スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

KEN-ELT教室:リヨン(フランス)


無料カウンセリングはこちら



こんにちは!東京・大田区にある

KEN-ELT英語学習専門校

(http://www.ken-elt.jp/ )の代表Kenです。


さて、この「KEN-ELT教室」シリーズも、定着してきた(?)ようですね。(笑)


今回も、実際に、KEN-ELTに通われる皆さんが、目にするアイテムをご紹介していきます。




英語は、’にほんじん’に習う。英語入門者・初心者限定ブログ。大田区でマンツーマン英会話。KEN-ELT英語学習専門校(英会話学校)

*このアイテムは、フランス・リヨンのキオスクで手に入れたものです。後にお話しますが、このリヨンでは、結構大変な思いをしたのですが、ここで出会ったキオスクの店員と打ち解け、英語でですが、出発までの間、会話を楽しみました!



フランスのリヨンへは、イタリアから入りました。フランスでも南部の都市なので、どこかイタリア的な部分もありましたね。


それでは、リヨンの私の独断的評価をお楽しみください!



*第一印象:☆☆☆☆(5つ星が最高)


リヨンの第一印象はというと・・・


かなり自分好みでしたね。


つまりは、イタリアに近いためか、建築が繊細で、色も明るめでした。やはり、繊細なデザインには、私は惹かれるようです。


今、日本でもデザインが重視されてきていますが・・・多くの場合、


「モダンデザイン」


が主流のようです。


つまり、シンプル北欧デザイン寄りのものですね。


私の場合はというと・・・


イタリアに多く見られる


「クラシックデザイン」


という少し複雑で繊細なデザインに興味があります。



*交通の便:☆☆


リヨンにも、メトロ(地下鉄)トラム(路面電車)が走っており、便利です。


リヨンは、パリよりもずっと小さいので、主要部であれば、歩いても回れます。


ただ、私が、☆二つにしたのには・・・


フランスならではの理由があります。


感のいい方は気づかれましたか?


・・・・・・・・・・・


ストライキ


ですね。。。(笑)


私は、ここリヨンで、


フランスのストライキ


というものを体験することとなったのです。。。


それは、突然のことでした。


ストライキ情報は、事前に予告されるのですが・・・


当日にならないと確定しません。


そして、その当日に当たる日が・・・


私のリヨン出発日


だったのです。。。


朝起きて、駅へ向かうと、そこは人で溢れ返っていました。ストライキです。。。


早速、フランス国鉄(SNCF)の職員に、「いつ再開するか」を聞くも、「わからない」の一点張りです。


私は、リヨンから


フランス東部のアルザス地方の都市ストラスブール


へ向かおうとしていました。


列車は、次の日も運休状態。。。


パリへ向かう高速列車(TGV)も運休。。。


仕方なく、違うルートを探しました。


そこで思いついたのが・・・


高速バス(ユーロラインズ)


です。


ただ、それでフランス国内へ移動したとしても、そこからは、また列車の運休です。


そこで、私は、その夜行バスで、一旦、


ドイツ


へ出ることにしたのです。


フランクフルトに到着したときの、私の安堵の表情は想像できることでしょう。(笑)


P.S. ストラスブールへは、ドイツからスムーズに行けました!



*英語通用度:☆☆


パリでは、英語は通じるものの、


基本的に、フランスの地方都市では、ほとんど通じません。


後で知ったのですが・・・


リヨンという都市日本でも


「リヨン=美食の都」


として、聞いたことがある方も多いと思いますが、その知名度ほど、国際都市ではありません。


少しフランス語を学ばれてから行かないと、私みたいに大変なことになりそうです。(笑)



*文化:☆☆☆


リヨンといえば、


「美食の都」


といわれるぐらい、レストランの数が多いです。


ここで出されるフレンチは、パリとは違い、


リヨン伝統料理


です。


「ブション」と呼ばれる気さくな定食屋


が街の至るところにあり、伝統的なフレンチが食せます。


郊外には、


フレンチの巨匠のレストラン


が点在しているので、フランス料理に興味がある方には必須の都市といえるかもしれませんね。



さて、最後に、


リヨンの街が光で照らされるイベントが毎年12月に開かれます。


その模様を、下のビデオクリップでお楽しみください!



