スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

都市の記憶:ウイーン(オーストリア)観光編

こんにちは!

東京・大田区にある

KEN-ELT英語学習専門校

(http://www.ken-elt.jp/ )

の代表Kenです。

さて、

今回は、

「都市の記憶」

という新しいシリーズの

初回です。

英語は、

今や、

英語圏だけで使われている言葉

ではありません。

英語中・上級者の皆さんは、

世界的視野を持ち、

非英語圏の文化情報も、

必要になってきます。


ということで、

今回は、

オーストリアの首都

「ウイーン」


の観光スポット

へ皆さんをお連れいたします。

ウイーンはあまりにも・・・

「クラシック音楽」

のイメージが強いため・・・

オペラ座や楽友協会で

クラシック

というのが、

定番なようです。

しかし・・・

ウイーンという都市はというと・・・

ハプスブルク帝国の首都

として栄えたので・・・

素晴らしい建築群

がそこかしこにあるのです。


・Stephansdom

「シュテファン寺院」は、

ウイーンのシンボル

です。

鋭い塔を持つ、

カトリックの教会で・・・

見かけは・・・

彫刻の施された、

ゴシックですが・・・

内部はというと・・・

イタリアのバロック

に近く、

絢爛豪華です。

屋根のデザインも、

カラフルで・・・

ヨーロッパの他の国には、

あまり見られない様式

ですね。

ただ・・・

よく修復作業をしています(笑)。。。


・Haus der Musik

これは、

いわゆる、

「クラシック音楽の博物館」

ですね。

クラシック音楽の本場として・・・

有名な作曲家の楽譜

などが収められています。

また・・・

ウイーンフィルの仮想指揮

などもできます。

クラシック音楽を体感

することができますよ。

皆さんもぜひ、

指揮に

チャレンジしてみてください!

人から見られることなど、

気にせずに(笑)!

私が行ったときには・・・

子どもたちが、

修学旅行か何かで、

たくさん来ていましたね。


・Rathaus

「市庁舎」のことですが・・・

この建築のスタイルはというと・・・

「ネオ・ゴシック」

といわれるもので・・・

ゴシックをさらに進化

させたものです。

良い例が、

ベルギーに多くあります。

特に、

ブリュッセルとアントワープ

にあります。

外面の装飾は、

一見の価値がありますよ。

この建築の意義は・・・

市民の力

です。

ハプスブルク家

という絶対王政

に対抗して、

誕生した建築スタイル

なのですね。


・Stadtpark

「市立公園」のことですが・・・

ここには、

ウイーンで活躍した音楽家、

ヨハン・シュトラウスや

シューベルトら

の像があります。

ただ・・・

昼間でも人気が少なく・・・

中心部からは・・・

少し離れます。

私はここで・・・

初めて・・・

「偽装警官」

という輩に出会いました。。。

まず、

ひとりの男性が・・・

英語で話しかけてきました。

私が、

「どこから来たのか?」

と聞くと・・・

相手は・・・

「南米の小さい国」

と答えました。

「小さい国」

というこの表現が、

私には引っかかりました。

幸い、

私は、

南米の地理

に詳しかったので・・・

「南米のどこ?」

と聞きましたが・・・

明らかに、

相手は、

答えを探している

ようでした(笑)。。。

そして・・・

ついに・・・

偽装警官

の登場です!

「パスポートを持っているか?」

と聞かれました。

相手は、

身分証明書

をサッと見せる

だけでした。

しかも、

私服

です。

いかにも怪しいし、

パスポートなど

簡単に見せるものではない


と判断し・・・

私は無視して、

その場を去りました。

このようなことが・・・

真昼間に、

ウイーンのような

治安の良い場所

で起こるとは。。。

海外では、

たとえ治安の良い場所であれ、

何が起こるか

は予想できません。


海外では、

決して簡単に

人を信じない

ことです。


また、

個人で旅行するためには・・・

トラブルにあった時にも、

落ち着いて

対応できる

英語力をつけていく

ことをおススメいたします。



・Schloss Schönbrunn

「シェーンブルン宮殿」

ですね。

ここはというと・・・

ハプスブルク家の夏の離宮

です。

外面の色は・・・

マリア・テレジア・イエロー

といわれ、

女帝マリア・テレジア

の愛した黄色

です。

黄色といっても・・・

原色ではなく、

抑えめの、

上品な色

です。

外面の装飾は・・・

かなりシンプル

ですね。

ウイーンの中心から、

地下鉄ですぐ

なので、

ぜひ、

行ってみてください!

