市民で

溢れます。

ローマで食べるなら、

この広場

もオススメですね。


・Spaghetti alla carbonara

さあ、

「カルボナーラ」

の登場です!

日本では、

これはかなり浸透

していますよね。

黒胡椒と卵

がキーになります。

日本では、

卵の代わりに、

生クリームを入れる

ことが多いようです。

何しろ、

コク

があるパスタ

ですね。

”Carbonara”は・・・

イタリア語で、

「炭焼き職人」

という意味で・・・

炭焼き職人が作業中、

こぼした墨が・・・

黒胡椒

を連想させる

ということで

こう名づけられたそうです。

パスタの種類はというと・・・

スタンダードな

「スパゲッテイ」

です。

日本では、

パスタとスパゲッテイ

という言葉が

混同

されているようですが・・・


’パスタ’はいろいろな種類の麺類の総称です。

今まで挙げた「ペンネ」「ブカテイー二」「スパゲッテイ」など全てを含んだ言葉ですね。

’スパゲッテイ’はパスタの種類のひとつです。


・Pizza Capriciosa

日本では・・・

カプリチョーザ

という名前の店などが

あったりするので・・・

馴染みがある

と思います。

このピザは・・・

薄切りにした

卵、生ハム、マッシュルーム、オリーブの実など・・・

あらゆるものが

トッピングされたピザ

です。

”Capriciosa”とは、

イタリア語で、

「気まぐれ」

という意味です。

まさしく、

ピザ職人のきまぐれで・・・

店によって

ピザに何がトッピングされるかは・・・

お楽しみ!

上で挙げたのが、

よくトッピングされるもの

です。

私が

これを初めて食べたのが・・・

ローマ市内、

南の方に

テヴェレ川

という川があるのですが・・・

その川を渡ったところに、

「トラステヴェレ」

という地区

があります。

ここは、

ローマでいう下町で・・・

グルメ地区

としても有名です。

ここのピザ屋

で食べましたが、

値段もとても手頃で・・・

いわゆる

観光地とは離れるので、

オススメです。

ぜひ、

イタリアの、

ローマの

ピザ

を味わってください!


・Saltimbocca alla romana

これは、

ローマの伝統料理

のひとつ

といえるでしょう。

子牛の肉の上に、

生ハムとセージの葉を乗せ・・・

串をさして

焼いた料理

です。

私が

これを初めて食べたのは・・・

ローマの観光地

「ナヴォーナ広場」

の路地裏です。

ただ、

どこかで食べたことがある味

だったのです。

懸命に

思い出そうとしていたところ・・・・

そうです!

「生姜焼き」

に似ていたんです。(笑)

まさか、

ローマで

生姜焼き

を食べることになるとは。。。

ただ、

イタリアらしく・・・

白ワイン

をしっかり使っています。

以上、

ローマで味わえるグルメ

をご紹介いたしましたが、

いかがだったでしょうか?

ぜひ、

ローマへ行かれる際には、

こうした郷土料理の数々

を試していただけたらと思います。


*実際、イタリアをはじめ、ヨーロッパ・北米に旅行される生徒さんには、「KEN-ELT図書室」で海外情報を仕入れていただいたり、私がオススメの場所やルートも教えて、好評をいただいております。


追伸;

旅行社

ではないのですが・・・

私自身、

英語や言葉だけでなく、

世界の様々な文化を知る

ことは

英語教育の一部


と考えています。

さて、

最後に・・・

古代ローマ帝国

は、

かつてヨーロッパだけでなく、

地中海世界をも

制覇していました。

北はイギリス、

西はスペイン。

南は、北アフリカのチュニジアにリビア、

東は、中東のシリアにヨルダン。

これらの、

日本人には

「エキゾチック」

といわれる国達にも、

いまだに、

古代ローマの遺跡

が残っている

のです。

そこで、

このことわざ

で締めたい

と思います。


  Tutte le strade conducono a Roma.

       (全ての道はローマに通ず。)





スポンサーサイト

テーマ : 英語・英会話学習
ジャンル : 学校・教育

プロフィール

KenElt

Author:KenElt
鈴木健一。

・上智大学外国語学部英語学科卒業。

カナダ留学
・カナダ・トロントにて、外国人に英語を教える国際資格(TESOL Diploma)を取得。
・カナダでは、中・上級者を中心に英会話を指導。

イギリス留学
・イギリス(ロンドン・ブロードステアーズ・ブリストル・チェスター)の英語教育者コースで、最先端の英語教育の現状を学ぶ。
・イギリス・ケンブリッジ大学英語教師養成プログラム(Cambridge CELTA/DELTA)認定の教師養成トレーナーより、語学教育カリキュラム・教材開発の個人指導を受ける。

国内
・帰国後、複数の英語教室にて、成人英語初心者への英会話指導、クラス教材開発、英語教師養成に携る。
・現在は、定期的にイギリスにて研修に参加する傍ら、イタリア語とアラビア語を学び、語学教育の新しい手法を模索している。


KEN-ELT英語学習専門校
(http://www.ken-elt.jp/ )について:

東京都大田区にある大人対象の個人英会話教室(学校)。


*対象:

中級者・上級者の方

*入門者・初心者の方は、
http://ameblo.jp/ken-eltへ

*学習内容:

英語表現力(英会話+α)
   +
英語学習力(効果的な学習法・
異文化理解力・会話展開力)

*学習スタイル:

一レッスン75分&
完全マンツーマン
(プライベート)

*対応英語:

アメリカ英語・イギリス英語


*KEN-ELT携帯サイト*

(http://ken-elt.jp/i/ )


*無料カウンセリングはこちら

*http://www.ken-elt.jp/enquiry.html
(パソコンから)

*http://ken-elt.jp/i/enquiry.htm
(携帯から)
      
   *毎月7名様限定*

*先着順にお受けし、数に限りがありますので、ご希望の方は、お早めにご予約ください。

☆あなたの英語学習観が間違いなく変わられることと思います。☆

検索フォーム
RSSリンクの表示
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。