Title: artstep presents lyon(france)


http://www.youtube.com/watch?v=LA4naRe-TFE



*クリックしますと、YouTubeの動画につながり、音楽と映像が流れます。




無料カウンセリングはこちら















スポンサーサイト

KEN-ELT教室:ロンドン(イギリス)②

無料カウンセリングはこちら



こんにちは!東京・大田区にある

KEN-ELT英語学習専門校

(http://www.ken-elt.jp/ )の代表Kenです。


前回の続きとして、「KEN-ELT教室」のアイテム紹介です。


またもや、


ロンドン


からです。



英語は、’にほんじん’に習う。英語入門者・初心者限定ブログ。大田区で個人英会話レッスン。KEN-ELT英語学習専門校(英会話学校)

*このアイテムは、以下にご紹介します、ロンドンの「ポートベロー・マーケット」というアンテイーク市で購入したものです。前回ご紹介しました「アンテイーク地図」の右側、つまり、生徒さんが座るイスのすぐ近くにあります。


それでは、今回は、ロンドン二回目となりますので、


「観光スポット」


のご紹介をさせていただきたいと思います。


観光スポットといっても、ロンドンは、


かつての大英帝国の首都


であったこともあり、見所が多すぎます。。。


なので、ここでは、私個人が気に入った場所をピックアップしてお伝えしていきます。



・Portobello Market


先ほどご紹介した、


「ポートベロー・マーケット」


ですね。


ここは、毎週土曜日に、映画でも有名になった


「ノッテイングヒル」


という地区で、開催されます。


約2キロほどに渡って、露店が連なります。


アンテイークをこよなく愛するイギリス人ならではのマーケット


といえるでしょう。


ロンドンのストリート・マーケットの中でも、歴史が長く、最も有名なものであるといえます。


私は、ロンドンに


英語教師セミナー


の一環で、9月ごろ、ここへ行きました。


ただ・・・その当日は、あいにく、


地下鉄のラインの工事


で・・・(ロンドンではよくあることです。。。)


バスで、ここへ向かいました。


バスだと迂回するので、かなり遠く感じました。。。


その後に友達と待ち合わせを約束していたので、正直、時間は、ぎりぎりだったのを覚えています。


アンテイークといっても、その他に、私が買った雑貨なども多く売られているので、時間があれば、会話を楽しみながら、買い物をしてみて下さい。



・Hyde Park/Kensington Palace


ロンドンには多くの公園がありますが・・・


私のお気に入りは、


「ハイド・パーク」


ですね。


整然としていて、すがすがしい


というのが第一印象でした。


故ダイアナ妃


が住まれていたことでも知られています。


今でも、花束を置いていかれる方を多くみかけます。


私は、ここへ、


英語教師仲間


と行ったのですが・・・


イギリス人でもロンドン出身者はいなかったため、道に迷うことになりました。。。


そこで助けてくれたのが、初老の紳士でした。


彼が乗っていた小さい公園用(?)のミニカーケンジントン宮殿まで案内してもらいました。


異国で、こういう親切を受けることは、何にもかえがたい経験です。



・Regent Street


ロンドンにも有名な通りが多くありますが・・・


私のお気に入りは、


「リージェント・ストリート」


ですね。


ここは、有名な待ち合わせ場所ピカデリー・サーカスからショッピングで有名なオックスフォード・ストリートへ続く、約1.6キロに渡る通りです。


をえがいていて、ロンドンという街独特の


「クラシックさ」


を代表する通りです。


ここに、ロンドン名物の


ブラック・キャブ

(黒いタクシー)



ダブル・デッカー

(赤い二階建てバス)


通りかかれば、あなたは、ロンドンにいることを実感されることでしょう。(笑)


さて、今回ご紹介した以外にももちろんたくさんロンドンのみどころはあります。


このような観光都市だからこそ、


「ご自分の」ロンドン


を発見していただけたらと思います。


最後に、ロンドン紹介ビデオクリップをお楽しみください!



