スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

英語学習の落とし穴⑲: 忘れないための学習法とは?(記憶について)

無料カウンセリングはこちら



こんにちは!東京・大田区にある

個人英語・英会話教室

『KEN-ELT英語学習専門校』

(http://www.ken-elt.jp/ )の代表兼

日本人講師のKenです。



最近はようやく涼しくなってきましたが、皆さん、いかがお過ごしでしょうか?


学校の方は、「図書室」は日中も涼しいのですが・・・


まだ、「教室」の方は、初秋の日差しが強いためかまだ暑いときもありますね。


さて、今回の「英語学習の落とし穴」はというと・・・


「忘れないための学習法とは?(記憶について)」


です。


何か難しそうですが、誰でも理解できるようにお話していきますのでご心配なく!


さて、



Q:英語学習をされている皆さんは、どのように単語なりを覚えているでしょうか?



おそらく、自分なりに発音してみたり、書いてみたりされていることと思います。


ただ、覚えたものを忘れ、また覚えては忘れ・・・


といったことも一度か二度は経験されたことがあると思います。


こうした問題を対処するには、まず


人間の記憶のシステム


を理解する必要があります。


まず、


皆さんが、


「電話番号」や「住所」


を記憶するとしましょう。


これらの数字は、何も「意味」が存在しませんよね。


それゆえ、ほとんどの方は、これらを記憶しても、


「一時的」に覚えている


だけとなりますね。


この「一時的にだけ覚えていること」を


「短期記憶」


といいます。



それに対して、


「友人の名前」や「好きな音楽」


を記憶する場合はどうでしょう?


例えば、友人であれば、


その人の名前という情報のほかに、


「外見」や「性格」などの要素も同時に記憶することになりますね。


また、好きな音楽であれば、


「リズム感」や「聞いているときの心理状態」も記憶することになるでしょう。


つまり、ここでは、


「覚えるもの」についてのイメージ


なりが記憶され、


忘れにくいものとなりますよね。


この「半永久的に覚えていること」を


「長期記憶」


といいます。



それでは、下の図を見てください。



「短期記憶」 ⇒ ”SOMETHING” ⇒ 長期記憶」



この流れが人間の記憶にはあることがわかります。


つまり、物を覚えるときには、


まず、


人間の脳の部分の「短期記憶」


に保存され、


最終的に、


人間の脳の部分の「長期記憶」


に保存されるのです。


「長期記憶」に保存された情報は、


よほどのことがない限り、忘れることはありません。


さて、ここで、英語で会話するときをイメージしてください。


会話は、書いたり読んだりするのと違って、即座に反応しなければなりません。


会話では、「即座に」、頭の中の文法を機能させ、単語を適切に使える


ことが求められるのです。



Q:このためには、文法なり、単語なりを、どちらの記憶に入れておく必要がありますか?



答えは明らかですね。


「長期記憶」


ですね。


ここから、英語の情報を取り出し、英語で会話を続けていくのです。


さて、先の図をもう一度見てください。



「短期記憶」 ⇒ ”SOMETHING” ⇒ 長期記憶」



短期記憶から長期記憶に、情報を記憶し保存していくには・・・


”SOMETHING”(何か)


が必要になります。


言い換えれば、


忘れないために、この「何か」をする必要があるのです。


学校で皆さんがやったことがあることとしては、


「繰り返しノートに単語を書く」


「文法のドリルをこなす」


などがあるかと思います。


これらもある程度は有効ですが、



Q:果たしてこれらの訓練で、皆さんは英語を「使える」ようにはなりましたか?



おそらく、学校のテストでは効果があったかもしれません。


なぜなら、学校のテストというのは、


決められた範囲から決められた英語をテストするため・・・


「短期記憶」に単語なり文法なりを入れておけばよいからです。


話が長くなりましたが・・・


英語を使えるようになるためには、


上にあげた訓練とは違ったものを取り入れていく必要があります。


KEN-ELTでは、英語学習者のために、その”SOMETHING”(何か)を教えています。





KEN-ELT英語学習専門校(東京・大田区)


英語は、’にほんじん’に習う。英語入門者・初心者限定ブログ。大田区でマンツーマン英会話。KEN-ELT英語学習専門校(個人英会話教室)







無料カウンセリングはこちら












スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

KenElt

Author:KenElt
鈴木健一。

・上智大学外国語学部英語学科卒業。

カナダ留学
・カナダ・トロントにて、外国人に英語を教える国際資格(TESOL Diploma)を取得。
・カナダでは、中・上級者を中心に英会話を指導。

イギリス留学
・イギリス(ロンドン・ブロードステアーズ・ブリストル・チェスター)の英語教育者コースで、最先端の英語教育の現状を学ぶ。
・イギリス・ケンブリッジ大学英語教師養成プログラム(Cambridge CELTA/DELTA)認定の教師養成トレーナーより、語学教育カリキュラム・教材開発の個人指導を受ける。

国内
・帰国後、複数の英語教室にて、成人英語初心者への英会話指導、クラス教材開発、英語教師養成に携る。
・現在は、定期的にイギリスにて研修に参加する傍ら、イタリア語とアラビア語を学び、語学教育の新しい手法を模索している。


KEN-ELT英語学習専門校
(http://www.ken-elt.jp/ )について:

東京都大田区にある大人対象の個人英会話教室(学校)。


*対象:

中級者・上級者の方

*入門者・初心者の方は、
http://ameblo.jp/ken-eltへ

*学習内容:

英語表現力(英会話+α)
   +
英語学習力(効果的な学習法・
異文化理解力・会話展開力)

*学習スタイル:

一レッスン75分&
完全マンツーマン
(プライベート)

*対応英語:

アメリカ英語・イギリス英語


*KEN-ELT携帯サイト*

(http://ken-elt.jp/i/ )


*無料カウンセリングはこちら

*http://www.ken-elt.jp/enquiry.html
(パソコンから)

*http://ken-elt.jp/i/enquiry.htm
(携帯から)
      
   *毎月7名様限定*

*先着順にお受けし、数に限りがありますので、ご希望の方は、お早めにご予約ください。

☆あなたの英語学習観が間違いなく変わられることと思います。☆

検索フォーム
RSSリンクの表示
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。