スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

英語学習の落とし穴⑧:語学における性格

無料カウンセリングはこちら


こんにちは!東京・大田区にある

KEN-ELT英語学習専門校

(http://www.ken-elt.jp/ )


の代表Kenです。

今回の

「英語学習の落とし穴」

は・・・

語学における性格

についてです。

今回は・・・

エッセイスタイル

でお届けいたします。


****************************************************************************************


Title: 語学における性格(積極性と消極性)


言葉は

コミュニケーションの手段

である。

いくら

文法やルール

を暗記しても、

いくら

たくさんの単語

をやみくもに

暗記しても、

それを

実際のコミュニケーション

の際に

有効に使う

ことができない

とすれば、

それは、

言葉を学んだ

ことにはならない

だろう。

特に、

英語

という言語は

直接的な表現

を好み、

その言語を使用する

英語圏では

自分から

言葉を武器にして

能動的に

コミュニケーションをとり、

明確に

自分を表現

していかなければ

物事が

思うように進まない。

つまり、

たとえ

困った表情

をしていても、

言葉で

自分の感情

を表現

しなければ、

誰も

気にしてはくれない

ということである。

そうなると、

積極的に

働きかける

ことのできる

外向的な性格の人

のほうが

語学に向いている

のではないか

と人は思う

かもしれない。

事実、

自分の感情

を素直に表現する

という点では

その主張には

一理ある。

しかし、

それでは

内向的な性格の人

は語学に

向いていないのだろうか?
                
それは

全くの誤解だ

と自分は考える。

確かに

自分を表現していくこと

は少なくとも、

英語という言語

を学ぶ上では

大切な要素のひとつ

である。

しかし、

言葉の学習には

コミュニケーションの手段

のほかに

より深層的な側面

がある。

言葉を学ぶ中での試行錯誤

読書を通じた表現力の強化

さらには

言語とはどのようなものか

を探求することで、

人は

より深いレベルで

言語を理解し、

操ることができる

ようになる。

そして

この側面は

内向的な学習者が

得意とすることである。
                 
積極的に

コミュニケーションをとる姿勢

を否定する

つもりは毛頭ない。

ただ、

目に見える部分だけ

で満足していては

上達に行き詰まった

ときに

途方に暮れる

こととなる。

言葉について

深く考える


ことが

どこかで必要になる

のである。

内気な性格

だからといって

性格を

変える必要などない。

内気な人

だからこそ

続けられる

地道な語学の側面

がある。

そして

それは

一人の自立した語学学習者

としての自信

を与えてくれる

のである。


****************************************************************************************


私自身、

かつては、

かなり

内気な性格

でした。

英語圏へ

初めて

行ったときは、

自分の意見

を主張

できずに、

誤解されてしまう

こともありました。

ただ、

地道に

毎日欠かさず、

語学の訓練

を重ねていました。

そうした

毎日の積み重ね



試行錯誤の日々



あるとき、

自己表現

につながり、

英語を

問題なく

話せる

ようになりました。

語学の習得は

世間で言うほど、

’ラク’にできる

ものでは

ありません。


くれぐれも、

”甘い”言葉

には

お気をつけください。


*KEN-ELTでは、’ラクに’英語を習得できるとは、考えておりません。ただ、’たのしく’英語は習得できると考えております。
同じ、”楽”という漢字でも、このように意味が異なるのが、言葉の面白いところですね。




無料カウンセリングはこちら




スポンサーサイト

テーマ : 英語・英会話学習
ジャンル : 学校・教育

プロフィール

KenElt

Author:KenElt
鈴木健一。

・上智大学外国語学部英語学科卒業。

カナダ留学
・カナダ・トロントにて、外国人に英語を教える国際資格(TESOL Diploma)を取得。
・カナダでは、中・上級者を中心に英会話を指導。

イギリス留学
・イギリス(ロンドン・ブロードステアーズ・ブリストル・チェスター)の英語教育者コースで、最先端の英語教育の現状を学ぶ。
・イギリス・ケンブリッジ大学英語教師養成プログラム(Cambridge CELTA/DELTA)認定の教師養成トレーナーより、語学教育カリキュラム・教材開発の個人指導を受ける。

国内
・帰国後、複数の英語教室にて、成人英語初心者への英会話指導、クラス教材開発、英語教師養成に携る。
・現在は、定期的にイギリスにて研修に参加する傍ら、イタリア語とアラビア語を学び、語学教育の新しい手法を模索している。


KEN-ELT英語学習専門校
(http://www.ken-elt.jp/ )について:

東京都大田区にある大人対象の個人英会話教室(学校)。


*対象:

中級者・上級者の方

*入門者・初心者の方は、
http://ameblo.jp/ken-eltへ

*学習内容:

英語表現力(英会話+α)
   +
英語学習力(効果的な学習法・
異文化理解力・会話展開力)

*学習スタイル:

一レッスン75分&
完全マンツーマン
(プライベート)

*対応英語:

アメリカ英語・イギリス英語


*KEN-ELT携帯サイト*

(http://ken-elt.jp/i/ )


*無料カウンセリングはこちら

*http://www.ken-elt.jp/enquiry.html
(パソコンから)

*http://ken-elt.jp/i/enquiry.htm
(携帯から)
      
   *毎月7名様限定*

*先着順にお受けし、数に限りがありますので、ご希望の方は、お早めにご予約ください。

☆あなたの英語学習観が間違いなく変わられることと思います。☆

検索フォーム
RSSリンクの表示
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。