Title: London Tourism


http://www.youtube.com/watch?v=WJqgXOjqkuc




無料カウンセリングはこちら





KEN-ELT教室:ロンドン(イギリス)①

無料カウンセリングはこちら



こんにちは!東京・大田区にある

KEN-ELT英語学習専門校

(http://www.ken-elt.jp/ )の代表Kenです。


さて、今回は、「KEN-ELT教室」シリーズの始まりです。


ここでは、「KEN-ELT教室」のアイテムを紹介していきます。



英語は、’にほんじん’に習う。英語入門者・初心者限定ブログ。大田区で個人英会話レッスン。KEN-ELT英語学習専門校(英会話学校)

*このアンテイーク地図のコピーは、生徒さんが座るイスのちょうど右手の壁にあります。これは、ロンドン市内、コベントガーデン近くの地図専門店で購入しました。ロンドンは、ヨーロッパの中でもアンテイークが盛んなところで、その種の「専門店」が多くあります。



私が初めて行ったヨーロッパは、イギリスなので、私の中で、


イギリス


という国は特別な意味を持ちます。


その中でも、


ロンドン


は、初めて行ったヨーロッパの大都市なので、印象が強かったですね。



それでは、以下、ロンドンの私の独断的評価をお楽しみください!



*第一印象:☆☆☆☆(5つ星が最高)


やはり、ヨーロッパを感じた初めての都市ということで、私の中での評価は高いです。


カナダでの留学を終えた後に、教師研修でロンドン入りしたのですが・・・


まず、


建物の重厚さ


が違いましたね。


カナダを初めとする北米では、日本の都市のように、近代的な高層ビルが多いのですが・・・


ロンドンは、違いました。


未だに、ロンドンの中心部、


オックスフォード・ストリート


地下鉄駅から出た瞬間の心の高ぶりは忘れられません。


このとき、初めて、私は、


ヨーロッパ


というものに出会ったのです。



*交通の便:☆☆


交通の便ですが・・・


正直、あまり良くないです。。。


もちろん、筒状の形をした


”チューブ”


と呼ばれる地下鉄を使えば主要観光スポットは回れるのですが・・・。


工事やストライキ


が多いですね。。。


私も、何度となく、足止めをくらいました。。。


バスが増便されるのですが、初めてロンドンを訪れる人には、路線が複雑で、基本的に車内アナウンスはないので、苦労することと思います。


私は、観光バスを利用したことはありませんが、その方が、効率よく、ロンドン観光を楽しめるかもしれません。



*英語通用度:☆☆☆☆


もちろん、英語圏の都市なので、英語は通じます!(笑)


ただ・・・ヨーロッパの大都市なので、移民は多く、


様々なアクセントと言語


が飛び交っています。


これに、観光客の使う世界の様々な英語が加わります。


果たして、


イギリス標準英語を学ぶのにロンドンという都市は適しているかというと・・・疑問です。。。


これは、イギリスの地方の語学教師と話した時に、お互いに一致した感想です。


☆文化:☆☆☆☆


イギリスは、総じて、文化レベルの高い国です。


ロンドンは、物価が高いですが・・・


多くの博物館が無料開放


していますので、芸術に関心がある学生に特に人気が高いです。


常に、新しいスポットが生まれ、


新たな芸術


を模索しているのが、国際都市ロンドンだといえるでしょう。




無料カウンセリングはこちら









KEN-ELT教室:ヴァチカン市国(クリスマス特集)

無料カウンセリングはこちら






こんにちは!東京・大田区にある

KEN-ELT英語学習専門校

(http://www.ken-elt.jp/ )の代表Kenです。


さて、先週からクリスマス特集をお届けしておりますが・・・


明日は、いよいよクリスマス当日ですね。


日本では・・・クリスマス当日は、祝日ではありませんが・・・


欧米では、ほとんどのサービスが全面停止いたします。(笑)


観光客も、これにより、多少の影響を受けますが、現地の方達のクリスマスへの思いいれは想像以上です。


さて、今回の「KEN-ELT教室」は、ずばり、


「ヴァチカン市国」


です。




英語は、’にほんじん’に習う。英語入門者・初心者限定ブログ。大田区でマンツーマン英会話。KEN-ELT英語学習専門校(個人英会話教室)
*この置き皿は、ローマのサン・ジョヴァン二・イン・ラテラーノ教会というところで、シスターから購入したものです。もちろん、イタリア製で、職人の手作りの作品です。描かれているのが、ヴァチカン市国のサン・ピエトロ大聖堂です。