さて、

今回は、

素敵なビデオクリップ

を見つけましたので、

ご紹介いたします。

オーストリアの作曲家

シューベルト

の’アノ’有名な曲

です。

最近では、

結婚式

などでも使われているようですね。


Title: The most beautiful rendition of Ave Maria I've ever heard

http://www.youtube.com/watch?v=aQVz6vuNq7s

*クリックしますと、YouTubeにつながり、映像と音声が流れます。





スポンサーサイト

テーマ : 英語・英会話学習
ジャンル : 学校・教育

都市の記憶:ウイーン(オーストリア)食事編

こんにちは!

東京・大田区にある

KEN-ELT英語学習専門校

(http://www.ken-elt.jp/ )

の代表Kenです。

さて、

今回は・・・

「ウイーン食事編」

です。

オーストリアの料理

はというと・・・

これといって、

日本で知られている

ものは・・・

少ない

ですが・・・

ここでは、

一般に、

「ウイーン料理」

といわれる

ものを

ご紹介いたします。


・Wiener Schnitzel

これは・・・

「ウイーン風カツレツ」

ですね。

ミラノに、

Cotoletta alla milanese

(コトレッタ・アッラ・ミラネーゼ)


という料理

があるのですが・・・

ウイーンのものは・・・

これをベース

にしたもの

だそうです。

何しろ、

巨大ですが(笑)・・・

クドクはありません。

仔牛肉

を使うのですが・・・

レモン

をかければ、

結構さっぱりします。

問題は・・・

大きさ

だけです(笑)。。。


・Tafelspitz

これは・・・

牛の尾

に近い部分

を煮込み、

リンゴのすりおろしに、

西洋ワサビ

を混ぜたソース

でいただきます。

味は・・・

まあまあ

でした(笑)。。。

ただ・・・

これも

伝統料理

のひとつ

なので・・・

勇気のある方(?)は・・・

ぜひ食べてみてください(笑)!

ウイーンは・・・

どちらかというと・・・

スイーツ

が有名

です。

以下は・・・

ウイーンの

伝統的な

コーヒーハウス

でいただける

ものです。


・Sachertorte

「ザッハートルテ」

は聞いたことがある

方もいらっしゃる

と思います。

チョコーレートケーキに、

生クリーム

を添えて、

食します。

ウイーンに行かれたら・・・

これは、

ぜひ一度は、

食べてみてください!


・Einspänner

「アインシュぺナー」

です。

これは一体・・・

何だと思いますか??

日本では・・・

別名

で呼ばれる

ものです。

コーヒーの苦味に、

甘いホイップクリーム

添えて・・・

わかりましたか?

ずばり・・・

「ウインナー・コーヒー」

のことです。

ウイーンでは・・・

「アインシュぺナー」

と言います。

ご注意ください!


・Melange

「メランジュ」

です。

フランス語読み

になっていますが・・・

ずばり・・・

「メレンゲ」

のことですね。

泡クリーム

がのった、

カプチーノ

のようなもの

ですね。

ウイーンの

コーヒーハウス

では・・・

日本と同じように・・・



が一緒に

出されます。

これは・・・

他の西洋諸国

では見られない

ことです。

イタリアなどでは・・・



は無料

ではありません。

さて、

今回も、

ウイーンの

ビデオクリップ

を用意いたしました。

日本は・・・

何かと慌しい

ですが・・・

たまには、

ゆっくり

優雅なコーヒータイム

をお楽しみください!


Title: Viennese Coffee House music

http://www.youtube.com/watch?v=6Kp0em6zYRA

クリックしますと、YouTubeにつながり、映像と音楽が流れます。



テーマ : 英語・英会話学習
ジャンル : 学校・教育

都市の記憶:ローマ(イタリア)教会編

こんにちは!

東京・大田区にある

KEN-ELT英語学習専門校

http://www.ken-elt.jp/ )

の代表Kenです。

少し前になりますが・・・

「天使と悪魔」

という映画

が公開

になりましたね。

私は

あまり映画は見ないですが・・・

この映画には

興味があります!

作品の中では、

バチカンの

カトリックの権威

を誇示する

建築郡


が紹介

されています。

Q:では、いったいその建築とはどのようなものなのでしょうか?

皆さん、

「ルネサンス」

という言葉

は聞いたことがありますね。

イタリアで始まったこの運動は

何を意味していたのでしょう?

