スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

KEN-ELTエッセイ:韓国(世界陸上テグ大会記念?)


無料カウンセリングはこちら



こんにちは!東京・大田区にある

個人英語・英会話教室

『KEN-ELT英語学習専門校

(http://www.ken-elt.jp/ )の代表兼

日本人講師のKenです。



暑さもピークを超えつつある今日この頃ですが、皆さんいかがお過ごしでしょうか?


夏になると、日本ではセミが多く鳴きますが・・・


セミの存在が、カナダ・イギリスへ留学していたときの私には懐かしかったです。


あまり多く鳴かれるとキツイですが(笑)・・・


日本の夏にはセミの清清しい音が欠かせないですね。


さて、今週末から開催される、世界陸上韓国テグ大会記念ということで・・・


今回は、韓国のエッセイをお届けしています。


世界陸上は毎回よく見ますが・・・


今回の大会は時差がない韓国なので、


試合数も多く見られそうですね。


ということで、


今回は、「KEN-ELTエッセイ」シリーズ


「韓国」


をお届けします。



****************************************************


Title: Seoul Inchon (????)



ある6月の蒸し暑さの増す東京を離れ、


友人を訪ねて、韓国へと旅立った。


今まで英語圏しか経験したことのない


自分にとって、


日本と近いにも関わらず


文化も言葉も馴染みがない国


へいったことは貴重な経験となった。


また、アジアの国を旅したことで見えてくる


食文化等の日本との共通点も


自分が日本人であるとともに


アジア人であることを感じさせた。


首都ソウルから車で4時間ほどのところ


に友人は住んでいたので、


成田からは計6時間の旅である。


時差のない外国へきたことが


自分を戸惑わせたのか、


その日は早く寝ることにした。


あくる日、


友人が世界遺産のある都市へ案内してくれた。


どこからみても日本の田舎である。


多少の違いはあるにしろ、


寺のつくりも非常に日本のそれに近い。


ただ、


それぞれの建造物の歴史を探るうちに、


日本の負の歴史を知ることになったのを覚えている。


二日ほど友人宅へとまった後、


友人は韓国の首都ソウルへ案内してくれた。


東京のように人々であふれかえり、


高層ビル群が乱立している。


街中に書かれたハングル文字が日本語ではない


ということだけが、唯一


自分が異国にいることを


意識させているかのようだった。


ソウル・オリンピック、ワールドカップと、


韓国は急激な成長を続け、


若者は韓国独自の文化を作りあげてきた。


いたるところで夜遅くまでライブが行われ、


それを楽しみに待つ若者で


ソウルの街は活気にあふれていた。


そして、


近代的なデパートの前に並ぶ屋台の列で、


辛いものを求めていた。


近代化で濁った空気をものともせず、


皆がこの街の夜を楽しんでいた。
                  

韓国の都市部では


日本語を話せる現地人は少なくない。


それは、


近年の日本における韓国ブームによる


日本からの旅行者の増加


に関係するものもあろうが、


日本と韓国の歴史


とも関連があることを


私たちは忘れてはならないだろう。


そして、


何も国単位ではなくとも、


これからの世代の「個人的」な交流


が重要であると思うのである。




??, ????

Seoul, South Korea



英語は、’にほんじん’に習う。英語入門者・初心者限定ブログ。大田区でマンツーマン英会話。KEN-ELT英語学習専門校(個人英会話教室)


****************************************************


このエッセイはかなり前に書いたものですが・・・


この友人は今や、


英語とスペイン語を駆使して世界を回っています。


このときも既に日本での韓流ブームは起こっていて、


日本人観光客もたくさんいました。


私はこの当時は、


英語教授法の留学中で、


カナダとイギリスを行き来していたのですが・・・


一時帰国していたときに友人に誘われ、


非英語圏として初めての国となる韓国を訪ねました。


やはりアジアなので日本と雰囲気は近かったですが・・・


人のエネルギーが違う


印象を持ちました。


韓国では今や就職の際に英語力が必須


ということも日本とは違います。


あれからというもの、韓国には入国していませんが・・・


ソウル仁川空港だけは、たびたび利用させてもらっています!


この空港は、アジアのハブのひとつで、


ヨーロッパや中央アジアへの乗り継ぎもよく、


成田と比べると、就航都市が多いのが特徴です。


例えば、ヨーロッパでは、


プラハなどへも直行便が就航しています。


私が今年の5月に


ウズベキスタンのタシケントへ行ったときにも


ここを利用しましたが、乗り継ぎ時間がほとんどなく


かなり利便性がある空港でした。


皆さんも韓国を経由して、


世界のあらゆる都市を散策してみてはいかがでしょうか?


最後に、ソウルから東京までのCGフライトをお楽しみください!




Title:ASIANA OZ104 SEOUL~TOKYO



http://www.youtube.com/watch?v=KNBvXJtZ8a4&feature=related


*クリックしますと、YouTubeにつながり、映像と音楽が流れます。




無料カウンセリングはこちら
















スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

KenElt

Author:KenElt
鈴木健一。

・上智大学外国語学部英語学科卒業。

カナダ留学
・カナダ・トロントにて、外国人に英語を教える国際資格(TESOL Diploma)を取得。
・カナダでは、中・上級者を中心に英会話を指導。

イギリス留学
・イギリス(ロンドン・ブロードステアーズ・ブリストル・チェスター)の英語教育者コースで、最先端の英語教育の現状を学ぶ。
・イギリス・ケンブリッジ大学英語教師養成プログラム(Cambridge CELTA/DELTA)認定の教師養成トレーナーより、語学教育カリキュラム・教材開発の個人指導を受ける。

国内
・帰国後、複数の英語教室にて、成人英語初心者への英会話指導、クラス教材開発、英語教師養成に携る。
・現在は、定期的にイギリスにて研修に参加する傍ら、イタリア語とアラビア語を学び、語学教育の新しい手法を模索している。


KEN-ELT英語学習専門校
(http://www.ken-elt.jp/ )について:

東京都大田区にある大人対象の個人英会話教室(学校)。


*対象:

中級者・上級者の方

*入門者・初心者の方は、
http://ameblo.jp/ken-eltへ

*学習内容:

英語表現力(英会話+α)
   +
英語学習力(効果的な学習法・
異文化理解力・会話展開力)

*学習スタイル:

一レッスン75分&
完全マンツーマン
(プライベート)

*対応英語:

アメリカ英語・イギリス英語


*KEN-ELT携帯サイト*

(http://ken-elt.jp/i/ )


*無料カウンセリングはこちら

*http://www.ken-elt.jp/enquiry.html
(パソコンから)

*http://ken-elt.jp/i/enquiry.htm
(携帯から)
      
   *毎月7名様限定*

*先着順にお受けし、数に限りがありますので、ご希望の方は、お早めにご予約ください。

☆あなたの英語学習観が間違いなく変わられることと思います。☆

検索フォーム
RSSリンクの表示
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。