スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

学校情報:イギリス英語完全対応プログラム・教材

無料カウンセリングはこちら



こんにちは!東京・大田区にある

KEN-ELT英語学習専門校

(http://www.ken-elt.jp/ )の代表Kenです。



今回は・・・


「イギリス英語」


についてです。


日本の学校英語では・・・


「アメリカ英語」が主体のため・・・


「イギリス英語」に触れる機会は少ないと思います。


しかし・・・「イギリス英語」には、


特有の文法・表現・発音の仕組み


が存在します。


*それゆえ、KEN-ELTでは、「アメリカ英語」と「イギリス英語」を完全に分けて、指導しています。

そうしないと、確実に、混乱するからです。また、どちらもごちゃ混ぜの英語では、あまり意味がありません。



・イギリス英語とは・・・


さて、イギリス英語についてですが・・・


イギリスは、その歴史から、4つの地域に別れます。


イングランドウェールズスコットランド北アイルランド


ですね。


これらは、ラグビーやサッカーの国際試合でも、はっきりと分かれています。


これらの地域話されている英語を総称して、「イギリス英語」と呼んでいます。



・標準英語とは・・・


イギリスは・・・その小さな国土からは想像がつかないかもしれませんが・・・


方言の種類かなり多い


のが特徴です。


ロンドンのコックニー

(ロンドンのイーストエンドと呼ばれる東側で話される)


に始まり、


中央部のバーミンガム


北西部のリバプール


マンチェスター


北東部のヨーク


ニューカッスル


さらには、


スコットランドの、


エジンバラ


グラスゴー


と主なものだけでもこれだけあります。


それでは、イギリスにおける標準英語とは・・・?


一般に、


RP


と呼ばれますが・・・何の略でしょうか?


RPG?


惜しい(?)ですね。


正解は・・・


Received Pronunciation


つまり、


「容認発音」


と呼ばれるものです。


北米と違い・・・イギリスを始め、ヨーロッパは、


階級社会


が残っています。


このRPは・・・主に、


上流階級や名門大学出身者(オックスフォードとケンブリッジ)の英語


とされてきました。


したがって・・・別名として、


Queen's English


とか


Oxbridge English


などと呼ばれてきました。


また、イギリスの国営放送(BBC)でアナウンサーが話す英語もRPとされ、


BBC English


とも呼ばれてきました。


しかし・・・このような英語を話す人の数は、


国民全体の3パーセントとされ、


今では、 BBCも、地方アクセントで話すレポーターを積極的に採用しています。


地域としては・・・


イングランド南東部

(ケント州など)


で、標準英語が話されているとされています。


が・・・私が、ケント州で滞在したホームステイ先の、ホストマザーは、リバプール出身で、聞き取りに苦労しました。。。


馴れましたが・・・最初は、単語ぐらいしか聞き取れませんでしたね(笑)。。。



・学ばれる地域


イギリス英語は・・・地域的近さから、


ヨーロッパ


で主に学ばれています。


また、イギリスの植民政策の歴史から、


アフリカ・中東地域


などからの、移民者や留学生が多いのも、イギリスの特徴です。


ただ・・・


シンガポールやインドなどでは・・・


地域独自の英語


注目されています。



Q:それでは、日本では、どのような方向けなのでしょうか?



・対象


・イギリス・ヨーロッパ文化に関心が高い方。

・イギリス・ヨーロッパに短期・長期の留学を考えている方。

・イギリス・ヨーロッパへの短期・長期の出張・赴任に役立てたい方。

・イギリス・ヨーロッパへの短期・長期留学から帰国後も、継続して、イギリス英語を学んでいきたい方。

・イギリス・ヨーロッパへの短期・長期出張・赴任から帰国後も、継続して、イギリス英語を学んでいきたい方。


イギリス英語を学ばれる方は・・・


最初から、イギリス英語に興味がある方が大半です。


旅行や留学で、イギリス・ヨーロッパ方面へ行かれる方も多いですね。


特に、


イギリスへ渡航される方は、


必ずイギリス英語を学んでいってください。


アメリカ英語を話すと・・・毛嫌いされます。。。


私も、経験者のひとりです(笑)。。。


*KEN-ELTでは、「イギリス英語完全対応」のカリキュラム・教材を用意し、イギリス英語特有の文法・表現・発音などを、総合的に指導しています。

私のイギリス留学経験かつヨーロッパ渡航・滞在経験から、イギリス・ヨーロッパの文化情報も教材化し、生徒さんに好評をいただいております。


正直なところ、日本で、イギリス英語を学ぶ機会は、あまり多くありません。


大手の英会話学校で、イギリス英語を主体にしているところもありますが、


実際はオーストラリアやニュージーランドなど、


イギリス英語を”ベース”にした英語をも含めているため、


英語入門者・初心者の方は混乱することと思います。



最後に、イギリス英語の曲を載せておきます。


彼の出身は・・・


ロンドンのイーストエンド


つまり、


ロンドンのコックニー


という英語方言が話される地区ですが・・・


この曲は、


故ダイアナ妃へ捧げた歌


として、


ロンドンのウェストミンスター寺院


という公式の場で披露されたものですので・・・


標準的なイギリス英語


を体験していただくことができます。



Title: Elton John, Candle in the wind-goobye englands rose


http://www.youtube.com/watch?v=b1EyML0CyTg


クリックしますと、YouTubeにつながり、映像と音楽が流れます。




Leeds Castle, England(UK)


英語は、’にほんじん’に習う。大田区の英語学習専門校(英会話学校) KEN-ELT



無料カウンセリングはこちら













スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

KenElt

Author:KenElt
鈴木健一。

・上智大学外国語学部英語学科卒業。

カナダ留学
・カナダ・トロントにて、外国人に英語を教える国際資格(TESOL Diploma)を取得。
・カナダでは、中・上級者を中心に英会話を指導。

イギリス留学
・イギリス(ロンドン・ブロードステアーズ・ブリストル・チェスター)の英語教育者コースで、最先端の英語教育の現状を学ぶ。
・イギリス・ケンブリッジ大学英語教師養成プログラム(Cambridge CELTA/DELTA)認定の教師養成トレーナーより、語学教育カリキュラム・教材開発の個人指導を受ける。

国内
・帰国後、複数の英語教室にて、成人英語初心者への英会話指導、クラス教材開発、英語教師養成に携る。
・現在は、定期的にイギリスにて研修に参加する傍ら、イタリア語とアラビア語を学び、語学教育の新しい手法を模索している。


KEN-ELT英語学習専門校
(http://www.ken-elt.jp/ )について:

東京都大田区にある大人対象の個人英会話教室(学校)。


*対象:

中級者・上級者の方

*入門者・初心者の方は、
http://ameblo.jp/ken-eltへ

*学習内容:

英語表現力(英会話+α)
   +
英語学習力(効果的な学習法・
異文化理解力・会話展開力)

*学習スタイル:

一レッスン75分&
完全マンツーマン
(プライベート)

*対応英語:

アメリカ英語・イギリス英語


*KEN-ELT携帯サイト*

(http://ken-elt.jp/i/ )


*無料カウンセリングはこちら

*http://www.ken-elt.jp/enquiry.html
(パソコンから)

*http://ken-elt.jp/i/enquiry.htm
(携帯から)
      
   *毎月7名様限定*

*先着順にお受けし、数に限りがありますので、ご希望の方は、お早めにご予約ください。

☆あなたの英語学習観が間違いなく変わられることと思います。☆

検索フォーム
RSSリンクの表示
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。