ルネサンスの前の時代の

ヨーロッパは・・・

「中世」

と呼ばれ、

教会の力が

何しろ強く、

人間は

神に仕えるもの

とされていました。

しかし・・・

この

「ルネサンス」

の時代には・・・

人間には

とてつもない才能

があり、

その素晴らしさ

を賛美する

ことを奨励しました。

これにより、

今まで

教会のために

作品を捧げていた

芸術家達が、

人間の創造性

を存分に生かす

ことができるようになった

のです!

皆さんが知っている

レオナルド・ダ・ヴィンチ

もこの時代に

イタリア・フィレンツエ

を中心に

才能を発揮します。

しかし、

一方では・・・

こうした活動を

快く思わない人達

がいました。。。

さあ、

ここまでの流れで、

そうした方達とは

誰でしょう・・・?

そうですね。

教会の権力者達

です。

Q:それではどのようにすればまた教会の力を取り戻せるのか?

その答えは・・・

ずばり

建築

です。

建物は

人々の暮らしの中

にある

ものです。

つまり、

一度、

力強いもの

を作っておけば、

長年に渡って、

それらが

人々の意識

の中に

刷り込まれていく

というわけですね。

そこで登場した建築

の種類が・・・

いわゆる

「バロック」

というものです。

「バロック」とは・・・

教会内部を

絵画・彫刻

などで

華美に飾り、

民衆の

'感情’

に直接

訴えかける

建築スタイル

です。

イタリアで

教会

(注意:ミラノの大聖堂は違う建築様式です。)

に行ったことのある方なら

お気づきだと思います。

イタリアは

バロックの教会

が多いです。

スペインも

カトリック色の強い国

なのでいくつかありますが・・・

イタリア

ほどではありません。

「天使と悪魔」

の作品では

ローマ市内の

いくつかの

バロック建築の教会

が舞台となっています。


・サン・ピエトロ大聖堂:

ここは、

世界最小の独立国バチカン市国

にあります。

ローマ市内でいえば、

西側一体

を占めています。

カトリックの総本山

である

この聖堂の前に、

広場

があるのですが、

ここは

ベルニーニ

というイタリア人建築家

によってデザイン

されました。

美しく

均等の取れた

広場

です。

このベルニーニ、

バチカンの

お気に入りの

建築家

だった

そうです。

聖堂内には

かのミケランジェロ

がデザインした

彫刻

もあります。

ここは

いわゆる

観光名所

となるため、

非常に込み合いますので、

できれば

午前中

などいかがでしょうか?

ここ以外にも

いくつか内装の素晴らしい教会

があるので

ここで紹介しておきますね。


・サン・ジョバンニ・イン・ラテラーノ教会:

ここは、

ローマの観光名所

コロッセオの

裏の小道

を少し行ったところ

にあります。

この教会は

ローマでは

かなり重要なところ

ですが、

観光客は

まず行くことがない

と思います。

私は

建築に興味

があったので、

ここへ行きました。

ここは

どちらかというと、

内部にある絵画

がおすすめです。

どれも

一級の芸術品

です。


・サンタ・マリア・マッジョーレ教会:

ここは、

ローマの中央駅である

「テルミニ駅」

の正面出口から

少し左へ行ったところ

にあります。

かなり大きな教会

ですので、

すぐ気づく

と思われます。

ここも

観光客には

見逃されている

と思いますが、

内装

また素晴らしいので

一度

機会がありましたら

行かれることを

おすすめします。

私は、

ローマに

一度

クリスマスの時期

にいたことがあり、

この教会で

クリスマスミサ

を生まれて初めて

体験いたしました。

ただ・・・

全てイタリア語で

教会用語が多く、

私は

次第に・・・

眠り

に陥っていました(笑)。

でも、

ローマ市民と共に、

ろうそくをともし、

時間を過ごしたことで、

地元の人との一体感

が感じられました。

以上、

観光では味わえないローマ

を紹介いたしました。

ローマは

確かに

観光地です。

が、

まだまだ

奥深い魅力

を備えた街

です。

ローマに行かれる方は皆、

古代ローマ建築・バロック建築・近代建築

など異なる歴史遺産

を体感し、

このことわざ

を身をもって感じる

ことでしょう。




      Roma non fu fatta in un giorno.

      (ローマは一日にしてならず。)


テーマ : 外国語講師という仕事
ジャンル : 学校・教育

都市の記憶:ローマ(イタリア)食事編

こんにちは!

東京・大田区にある

「KEN-ELT英語学習専門校」

http://www.ken-elt.jp/ )


の代表Kenです。

前回は、

永遠の都ローマ

の教会

についてお話しましたが・・・

お待たせいたしました!

「ローマの食事編」

です!