今回は、クリスマス特集ということで・・・


「エッセイスタイル」


でお届けいたします。




****************************************************



Title: Città del Vaticano



イタリアの首都


ローマ市


の西端


に位置する


ヴァチカン市国は


世界最小の


独立国


である。


人間の価値


を再発見した


ルネサンス期


を経て、


力が


弱まりつつあった


カトリック教会


人々の心


を掴むために


用いた


バロック建築


の集大成


とも言えるのが、


ヴァチカン市国の


サン・ピエトロ大聖堂


である。


大聖堂の外面部


は装飾こそ


なされている


ものの、


ロンドンの


セント・ポール


あるいは


パリの


パンテオン


とさして


違いはない


しかし、


一度


聖堂内へ


足を踏み入れると、


絵画・彫刻・建築



三位一体


となって


見る者を


圧倒する。


聖堂内の


照明ランプ


と外界から差し込む


自然光


神聖なる


宗教空間


を演出する。
                         


キリストの生誕


を祝う


クリスマス


が二日後


に迫り、


大聖堂の正面


に広がる


サン・ピエトロ広場は、


カトリック信者


のみならず、


様々な


文化的背景


を持った人々で


溢れかえっていた。


世界で


先進国


といわれる国々


からの人々


だけではない。


裕福


とは言えない


かもしれない


国々からも、


人は


"何か"


を求めて


この場所を


訪れているのだろう。


世界には


様々な


「差」


が存在するが、


ここに集まる


人々に


そうした差


など


無意味なもの


であるかのように


感じられた。


この


世界的に見ても


経済状況が良い


とは言えない


時期であれ、


また


そうであるからこそ、


人は


時空を超えた


「本物」


を心のどこかに


求める


のだろう。


本物


が何か


を見極める


ことは


容易なこと


ではない。


しかし、


それは


本物


を求める


人の心にのみ


姿を現す


のではないか?


本物


を見た


者の心は


かつて


感じたことのない


充実感


で満たされる。


そして、


それが


人々の


創造力


をかきたて、


時代


を切り開く


エネルギー


を生み出していく。



を意識させる


パスポートの存在


が意味をなさない


この小国で、


私は


物事の本質


について


思いを


めぐらせていた。



Città del Vaticano(The Vatican)



英語は、’にほんじん’に習う。英語入門者・初心者限定ブログ。大田区でマンツーマン英会話。KEN-ELT英語学習専門校(個人英会話教室)

****************************************************


ヴァチカンには、数年前のクリスマスに行ったのですが、やはり圧倒されましたね。特に宗教心が強くない自分にも、何か訴える力がありました。


彫刻、絵画、建築とどれをとっても「本物」という感じがしました。


私は、”英語教育”の分野これからも”本物”生徒の皆さんに提供していきたいと感じさせた出来事でした。


さて、最後に、ヴァチカンのクリスマス・ミサの模様をお届けいたします。



Title: Campana di San Pietro in Vaticano(Roma)



http://www.youtube.com/watch?v=eXuZTvhMGnE


*クリックしますと、YouTubeにつながり、映像と音楽が流れます。



Buon Natale!


(Happy/Merry Christmas!)




無料カウンセリングはこちら

















KEN-ELT教室:ローマ(イタリア)


無料カウンセリングはこちら



こんにちは!東京・大田区にある

KEN-ELT英語学習専門校

(http://www.ken-elt.jp/ )の代表Kenです。


さて、「芸術の秋スペシャル」として、イタリアを特集していますが・・・


今回の「KEN-ELT教室」はというと・・・


イタリアの首都ローマ


です。



英語は、’にほんじん’に習う。英語入門者・初心者限定ブログ。大田区でマンツーマン英会話。KEN-ELT英語学習専門校(英会話教室)

*この壁掛けアイテムは、ローマのヴァチカン近くの市場で購入したものです。実は、緑をベースにしたものもあり、どちらにしようか迷いました。ただ、KEN-ELTの教室がベース色に、明るめの茶色と臙脂色を使っているので、この色の方にしました。こういった市場では、現地の人と交渉しながら買い物を楽しめます。



さて、まずは、いつも通り・・・



*第一印象:☆☆☆☆(5つ星が最高)


ローマは、いわずと知れた世界的観光都市です。


スペイン階段やトレヴィの泉などは、ローマへ行ったことがなくても、一度は目にしたことがあると思います。


ただ、私にとっては・・・こうした観光スポットというよりも、


”普段着の”ローマ


に関心がありました。


なので・・・


ローマ中に点在する教会の数々や地元の市場


などをめぐり、期待していた以上にローマを楽しめました!




