スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

KEN-ELTエッセイ:『ヨルダン』後編

無料カウンセリングはこちら



こんにちは!東京・大田区にある

個人英語・英会話教室

『KEN-ELT英語学習専門校』

(http://www.ken-elt.jp/ ) の代表兼

日本人講師のKenです


さて、


まだ暑さが続いていますが、


皆さんいかがお過ごしでしょうか?


夕方に吹く風が涼しくなってきましたね。


確実に季節は進んでいます。

今回は、


『ヨルダン』後編


です。


W杯出場をかけて、


9月に対戦する二カ国を


連続して


取り上げています。


長いエッセイなので、


二部に分け、


今回は、


『後編』


となります。






**********************************************



Title: Amman Queen Alia



ぺトラを


さらに南へ向かえば、


そこには、


人間の想像力を超えた


岩砂漠が


広がっている。


映画「アラビアのロレンス」


の舞台ともなった


ワデイ・ラムは、


今もなお、


アラブ遊牧民が暮らす

(ベドウイン)


広大な砂漠地帯である。


自然のみが、


いや、


アラブ人の言葉を借りれば、


神のみが、


作り出したとしか


思えない、


巨大な岩岩に


沈む夕日を目にするとき、


人は、


この「地球」という


大地の美しさ


に感謝せずにはいられない。


政府の移住政策で


近くの町へと移動させられた


人々の中には、


週末になると、


砂漠に戻ってくる人も


多くいる。


彼らの祖先が生まれた土地が


生み出してきた


遊牧民の伝統を忘れまいと、


テントの中で


お茶を楽しみ、


音楽を奏でる。


「一日の中に


四季がある。」


といわれる砂漠で


生きる彼らにとって、


砂漠は、


「何もない」場所


ではない。


それどころか、


砂漠は、


「地球の美しさのすべてがある」場所


なのである。


首都であるアンマンに目を向ければ、


そこが、


「アラブのオアシス」


であることを感じるだろう。


隣国のイラク、


シリア、レバノン、


そして、


パレスチナを抱えるイスラエル。


バグダッド、


ダマスカス、ベイルート、


そして、


エルサレムからも近い


この都市に、


多くの難民が逃れてくる。


ヨルダン人にとっても


暮らしは楽ではない。


レバノン内戦


湾岸戦争


そして、


アラブの春と。


次々に起こる


情勢の変化が、


彼らの生活にのしかかる。


サウジアラビアやクウエート


といった湾岸諸国とは違い、


石油が出るわけでもない。


それにも負けず、


イスラムの精神で、


運命をありのままに


受け入れる


ヨルダンの人々に、


いつか希望が約束される


ことを願いつつ、


またアンマンの町には、


一日の終わりを告げる


アザーン(祈りの知らせ)


が響き渡る。


(おわり)



Amman, Jordan


英語は、’にほんじん’に習う。英語入門者・初心者限定ブログ。大田区でマンツーマン英会話。KEN-ELT英語学習専門校(個人英会話教室)




**********************************************


さて、


アラブの春の一年後くらいに


ヨルダンを訪ねましたが、


隣国シリア情勢にも関わらず、


観光客は戻ってきていました。


ただそのほとんどは、


ヨーロッパからで、


日本からは残念ながら


あまりいませんでしたね。


ヨルダン国内の情勢は、


安定そのものなので、


ぜひ訪ねてもらいたいと


個人的には思います。


最近のエジプトの混乱、


いまだに続くシリア内戦。。。


まだ中東地域全体に


安定がもたらされるには


時間がかかりそうです。


しかし、


その一方で、


懸命に生きている人々も


この地域にはいます。


アラブ世界には、


アラブ世界にしかない


ホスピタリテイーや


壮大な自然が


あります。


その魅力を紹介しつつ、


世界全体の平和を


願うばかりです。










スポンサーサイト
プロフィール

KenElt

Author:KenElt
鈴木健一。

・上智大学外国語学部英語学科卒業。

カナダ留学
・カナダ・トロントにて、外国人に英語を教える国際資格(TESOL Diploma)を取得。
・カナダでは、中・上級者を中心に英会話を指導。

イギリス留学
・イギリス(ロンドン・ブロードステアーズ・ブリストル・チェスター)の英語教育者コースで、最先端の英語教育の現状を学ぶ。
・イギリス・ケンブリッジ大学英語教師養成プログラム(Cambridge CELTA/DELTA)認定の教師養成トレーナーより、語学教育カリキュラム・教材開発の個人指導を受ける。

国内
・帰国後、複数の英語教室にて、成人英語初心者への英会話指導、クラス教材開発、英語教師養成に携る。
・現在は、定期的にイギリスにて研修に参加する傍ら、イタリア語とアラビア語を学び、語学教育の新しい手法を模索している。


KEN-ELT英語学習専門校
(http://www.ken-elt.jp/ )について:

東京都大田区にある大人対象の個人英会話教室(学校)。


*対象:

中級者・上級者の方

*入門者・初心者の方は、
http://ameblo.jp/ken-eltへ

*学習内容:

英語表現力(英会話+α)
   +
英語学習力(効果的な学習法・
異文化理解力・会話展開力)

*学習スタイル:

一レッスン75分&
完全マンツーマン
(プライベート)

*対応英語:

アメリカ英語・イギリス英語


*KEN-ELT携帯サイト*

(http://ken-elt.jp/i/ )


*無料カウンセリングはこちら

*http://www.ken-elt.jp/enquiry.html
(パソコンから)

*http://ken-elt.jp/i/enquiry.htm
(携帯から)
      
   *毎月7名様限定*

*先着順にお受けし、数に限りがありますので、ご希望の方は、お早めにご予約ください。

☆あなたの英語学習観が間違いなく変わられることと思います。☆

検索フォーム
RSSリンクの表示
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。