スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

KEN-ELT図書室:ビルバオ(スペイン)

無料カウンセリングはこちら



こんにちは!東京・大田区にある

KEN-ELT英語学習専門校

(http://www.ken-elt.jp/ )の代表Kenです。



さて、梅雨明けも間近に迫っていますが、皆さんいかがお過ごしでしょうか?


ワールドカップも終わってしまいましたが・・・


今回も引き続き、


「ワールドカップ南アフリカ大会記念」


といたしまして・・・


「KEN-ELT図書室」ではずばり・・・


今大会優勝国・


スペインのビルバオ


を特集いたします。



英語は、’にほんじん’に習う。英語入門者・初心者限定ブログ。大田区でマンツーマン英会話。KEN-ELT英語学習専門校(個人英会話教室)


*この飾り皿は、KEN-ELT図書室の本棚の左上にあります。生徒さんがイスに座ると、すぐ目の前に見える位置にあります。これは、スベインのバスク地方の中心都市ビルバオの、キリスト教グッズの専門店のようなところで購入しました。



さて、まずはいつもどおり、



*第一印象:☆☆☆☆(5つ星が最高)


皆さん、スペインというと・・・


闘牛、フラメンコ・・・


を思いつくと思いますが・・・


私が訪れたスペインのバスク地方はというと・・・


実は、これらとは”無関係”なところです。


バスク地方は、スペインの北東部の、フランスとの国境に近いところ


にあるのですが・・・


スペインの中でも、かなり特殊な地域です。


正式には、


「バスク自治国(The Basque Country)」


と呼ばれ、スペインという国家の中にある自治地域なのです。


私がここを訪れたのは・・・


中心都市であるビルバオの旧市街の建築


に興味があったためです。


「出窓」が特徴で、色とりどりの枠で縁取られています。


建築のためにわざわざ?


と思われる方もいらっしゃると思いますが・・・


私にとって、「建築」は旅先を決める最重要項目なのです!


それゆえ、予想通り、訪れたビルバオは、大変美しい街でした。



*交通の便:☆☆☆☆


バスク地方へのアクセスですが・・・


私の場合、丁度ヨーロッパ周遊をしていた時だったので、


飛行機で、ドイツのフランフルトから入りました。


ドイツやフランス、イギリスからのフライト


は多いようですね。


陸路で行くのであれば・・・


フランスからになります。


フランスのボルドーから車か鉄道


ということになるでしょう。


実は、フランスの北西部も合わせて、「バスク地方」と呼ばれており、


バスク地方で話されるバスク語はというと・・・


フランス語とスペイン語


にかなりの影響を受けているそうです。


確かに、聞いた限りでは、私にはスペイン語にしか聞こえませんでしたね。


ただ、言語学的には・・・


日本語と同じく、”系統不明”だそうです。



*英語通用度:☆


英語ですが・・・


予想されうるように、正直ほとんど通じません。。。


バスク地方自体、観光で行く方はあまりいないので(笑)、英語が通じないのも無理はないと思います。


英語表記があるバル(スペインのバー)に行きましたが・・・


誰も英語を話せませんでした。(笑)


確かに、その英語表記には、英語教師という立場から見て、明らかに「誤り」があったのですが。。。


なので、少しのスペイン語を学ばれていくことをおススメします!


中心都市ビルバオは、スペイン語を話す人が多いようです。


ただし、さらに田舎に行くに従い、スペインの旗は減り、バスクの旗とバスク語表記が多くなります。


例えば、海岸沿いのリゾート地である


サン・セバスチャン


はバルの多さでも有名ですが、バスク率が高いですね。



*文化:☆☆☆☆


文化レベルは・・・


かなり高い


といえると思います。


実際、ビルバオは、スペインの芸術都市として、


ニューヨークのグッゲンハイム美術館の分館がありますし、


街並みをみても、いたるところに芸術的な香りがします。


歴史保存された「旧市街」と


現代文化を象徴する「新市街」


が絶妙にマッチしたこれからのヨーロッパの代表都市になりえる素質をもっていると思います。



また、この地方で忘れてはならないのが・・・


「ピンチョス」と呼ばれる小皿料理


ですね。


スペインの小皿料理として有名な「タパス」


と違うのは、


このピンチョスは、


小さいパンの上に具をのせて食べる(なぜ、ここだけ赤字?(笑))


点です。

バルによって、種類も豊富で、かなりおいしいです!


それでは最後に、ビルバオを紹介したビデオクリップをご覧ください。



Title: Bilbao Turismo

Bilbo, Euskadi(バスク語) /

Bilbao, Pais Vasco(スペイン語)



http://www.youtube.com/watch?v=_d_ntgLNjoI&feature=related


*クリックしますと、YouTube動画につながり、映像と音楽が流れます。





無料カウンセリングはこちら

















スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

KenElt

Author:KenElt
鈴木健一。

・上智大学外国語学部英語学科卒業。

カナダ留学
・カナダ・トロントにて、外国人に英語を教える国際資格(TESOL Diploma)を取得。
・カナダでは、中・上級者を中心に英会話を指導。

イギリス留学
・イギリス(ロンドン・ブロードステアーズ・ブリストル・チェスター)の英語教育者コースで、最先端の英語教育の現状を学ぶ。
・イギリス・ケンブリッジ大学英語教師養成プログラム(Cambridge CELTA/DELTA)認定の教師養成トレーナーより、語学教育カリキュラム・教材開発の個人指導を受ける。

国内
・帰国後、複数の英語教室にて、成人英語初心者への英会話指導、クラス教材開発、英語教師養成に携る。
・現在は、定期的にイギリスにて研修に参加する傍ら、イタリア語とアラビア語を学び、語学教育の新しい手法を模索している。


KEN-ELT英語学習専門校
(http://www.ken-elt.jp/ )について:

東京都大田区にある大人対象の個人英会話教室(学校)。


*対象:

中級者・上級者の方

*入門者・初心者の方は、
http://ameblo.jp/ken-eltへ

*学習内容:

英語表現力(英会話+α)
   +
英語学習力(効果的な学習法・
異文化理解力・会話展開力)

*学習スタイル:

一レッスン75分&
完全マンツーマン
(プライベート)

*対応英語:

アメリカ英語・イギリス英語


*KEN-ELT携帯サイト*

(http://ken-elt.jp/i/ )


*無料カウンセリングはこちら

*http://www.ken-elt.jp/enquiry.html
(パソコンから)

*http://ken-elt.jp/i/enquiry.htm
(携帯から)
      
   *毎月7名様限定*

*先着順にお受けし、数に限りがありますので、ご希望の方は、お早めにご予約ください。

☆あなたの英語学習観が間違いなく変わられることと思います。☆

検索フォーム
RSSリンクの表示
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。