*交通の便:☆☆☆☆


ローマを訪れたのは・・・だったのですが、幸い、晴れた暖かい日が多かったので、歩いて市内を回っていました。


地下鉄やバスもありますが、


徒歩でも、十分回れるほどの大きさ


です。


ヨーロッパの都会は、ロンドンなどを除けば、歩いて回れる範囲なコンパクトな都市が多いですね。


なので、良い運動になり、一日の終わりには・・・結構足にきます。(笑)



*英語通用度:☆☆☆☆


ローマは、観光都市なので、当然、英語が通じます。


イタリア人は、「英語が苦手」といったイメージがたまにありますが・・・ヨーロッパの中でもかなり英語がうまい方が多いといつも思います。


自分の思っていることを表現するのが得意な人達なので、会話の上達も早い


のでしょう。


また、イタリアの世界遺産の数を考えると・・・


日常で外国人に会う機会が他の国よりも圧倒的に多い


ことが挙げられると思います。


ただ、やはり、教会や、地元の市場などではイタリア語を少し話せた方が楽しめます。



*文化:☆☆☆☆☆


ローマを訪れる旅人で、文化遺産を見ないで帰る人などいないことでしょう。


古代から現代まであらゆる種類の建築が時を越えて、旅人を迎え入れます。


このような「複数の時代が混在する都市」は、世界を探しても、なかなかないのではないでしょうか?


特に、


ヨーロッパの教会建築


に興味がある方には、”必須”の都市といえるでしょう。


また、


イタリアならではの食文化


もちろん見逃せません。


観光スポットを離れれば、そこには、普段着のローマが広がっているのです。



それでは、最後に、ローマのビデオクリップをお楽しみください!


夜のローマも美しいですよ。



Title: Roma Di Notte


http://www.youtube.com/watch?v=V101z2BD7yI



*クリックしますと、YouTubeの動画につながり、映像と音楽が流れます。




無料カウンセリングはこちら





















プロフィール

KenElt

Author:KenElt
鈴木健一。

・上智大学外国語学部英語学科卒業。

カナダ留学
・カナダ・トロントにて、外国人に英語を教える国際資格(TESOL Diploma)を取得。
・カナダでは、中・上級者を中心に英会話を指導。

イギリス留学
・イギリス(ロンドン・ブロードステアーズ・ブリストル・チェスター)の英語教育者コースで、最先端の英語教育の現状を学ぶ。
・イギリス・ケンブリッジ大学英語教師養成プログラム(Cambridge CELTA/DELTA)認定の教師養成トレーナーより、語学教育カリキュラム・教材開発の個人指導を受ける。

国内
・帰国後、複数の英語教室にて、成人英語初心者への英会話指導、クラス教材開発、英語教師養成に携る。
・現在は、定期的にイギリスにて研修に参加する傍ら、イタリア語とアラビア語を学び、語学教育の新しい手法を模索している。


KEN-ELT英語学習専門校
(http://www.ken-elt.jp/ )について:

東京都大田区にある大人対象の個人英会話教室(学校)。


*対象:

中級者・上級者の方

*入門者・初心者の方は、
http://ameblo.jp/ken-eltへ

*学習内容:

英語表現力(英会話+α)
   +
英語学習力(効果的な学習法・
異文化理解力・会話展開力)

*学習スタイル:

一レッスン75分&
完全マンツーマン
(プライベート)

*対応英語:

アメリカ英語・イギリス英語


*KEN-ELT携帯サイト*

(http://ken-elt.jp/i/ )


*無料カウンセリングはこちら

*http://www.ken-elt.jp/enquiry.html
(パソコンから)

*http://ken-elt.jp/i/enquiry.htm
(携帯から)
      
   *毎月7名様限定*

*先着順にお受けし、数に限りがありますので、ご希望の方は、お早めにご予約ください。

☆あなたの英語学習観が間違いなく変わられることと思います。☆

検索フォーム
RSSリンクの表示
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。