スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

KEN-ELTエッセイ:カナダ(バンクーバーオリンピック記念?)

無料カウンセリングはこちら


こんにちは!東京・大田区にある

KEN-ELT英語学習専門校

(http://www.ken-elt.jp/ )の代表Kenです。


さて、もう少しで、カナダ・バンクーバー冬季オリンピックが開催されますね。


そこで、今回の「KEN-ELTエッセイ」では・・・


バンクーバーオリンピック開催記念(?)


といたしまして、


「カナダ」


に関するエッセイをご紹介します!



****************************************************



Title: Toronto Pearson


アメリカ合衆国を


「国境の南」


と呼ぶカナダは、


生活水準の高い国


として


世界に知られている。


カナダ最大の都市


トロントは、


約二時間ほどで


アメリカに着く位置


にありながら、


アメリカの都市


とは趣を異にしている。


それを


強く私が感じる


きっかけは、


アメリカ東海岸の大都市


を回る旅から


トロントに


夜、帰着したとき


であった。


アメリカ最大の都市


ニューヨークが


高層ビル群


を携えて


世界にアピール


していたのに対し、


トロントは


世界にアピール


するどころか、


控えめに


大国アメリカの影


に隠れている


ように感じた


のである。


アメリカの


テレビ番組や


製品が


洪水のように


押し寄せ、


世間一般では


カナダを


アメリカの属国


とみなす人も


多いだろう。
                 


しかし


私が


トロント


に住んでみて


一番強く感じたことは、


皮肉にも


アメリカとの


歴然たる


社会的違い


であった。


知らない道に


迷い込んで


銃口を向けられる


心配


もなければ、


皮膚の色


を理由に


差別が


生まれることもない。


地味ではある


かもしれないが、


一人の人間


として生きていける


社会が


そこにはある。
                


一方で、


「カナダ的」


なものは何か?


その答えを


探しているのは


カナダ人自身


である。


その分、


カナダブランド


への愛情


は深く、


コーヒーから


洋服にいたるまで


自国のもの


を好む。


フランス語圏


を抱えた


唯一の英語圏


として、


イギリス


フランスにより


もたらされた葛藤


とともに、


世界各国からの


移民の文化


融合させていく


ことは


容易なこと


ではない。


カナダ人の願いは


唯一つ。


人間らしく


生活のできる


社会を


皆で


協力して


作り上げていく


ことである。



Toronto,Ontario(Canada)



英語は、’にほんじん’に習う。英語入門者・初心者限定ブログ。大田区でマンツーマン英会話。KEN-ELT英語学習専門校(個人英会話教室)







****************************************************


カナダについて皆さんは、どのようなイメージを持っていますか?


おそらく、「自然が豊か」だとか、「生活しやすい」など、があると思います。


しかし、その根底には・・・カナダ人が日々生活する上での


社会の安定性


というものがあります。


競争社会の今という時代にあって、


日本が失いつつあるもの


あなたはカナダで見つけられるかもしれませんね。



*KEN-ELTでは、日本では珍しい「カナダ文化完全対応のカリキュラム・教材」をご用意し、カナダという国に興味のある生徒さんをサポートしています。





無料カウンセリングはこちら





















スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

KenElt

Author:KenElt
鈴木健一。

・上智大学外国語学部英語学科卒業。

カナダ留学
・カナダ・トロントにて、外国人に英語を教える国際資格(TESOL Diploma)を取得。
・カナダでは、中・上級者を中心に英会話を指導。

イギリス留学
・イギリス(ロンドン・ブロードステアーズ・ブリストル・チェスター)の英語教育者コースで、最先端の英語教育の現状を学ぶ。
・イギリス・ケンブリッジ大学英語教師養成プログラム(Cambridge CELTA/DELTA)認定の教師養成トレーナーより、語学教育カリキュラム・教材開発の個人指導を受ける。

国内
・帰国後、複数の英語教室にて、成人英語初心者への英会話指導、クラス教材開発、英語教師養成に携る。
・現在は、定期的にイギリスにて研修に参加する傍ら、イタリア語とアラビア語を学び、語学教育の新しい手法を模索している。


KEN-ELT英語学習専門校
(http://www.ken-elt.jp/ )について:

東京都大田区にある大人対象の個人英会話教室(学校)。


*対象:

中級者・上級者の方

*入門者・初心者の方は、
http://ameblo.jp/ken-eltへ

*学習内容:

英語表現力(英会話+α)
   +
英語学習力(効果的な学習法・
異文化理解力・会話展開力)

*学習スタイル:

一レッスン75分&
完全マンツーマン
(プライベート)

*対応英語:

アメリカ英語・イギリス英語


*KEN-ELT携帯サイト*

(http://ken-elt.jp/i/ )


*無料カウンセリングはこちら

*http://www.ken-elt.jp/enquiry.html
(パソコンから)

*http://ken-elt.jp/i/enquiry.htm
(携帯から)
      
   *毎月7名様限定*

*先着順にお受けし、数に限りがありますので、ご希望の方は、お早めにご予約ください。

☆あなたの英語学習観が間違いなく変わられることと思います。☆

検索フォーム
RSSリンクの表示
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。