スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

**新着情報** 「”グローバル化” vs ”国際化”」

無料カウンセリングはこちら


こんにちは!東京・大田区にある

個人英語・英会話教室

『KEN-ELT英語学習専門校』

(http://www.ken-elt.jp/ ) の代表兼

日本人講師のKenです。

先週末は、都内でもかなり暖かくなりましたが、

皆さん、いかがお過ごしでしょうか?

先日、面白い記事を発見しましたので、

ぜひ皆さんと共有したいと思います!


タイトルはずばり・・・



『グローバル化と国際化ってどう違うの?』


この記事では、


「グローバル化」と


「国際化」の違いを


企業を軸に


とてもわかりやすく


説明しています。






最近、急速に、


日本企業の海外進出


が進み、


今までは英語と無縁だった方達が、


英語を必要とする時代になっています。


私の教室にも、


ビジネス・出張で、


英語を日々使っている方、


将来に備えて英語を学ばれている方


がかなり多くいらっしゃいます。

さて、

今回のテーマである、



「グローバル化」「国際化」の違い

についてですが・・・

まずは、


「グローバル化」


について見ていきましょう。

皆さん、

英語で、


"global warming"


という言葉を聞いたことがあると思います。

これは、日本語では、


「地球温暖化」

という意味ですが・・・

これは、


「地球全体」

に影響を与えている

ことを意味します。

個々の国を問わず、

地球全体が温暖化

しているわけですね。

それに対して、


「国際化」

についてですが・・・

英語で、


"an international conference"


という言葉を聞いたことがあると思います。


これは、日本語では、


「国際会議」


という意味で、


「世界各国」


の代表が集まる会議


を意味します。


つまり、


個々の国が


それぞれの意見を


それぞれの立場から


交換するわけですね。


以上のように、



「グローバル化」

=地球全体の変化



「国際化」

=個々の国の変化


となります。

現在、日本では、

どちらの言葉も同じように

使われているので、

混乱している方も多いかと思います。

さて、

ビジネスの世界では、


「グローバル化」

が進んでいる

ということですが、

これは、以前から、

ファーストフード店やコーヒー店

が世界どこでも「同じ」

をキーワードに、


「安心感」

を売り出しているものです。

事情がわからない海外で、

いつも自分の国で食べなれているもの

を食べれれば、

安心することもあるでしょう。

それに対して、


「国際化」

も無視できません。

それぞれの国では、

気候や習慣など、

あらゆる面で、


「違い」

が存在します。

特に、


「気候・風土の違い」

は生活スタイルに

大きな影響を与えます。

例として、


「車の種類」

について考えてみましょう。

まずは、

以下の写真をご覧ください。


英語は、’にほんじん’に習う。英語入門者・初心者限定ブログ。大田区でマンツーマン英会話。KEN-ELT英語学習専門校(個人英会話教室)

皆さんに質問です。

Q:このような場所では、どのような車が良いでしょうか?

石畳で、このように狭い通路では、

大きな車よりも、

コンパクトな車の方が

運転しやすいでしょう。

もちろん、個人の好みもありますが。

それでは、

ここではどうでしょうか?


英語は、’にほんじん’に習う。英語入門者・初心者限定ブログ。大田区でマンツーマン英会話。KEN-ELT英語学習専門校(個人英会話教室)

砂埃が多いような

砂漠地帯では、

やはり、

4WDのような馬力のある車が

好まれるでしょう。

つまりは、

「気候・風土」によって、

歴然とした「違い」が存在し、

好まれる車が違ってきます。

実際、

上の写真は、

イタリアのローマですが、

ヨーロッパでは、

ヨーロッパ車をはじめ、

日本車でも、

コンパクトな車が多く走っています。

それに対して、

下の写真は、

ヨルダンのぺトラ周辺ですが、

中東では、

日本の4WDの評価が高く、

砂漠地帯では特に、

4WDが使われています。

さて、

私自身、

世界の地域としては、

主に、

北米、

西欧、

東欧、

中央アジア、

中近東、

北アフリカ

などを回ってきて、

感じるのは・・・

やはり、

その国でしか体験できないこと


を体験することが重要だと考えています。

世界どこへ行っても「同じ」

では、あまり世界を回る意味もないでしょう。

しかし、

急速に進む「グローバル化」

にも対応していかなければなりません。

その代表格が

『英語』

です。

地球全体で英語が使われている現状

では、

やはり、

日本人も避けては通れないのです。

ただ、

それぞれの国の英語、

「インド英語」


「シンガポール英語」

などの個性も

認めていく必要があります。

これからも、

私自身、

「日本人」に最適な方法で、

「世界」で通じる英語

の教育に力を尽くしていきます!




スポンサーサイト
プロフィール

KenElt

Author:KenElt
鈴木健一。

・上智大学外国語学部英語学科卒業。

カナダ留学
・カナダ・トロントにて、外国人に英語を教える国際資格(TESOL Diploma)を取得。
・カナダでは、中・上級者を中心に英会話を指導。

イギリス留学
・イギリス(ロンドン・ブロードステアーズ・ブリストル・チェスター)の英語教育者コースで、最先端の英語教育の現状を学ぶ。
・イギリス・ケンブリッジ大学英語教師養成プログラム(Cambridge CELTA/DELTA)認定の教師養成トレーナーより、語学教育カリキュラム・教材開発の個人指導を受ける。

国内
・帰国後、複数の英語教室にて、成人英語初心者への英会話指導、クラス教材開発、英語教師養成に携る。
・現在は、定期的にイギリスにて研修に参加する傍ら、イタリア語とアラビア語を学び、語学教育の新しい手法を模索している。


KEN-ELT英語学習専門校
(http://www.ken-elt.jp/ )について:

東京都大田区にある大人対象の個人英会話教室(学校)。


*対象:

中級者・上級者の方

*入門者・初心者の方は、
http://ameblo.jp/ken-eltへ

*学習内容:

英語表現力(英会話+α)
   +
英語学習力(効果的な学習法・
異文化理解力・会話展開力)

*学習スタイル:

一レッスン75分&
完全マンツーマン
(プライベート)

*対応英語:

アメリカ英語・イギリス英語


*KEN-ELT携帯サイト*

(http://ken-elt.jp/i/ )


*無料カウンセリングはこちら

*http://www.ken-elt.jp/enquiry.html
(パソコンから)

*http://ken-elt.jp/i/enquiry.htm
(携帯から)
      
   *毎月7名様限定*

*先着順にお受けし、数に限りがありますので、ご希望の方は、お早めにご予約ください。

☆あなたの英語学習観が間違いなく変わられることと思います。☆

検索フォーム
RSSリンクの表示
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。