スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

KEN-ELT教室:リヨン(フランス)


無料カウンセリングはこちら



こんにちは!東京・大田区にある

KEN-ELT英語学習専門校

(http://www.ken-elt.jp/ )の代表Kenです。


さて、この「KEN-ELT教室」シリーズも、定着してきた(?)ようですね。(笑)


今回も、実際に、KEN-ELTに通われる皆さんが、目にするアイテムをご紹介していきます。




英語は、’にほんじん’に習う。英語入門者・初心者限定ブログ。大田区でマンツーマン英会話。KEN-ELT英語学習専門校(英会話学校)

*このアイテムは、フランス・リヨンのキオスクで手に入れたものです。後にお話しますが、このリヨンでは、結構大変な思いをしたのですが、ここで出会ったキオスクの店員と打ち解け、英語でですが、出発までの間、会話を楽しみました!



フランスのリヨンへは、イタリアから入りました。フランスでも南部の都市なので、どこかイタリア的な部分もありましたね。


それでは、リヨンの私の独断的評価をお楽しみください!



*第一印象:☆☆☆☆(5つ星が最高)


リヨンの第一印象はというと・・・


かなり自分好みでしたね。


つまりは、イタリアに近いためか、建築が繊細で、色も明るめでした。やはり、繊細なデザインには、私は惹かれるようです。


今、日本でもデザインが重視されてきていますが・・・多くの場合、


「モダンデザイン」


が主流のようです。


つまり、シンプル北欧デザイン寄りのものですね。


私の場合はというと・・・


イタリアに多く見られる


「クラシックデザイン」


という少し複雑で繊細なデザインに興味があります。



*交通の便:☆☆


リヨンにも、メトロ(地下鉄)トラム(路面電車)が走っており、便利です。


リヨンは、パリよりもずっと小さいので、主要部であれば、歩いても回れます。


ただ、私が、☆二つにしたのには・・・


フランスならではの理由があります。


感のいい方は気づかれましたか?


・・・・・・・・・・・


ストライキ


ですね。。。(笑)


私は、ここリヨンで、


フランスのストライキ


というものを体験することとなったのです。。。


それは、突然のことでした。


ストライキ情報は、事前に予告されるのですが・・・


当日にならないと確定しません。


そして、その当日に当たる日が・・・


私のリヨン出発日


だったのです。。。


朝起きて、駅へ向かうと、そこは人で溢れ返っていました。ストライキです。。。


早速、フランス国鉄(SNCF)の職員に、「いつ再開するか」を聞くも、「わからない」の一点張りです。


私は、リヨンから


フランス東部のアルザス地方の都市ストラスブール


へ向かおうとしていました。


列車は、次の日も運休状態。。。


パリへ向かう高速列車(TGV)も運休。。。


仕方なく、違うルートを探しました。


そこで思いついたのが・・・


高速バス(ユーロラインズ)


です。


ただ、それでフランス国内へ移動したとしても、そこからは、また列車の運休です。


そこで、私は、その夜行バスで、一旦、


ドイツ


へ出ることにしたのです。


フランクフルトに到着したときの、私の安堵の表情は想像できることでしょう。(笑)


P.S. ストラスブールへは、ドイツからスムーズに行けました!



*英語通用度:☆☆


パリでは、英語は通じるものの、


基本的に、フランスの地方都市では、ほとんど通じません。


後で知ったのですが・・・


リヨンという都市日本でも


「リヨン=美食の都」


として、聞いたことがある方も多いと思いますが、その知名度ほど、国際都市ではありません。


少しフランス語を学ばれてから行かないと、私みたいに大変なことになりそうです。(笑)



*文化:☆☆☆


リヨンといえば、


「美食の都」


といわれるぐらい、レストランの数が多いです。


ここで出されるフレンチは、パリとは違い、


リヨン伝統料理


です。


「ブション」と呼ばれる気さくな定食屋


が街の至るところにあり、伝統的なフレンチが食せます。


郊外には、


フレンチの巨匠のレストラン


が点在しているので、フランス料理に興味がある方には必須の都市といえるかもしれませんね。



さて、最後に、


リヨンの街が光で照らされるイベントが毎年12月に開かれます。


その模様を、下のビデオクリップでお楽しみください!



Title: artstep presents lyon(france)


http://www.youtube.com/watch?v=LA4naRe-TFE



*クリックしますと、YouTubeの動画につながり、音楽と映像が流れます。




無料カウンセリングはこちら















スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

KenElt

Author:KenElt
鈴木健一。

・上智大学外国語学部英語学科卒業。

カナダ留学
・カナダ・トロントにて、外国人に英語を教える国際資格(TESOL Diploma)を取得。
・カナダでは、中・上級者を中心に英会話を指導。

イギリス留学
・イギリス(ロンドン・ブロードステアーズ・ブリストル・チェスター)の英語教育者コースで、最先端の英語教育の現状を学ぶ。
・イギリス・ケンブリッジ大学英語教師養成プログラム(Cambridge CELTA/DELTA)認定の教師養成トレーナーより、語学教育カリキュラム・教材開発の個人指導を受ける。

国内
・帰国後、複数の英語教室にて、成人英語初心者への英会話指導、クラス教材開発、英語教師養成に携る。
・現在は、定期的にイギリスにて研修に参加する傍ら、イタリア語とアラビア語を学び、語学教育の新しい手法を模索している。


KEN-ELT英語学習専門校
(http://www.ken-elt.jp/ )について:

東京都大田区にある大人対象の個人英会話教室(学校)。


*対象:

中級者・上級者の方

*入門者・初心者の方は、
http://ameblo.jp/ken-eltへ

*学習内容:

英語表現力(英会話+α)
   +
英語学習力(効果的な学習法・
異文化理解力・会話展開力)

*学習スタイル:

一レッスン75分&
完全マンツーマン
(プライベート)

*対応英語:

アメリカ英語・イギリス英語


*KEN-ELT携帯サイト*

(http://ken-elt.jp/i/ )


*無料カウンセリングはこちら

*http://www.ken-elt.jp/enquiry.html
(パソコンから)

*http://ken-elt.jp/i/enquiry.htm
(携帯から)
      
   *毎月7名様限定*

*先着順にお受けし、数に限りがありますので、ご希望の方は、お早めにご予約ください。

☆あなたの英語学習観が間違いなく変わられることと思います。☆

検索フォーム
RSSリンクの表示
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。