イタリアは、

何しろ

統一されてから

数百年

しか経っていなく、

その前はというと・・・

分裂した国家

で溢れていました。

ローマとアッシジ、

フィレンツエとシエナなど・・・

国家同士の争い

もたえなかったのです。

今でも、

イタリア人は、

自分の出身地

を誇りに思い・・・

よく里帰りしています。

(私の友達も含めて。)


それゆえ、

それぞれの都市が

’個性’

を持ち・・・

たとえ

小さい街であれ、

イタリアの都市には

魅力

があります。

そして、

もちろん、

料理にも

それぞれの地域で

特徴

があるのです。

そこで、

早速、

ローマの料理

なのですが・・・


・Penne all'Arrabbiata

一般に、

「アラッビアータ」

と呼ばれるヤツ

ですね。

これは、

唐辛子を利かせたトマトソース

で調理するので・・・

少し辛めです。

ただ、

韓国料理

ほどではないので・・・

辛いものが苦手な方

でも十分楽しめる

と思いますよ。

”Arrabbiata”は

イタリア語で・・・

「怒っている」

という意味を持つ

言葉です。

怒ると

熱くなりますよね。

そして、

辛いものを食べるとまた、

熱くなる

わけです。

*言葉には、’つながり’があります。たとえ、それが「連想」であれ、人間が作り出す言葉は知れば知るほど奥が深いです。

ちなみに、

この料理には、

「ペンネ」という・・・

まさに

「ペン」の形

に斜めに切った種類のパスタ

を使います。

これを

私が初めて食べたのは・・・

ローマのクリスマスミサ

に参加しようと・・・

前回ご紹介した、

Santa Maria Maggiore教会

に出向いたとき・・・

夕食をとっていない

のに気づいたときです。(笑)

本当は、

カプリチョーザピザ(後で説明)

を食べたかったのですが・・・

売り切れ

だったんです。。。

何しろ、

そこは、

ローマの地元の食堂で・・・

何かとあわただしかった

のですが、

味は最高

でした!


・Bucatini all'Amatriciana

一般には、

「アマトリチャーナ」

と呼ばれるヤツですね。

これは・・・

イタリアの

生ベーコン
(’パンチェッタ’)




羊乳のチーズ
(’ペコリーノ’)


がキーになります。

味としては・・・

やはり、

唐辛子のトマトソース

が主体

となります。

”Amatriciana”は・・・

ローマのある

ラツイオ州の

小さな町

「アマトリーチェ」

が由来

だそうです。

パスタの種類はというと・・・

「ブカテイー二」

ですね。

これは、

日本のうどん

に似ていて・・・

歯ごたえがあるパスタ

です。

あまり、

日本ではお目にかかった

ことがないのですが・・・

しっかりした噛み応え

があり、

オススメです。

これを

私が食べたのは・・・

ローマ市内、

バチカンへ続く大通りである

「ヴィットーリオ・エマヌエーレ二世通り」

(やたらと長い名前ですが、こういう通りがイタリアには多いんです。)

から少し南

にいったところ・・・

「カンポ・デイ・フィオーリ広場」

というところです。

ここは、

名前の通り・・・

花の市場

が開かれ、

ローマ市民で

溢れます。

ローマで食べるなら、

この広場

もオススメですね。


・Spaghetti alla carbonara

さあ、

「カルボナーラ」

の登場です!

日本では、

これはかなり浸透

していますよね。

黒胡椒と卵

がキーになります。

日本では、

卵の代わりに、

生クリームを入れる

ことが多いようです。

何しろ、

コク

があるパスタ

ですね。

”Carbonara”は・・・

イタリア語で、

「炭焼き職人」

という意味で・・・

炭焼き職人が作業中、

こぼした墨が・・・

黒胡椒

を連想させる

ということで

こう名づけられたそうです。

パスタの種類はというと・・・

スタンダードな

「スパゲッテイ」

です。

日本では、

パスタとスパゲッテイ

という言葉が

混同

されているようですが・・・


’パスタ’はいろいろな種類の麺類の総称です。

今まで挙げた「ペンネ」「ブカテイー二」「スパゲッテイ」など全てを含んだ言葉ですね。

’スパゲッテイ’はパスタの種類のひとつです。


・Pizza Capriciosa

日本では・・・

カプリチョーザ

という名前の店などが

あったりするので・・・

馴染みがある

と思います。

このピザは・・・

薄切りにした

卵、生ハム、マッシュルーム、オリーブの実など・・・

あらゆるものが

トッピングされたピザ

です。

”Capriciosa”とは、

イタリア語で、

「気まぐれ」

という意味です。

まさしく、

ピザ職人のきまぐれで・・・

店によって

ピザに何がトッピングされるかは・・・

お楽しみ!

