スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

KEN-ELT教室: サマルカンド(ウズベキスタン)

無料カウンセリングはこちら



こんにちは!東京・大田区にある

個人英語・英会話教室

『KEN-ELT英語学習専門校』

(http://www.ken-elt.jp/ )の代表兼

日本人講師のKenです。


暑い夏も過ぎ去り、


だんだんと寒くなってきていますが、


皆さん、いかがお過ごしでしょうか?


先日W杯予選が行われたオマーンでは、


35度超えだったようですね。


私は12月にオマーンへ行ったことがありますが、


それでも、夜で26度近くありました。


湾岸諸国の暑さは想像以上です。。。


さて、今回はというと・・・


「KEN-ELT教室」シリーズ



ウズベキスタンのサマルカンド




を特集いたします。







****************************************************



英語は、’にほんじん’に習う。英語入門者・初心者限定ブログ。大田区でマンツーマン英会話。KEN-ELT英語学習専門校(個人英会話教室)

  

*これらの木の飾りは、ウズベキスタンの世界遺産都市サマルカンドで職人から購入したものです。KEN-ELT教室に入られますと、右手に出窓があります。その出窓の正面左側に飾ってあります。アラビア書道で、「KEN-ELT」と書いてもらいました。



さて、まずはいつもどおり、




*第一印象:☆☆☆☆☆(5つ星が最高)




サマルカンドという都市を聞いたことがある方も


いらっしゃるかと思います。


おそらく、「シルクロード」に興味があれば、


一度は耳にしているはずです。


別名、「青の都」


と呼ばれるだけあり、


街中には、


空の色を反映した建築物が


堂々とそびえたっています。


ウズベキスタン観光の中心


となっており、


中でも、


「レギスタン広場」


は、3つの壮大な建物に囲まれ、


美しすぎる広場です!


イスラム建築は、


外よりも内部が美しいのですが、


ウズベキスタンの場合は、


どちらも装飾されており、


見る者を圧倒する美しさです。


必見ですね!




*交通の便:☆☆☆


ブハラからサマルカンドまでは、


車で3時間ぐらいだったと思いますが、


道路状態があまりよろしくないので、


それ以上かかる場合もあるでしょう。


街自体は、それほど大きくないので、


徒歩で十分観光できます。





*英語通用度:☆☆☆


ウズベキスタンきっての観光地なので、


また世界遺産都市なので、


ホテルや店では通じますが・・・


旧ソ連圏であったため、


職人などのお年寄りの方は・・・


ロシア語を話されます。


中央アジアの共通語として、


ロシア語が機能しているということですね。


ただ、若い世代を中心に学校教育で、


英語教育が重視されてきていると


いうことなので、


5年後ぐらいに行けばまた違う状況になっているかもしれません。




*文化:☆☆☆☆☆


文化レベルは・・・


高いの一言です。


街中には・・・


イスラム文化の遺産である、


モスクやメドレセ(神学校)が多く、


サマルカンドの場合は、


特に内部の装飾が


一級の芸術品ばかりで、


いろいろなデザインがあるので、


見ていても飽きることがありません。


最近では、開発が進み、


ホテルや店がオープンしていますが、


それでも景観を乱すほどではありません。



****************************************************


さて、先月になりますが、


中東・UAE(アラブ首長国連邦)の


ドバイ経由で

(これが大変でした。。。)


私は、


「モロッコ」


という国へ行っておりました。


日本でも知名度が高い国ですが、


位置が気になる方は、


こちら でご確認ください。


周辺国は・・・


アルジェリア、チュニジア


スペイン

といった感じです。


地域でいうと・・・


「北アフリカ地域」


になります。


アフリカ大陸なので、


私にとっては、


アフリカ初上陸


になりましたが・・・


北アフリカは、


中東と同じく、


イスラム世界なので、


皆さんのイメージする


「アフリカ」


ではありません。


また、


去年の「アラブの春」


と言われる民主化運動の


発端となった地域ですが、


モロッコは安全です!


むしろ、


中東地域で荒れた影響で、


中東から離れたところにある


モロッコの人気が高まった


と現地の人から聞きました。


英語に関しては・・・


世界級の観光地が多いので、


よく通じます。


現地の人はアラビア語ですが、


フランスの植民地だったので、


第二言語として話しています。


ただ、世界的には、


英語が主流なため、


英語の通用度が高くなってきたようです。




つくづく、



『世界は広い!』



と感じます。



また同時に、



『英語がどこへいっても有益』



だとも感じています。



皆さんにも同じような経験をしていただくため、



より一層、英語教育に身が入ります!




世界を回れば回るほど、


モロッコは、


ウズベキスタンと同じく、


職人が多く、


一級の建築遺産を持つ国なので、


また3年後ぐらいに行ったときの変化が


楽しみな国のひとつです。











スポンサーサイト
プロフィール

KenElt

Author:KenElt
鈴木健一。

・上智大学外国語学部英語学科卒業。

カナダ留学
・カナダ・トロントにて、外国人に英語を教える国際資格(TESOL Diploma)を取得。
・カナダでは、中・上級者を中心に英会話を指導。

イギリス留学
・イギリス(ロンドン・ブロードステアーズ・ブリストル・チェスター)の英語教育者コースで、最先端の英語教育の現状を学ぶ。
・イギリス・ケンブリッジ大学英語教師養成プログラム(Cambridge CELTA/DELTA)認定の教師養成トレーナーより、語学教育カリキュラム・教材開発の個人指導を受ける。

国内
・帰国後、複数の英語教室にて、成人英語初心者への英会話指導、クラス教材開発、英語教師養成に携る。
・現在は、定期的にイギリスにて研修に参加する傍ら、イタリア語とアラビア語を学び、語学教育の新しい手法を模索している。


KEN-ELT英語学習専門校
(http://www.ken-elt.jp/ )について:

東京都大田区にある大人対象の個人英会話教室(学校)。


*対象:

中級者・上級者の方

*入門者・初心者の方は、
http://ameblo.jp/ken-eltへ

*学習内容:

英語表現力(英会話+α)
   +
英語学習力(効果的な学習法・
異文化理解力・会話展開力)

*学習スタイル:

一レッスン75分&
完全マンツーマン
(プライベート)

*対応英語:

アメリカ英語・イギリス英語


*KEN-ELT携帯サイト*

(http://ken-elt.jp/i/ )


*無料カウンセリングはこちら

*http://www.ken-elt.jp/enquiry.html
(パソコンから)

*http://ken-elt.jp/i/enquiry.htm
(携帯から)
      
   *毎月7名様限定*

*先着順にお受けし、数に限りがありますので、ご希望の方は、お早めにご予約ください。

☆あなたの英語学習観が間違いなく変わられることと思います。☆

検索フォーム
RSSリンクの表示
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。