スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

KEN-ELTエッセイ:ドイツ(世界陸上ベルリン記念?)

無料カウンセリングはこちら

こんにちは!東京・大田区にある

KEN-ELT英語学習専門校

(http://www.ken-elt.jp/ )の代表Kenです。


世界陸上ベルリン大会記念ということで・・・


前回から、ドイツの首都ベルリンの情報をお届けしています。


私も、世界陸上は毎回よく見ますが・・・


今回の大会のように、時差が7時間(ヨーロッパのサマータイム時)もあると・・・


さすがに、遅くまでは見ていられません。


私は、早寝早起きを実践しているので。(笑)


今回は、「KEN-ELTエッセイ」シリーズ


ドイツ


をお届けします。



****************************************************


Title: Berlin Tegel



本場のクリスマスを


一度は見てみたい


という思いから


私は、


ドイツの首都ベルリン


へと向かった。


ベルリンの壁


が崩壊し、


次々と


かつて


社会主義


であった国々が


EUに加盟


していくことなど


誰が想像できただろう。


ドイツがかつて


この欧州の地で


犯した罪は


それを


体験した人の心


から消え去ることは


ないのだろう。


しかし、


ベルリン


という都市は


統一ドイツの首都


として


一度失ったものの意味


強く感じている


かのようだった。


戦争で


歴史的な建造物


を失った


ドイツの都市


を訪れる


ヨーロッパ人


はそう多くはない。


ベルリンは


その中でも


近代的なビル


が立ち並び、


ここが


ヨーロッパの都市なのか


疑わせるほどだ。


ただ


街では


古代ギリシャ風の博物館が


壮大なスケールで


見る者を


惹きつけている。


ベルリン


という都市は


今も


自らの向かう道


を模索している


ように見えた。 


世界最古のクリスマス市を


ドレスデン


に訪ねた。


ドレスデンも


戦争で


ほとんどの


歴史的建造物


を失ったが、


かつての


王国時代の栄光


を取り戻そうと、


再建事業


が始まり、


つい最近


完成したところだ。


当時の街の姿を


忠実に再現


しようとする


民族としての誇り


それを


実際に成し遂げた


ドイツ人の精神力


には驚くべきもの


がある。


ドイツは


自らがなしたことを


ヨーロッパに謝罪し、


自らの「正」の遺産


を取り戻そうとしている。


その一方で、


「負」の遺産


をも一般に公開


することで


自らの犯した過ち


を忘れないよう


しきりに


努力している。


近代的ベルリンと


重厚ドレスデンで


私はそのように


感じていた。




Dresden, Deutschland(Dresden, Germany)


英語は、’にほんじん’に習う。英語入門者・初心者限定ブログ。大田区で個人英会話レッスン。KEN-ELT英語学習専門校(英会話学校)


****************************************************


ドイツは、日本からの観光客には西側のライン川とその周辺で人気がありますが・・・


ベルリンや東ドイツはというと・・・


あまり、訪れる人は多くはないのが現状です。


しかし、ドイツという国の歴史とその遺産を知りたい方には、ぜひ一度東側も行ってほしいと私は思います。


英語があまり通じないといった問題はありますが・・・


多少ドイツ語を学んでいけば現地の人は暖かく皆さんを迎えてくれることでしょう。


最後に、戦後再建されたバロック都市ドレスデンのビデオクリップをお楽しみください!



Title: DRESDEN


http://www.youtube.com/watch?v=HwPiY3wvExI



Gute Reise nach Dresden und Berlin!




無料カウンセリングはこちら











スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

KenElt

Author:KenElt
鈴木健一。

・上智大学外国語学部英語学科卒業。

カナダ留学
・カナダ・トロントにて、外国人に英語を教える国際資格(TESOL Diploma)を取得。
・カナダでは、中・上級者を中心に英会話を指導。

イギリス留学
・イギリス(ロンドン・ブロードステアーズ・ブリストル・チェスター)の英語教育者コースで、最先端の英語教育の現状を学ぶ。
・イギリス・ケンブリッジ大学英語教師養成プログラム(Cambridge CELTA/DELTA)認定の教師養成トレーナーより、語学教育カリキュラム・教材開発の個人指導を受ける。

国内
・帰国後、複数の英語教室にて、成人英語初心者への英会話指導、クラス教材開発、英語教師養成に携る。
・現在は、定期的にイギリスにて研修に参加する傍ら、イタリア語とアラビア語を学び、語学教育の新しい手法を模索している。


KEN-ELT英語学習専門校
(http://www.ken-elt.jp/ )について:

東京都大田区にある大人対象の個人英会話教室(学校)。


*対象:

中級者・上級者の方

*入門者・初心者の方は、
http://ameblo.jp/ken-eltへ

*学習内容:

英語表現力(英会話+α)
   +
英語学習力(効果的な学習法・
異文化理解力・会話展開力)

*学習スタイル:

一レッスン75分&
完全マンツーマン
(プライベート)

*対応英語:

アメリカ英語・イギリス英語


*KEN-ELT携帯サイト*

(http://ken-elt.jp/i/ )


*無料カウンセリングはこちら

*http://www.ken-elt.jp/enquiry.html
(パソコンから)

*http://ken-elt.jp/i/enquiry.htm
(携帯から)
      
   *毎月7名様限定*

*先着順にお受けし、数に限りがありますので、ご希望の方は、お早めにご予約ください。

☆あなたの英語学習観が間違いなく変わられることと思います。☆

検索フォーム
RSSリンクの表示
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。