上で挙げたのが、

よくトッピングされるもの

です。

私が

これを初めて食べたのが・・・

ローマ市内、

南の方に

テヴェレ川

という川があるのですが・・・

その川を渡ったところに、

「トラステヴェレ」

という地区

があります。

ここは、

ローマでいう下町で・・・

グルメ地区

としても有名です。

ここのピザ屋

で食べましたが、

値段もとても手頃で・・・

いわゆる

観光地とは離れるので、

オススメです。

ぜひ、

イタリアの、

ローマの

ピザ

を味わってください!


・Saltimbocca alla romana

これは、

ローマの伝統料理

のひとつ

といえるでしょう。

子牛の肉の上に、

生ハムとセージの葉を乗せ・・・

串をさして

焼いた料理

です。

私が

これを初めて食べたのは・・・

ローマの観光地

「ナヴォーナ広場」

の路地裏です。

ただ、

どこかで食べたことがある味

だったのです。

懸命に

思い出そうとしていたところ・・・・

そうです!

「生姜焼き」

に似ていたんです。(笑)

まさか、

ローマで

生姜焼き

を食べることになるとは。。。

ただ、

イタリアらしく・・・

白ワイン

をしっかり使っています。

以上、

ローマで味わえるグルメ

をご紹介いたしましたが、

いかがだったでしょうか?

ぜひ、

ローマへ行かれる際には、

こうした郷土料理の数々

を試していただけたらと思います。


*実際、イタリアをはじめ、ヨーロッパ・北米に旅行される生徒さんには、「KEN-ELT図書室」で海外情報を仕入れていただいたり、私がオススメの場所やルートも教えて、好評をいただいております。


追伸;

旅行社

ではないのですが・・・

私自身、

英語や言葉だけでなく、

世界の様々な文化を知る

ことは

英語教育の一部


と考えています。

さて、

最後に・・・

古代ローマ帝国

は、

かつてヨーロッパだけでなく、

地中海世界をも

制覇していました。

北はイギリス、

西はスペイン。

南は、北アフリカのチュニジアにリビア、

東は、中東のシリアにヨルダン。

これらの、

日本人には

「エキゾチック」

といわれる国達にも、

いまだに、

古代ローマの遺跡

が残っている

のです。

そこで、

このことわざ

で締めたい

と思います。


  Tutte le strade conducono a Roma.

       (全ての道はローマに通ず。)





テーマ : 英語・英会話学習
ジャンル : 学校・教育

プロフィール

KenElt

Author:KenElt
鈴木健一。

・上智大学外国語学部英語学科卒業。

カナダ留学
・カナダ・トロントにて、外国人に英語を教える国際資格(TESOL Diploma)を取得。
・カナダでは、中・上級者を中心に英会話を指導。

イギリス留学
・イギリス(ロンドン・ブロードステアーズ・ブリストル・チェスター)の英語教育者コースで、最先端の英語教育の現状を学ぶ。
・イギリス・ケンブリッジ大学英語教師養成プログラム(Cambridge CELTA/DELTA)認定の教師養成トレーナーより、語学教育カリキュラム・教材開発の個人指導を受ける。

国内
・帰国後、複数の英語教室にて、成人英語初心者への英会話指導、クラス教材開発、英語教師養成に携る。
・現在は、定期的にイギリスにて研修に参加する傍ら、イタリア語とアラビア語を学び、語学教育の新しい手法を模索している。


KEN-ELT英語学習専門校
(http://www.ken-elt.jp/ )について:

東京都大田区にある大人対象の個人英会話教室(学校)。


*対象:

中級者・上級者の方

*入門者・初心者の方は、
http://ameblo.jp/ken-eltへ

*学習内容:

英語表現力(英会話+α)
   +
英語学習力(効果的な学習法・
異文化理解力・会話展開力)

*学習スタイル:

一レッスン75分&
完全マンツーマン
(プライベート)

*対応英語:

アメリカ英語・イギリス英語


*KEN-ELT携帯サイト*

(http://ken-elt.jp/i/ )


*無料カウンセリングはこちら

*http://www.ken-elt.jp/enquiry.html
(パソコンから)

*http://ken-elt.jp/i/enquiry.htm
(携帯から)
      
   *毎月7名様限定*

*先着順にお受けし、数に限りがありますので、ご希望の方は、お早めにご予約ください。

☆あなたの英語学習観が間違いなく変わられることと思います。☆

検索フォーム
RSSリンクの表示
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。