スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

英語学習の落とし穴⑭:映画で英語Part1

こんにちは!

東京・大田区にある

KEN-ELT英語学習専門校

(http://www.ken-elt.jp/ )


の代表Kenです。

さて、今回の「英語学習の落とし穴」シリーズはというと・・・

「映画」

です。

皆さん、英語を一度でも学習したことがある方なら、映画を教材にできないかと考えたことがあるかと思います。

私自身は、あまり映画を見る方ではないので、映画館へ見に行くことは稀なのですが、英語学習の手段として、映画を使ったことはあります。

そこで、今回は、「映画」について英語学習の観点から述べていきたいと考えております。

まずは・・・

「映画の利点」

についてです。


①会話で使われる「生きた英語」が学べる

これはよく言われることですが、映画の中では、俳優たちが、「普段使う英語」を使用しているので、自然と、「生きた英語」が使われていることになります。

Q:それでは、「生きた英語」とはどのようなものなのでしょうか?


a. 状況別の表現

まず何よりも、映画には、「映像」があります。

この映像が手助けとなって、

「登場人物がどのような場面で、どのような表現を使っているか?」

を学ぶことができるのです。

例えば、「レストランでの食事」といった状況では、

「どのように注文をすれば適切なのか」

といったことです。

これらの日常で遭遇するであろう場面が散りばめられている映画では、こうした状況別の会話表現を学ぶことができます。


b. 自然な速度の会話

次に、映画の中では、「自然な速度(ナチュラルスピード)で話される英語」が使われています。

これは、考えてみれば当然のことです。自然な英語を使わなければ、会話として不自然になりますね。

映画は、現実の世界を投影しつつ、物語を作るので、「自然な会話」というのは必須になりますね。


②「生の文化情報」が学べる

映画は、色々な場所で撮影されるので、自分がこれから旅をしたい場所、これから出張するかもしれない場所についての情報を得ることができます。

映画と世界の場所が結びつく例は多々ありますよね。


・「ノッテイングヒルの恋人」==ロンドン

・「セックス・アンド・ザ・シテイ」==ニューヨーク・シテイ


などが英語圏ですが、その他にも映画で有名になり、観光地となったところもあります。


・「インデイー・ジョーンズ」==ヨルダン

・「カサブランカ」==モロッコ



これらのあまり馴染みがなかった国々についても、映画の「文化情報」や「背景描写」がきっかけとなって、世界中から観光客が押しかけるようになったところも数知れません。

ここでも、映画のもつ「映像」の力が威力を発揮しています。

さて、ここまで、「映画の利点」について、英語学習の観点からご紹介してきました。

「映画を使う上での注意点」については、次回、ご紹介したいと考えております。






スポンサーサイト

テーマ : 英語・英会話学習
ジャンル : 学校・教育

プロフィール

KenElt

Author:KenElt
鈴木健一。

・上智大学外国語学部英語学科卒業。

カナダ留学
・カナダ・トロントにて、外国人に英語を教える国際資格(TESOL Diploma)を取得。
・カナダでは、中・上級者を中心に英会話を指導。

イギリス留学
・イギリス(ロンドン・ブロードステアーズ・ブリストル・チェスター)の英語教育者コースで、最先端の英語教育の現状を学ぶ。
・イギリス・ケンブリッジ大学英語教師養成プログラム(Cambridge CELTA/DELTA)認定の教師養成トレーナーより、語学教育カリキュラム・教材開発の個人指導を受ける。

国内
・帰国後、複数の英語教室にて、成人英語初心者への英会話指導、クラス教材開発、英語教師養成に携る。
・現在は、定期的にイギリスにて研修に参加する傍ら、イタリア語とアラビア語を学び、語学教育の新しい手法を模索している。


KEN-ELT英語学習専門校
(http://www.ken-elt.jp/ )について:

東京都大田区にある大人対象の個人英会話教室(学校)。


*対象:

中級者・上級者の方

*入門者・初心者の方は、
http://ameblo.jp/ken-eltへ

*学習内容:

英語表現力(英会話+α)
   +
英語学習力(効果的な学習法・
異文化理解力・会話展開力)

*学習スタイル:

一レッスン75分&
完全マンツーマン
(プライベート)

*対応英語:

アメリカ英語・イギリス英語


*KEN-ELT携帯サイト*

(http://ken-elt.jp/i/ )


*無料カウンセリングはこちら

*http://www.ken-elt.jp/enquiry.html
(パソコンから)

*http://ken-elt.jp/i/enquiry.htm
(携帯から)
      
   *毎月7名様限定*

*先着順にお受けし、数に限りがありますので、ご希望の方は、お早めにご予約ください。

☆あなたの英語学習観が間違いなく変わられることと思います。☆

検索フォーム
RSSリンクの表示
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。