スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

KEN-ELTエッセイ:フランス

無料カウンセリングはこちら



こんにちは!東京・大田区にある

KEN-ELT英語学習専門校

(http://www.ken-elt.jp/ )の代表Kenです。


今月は・・・


フランスについての記事をお届けしてきました。


フランスやフランス人には私自身色々な意味で悩まされてきました。(笑)


今回は・・・


「KEN-ELTエッセイ」シリーズ


フランス


です。


ぜひお楽しみください!



****************************************************


Title: Paris Charles de Gaulle



イギリスから


フランスへ


入る


につれ、


列車は


スピードを


増していく


線路沿いの家


が立ち並ぶ


ことの少ない


フランスは、


そこが


ヨーロッパ屈指の


農業国


である


ことを


私に


感じさせた。


クリーム色で


フランス独特の曲線


飾られた


バルコニーが、


パリ


という大都会


統一感


を与えている。


セーヌ川沿い


に堂々と佇む


ノートルダムの鐘が、


数々の画家


を生み出してきた


この都市にも、


時間


止まらずに


流れていく


ことを


私に


強く


感じさせた。
                     


イタリアから、


フランス第三の都市


リヨン


を訪ねた。


リヨン


という街は、


パリ


のような意味での


統一感


はないが、


個々の建物の装飾


が繊細で、


その一つ一つが


強い日差し


に照らされ、


より一層の輝き


を増していた。


パリ


を中心


次々と


新しいアイデイア


が生み出されている


現代のフランス料理


の潮流


に背く


かのように、


この地方独特の


伝統料理


を保持し続ける


リヨン


という街は


誇り高く


フランス的


である。
                      


ドイツ国境


に程近い


アルザス地方


の中心都市


ストラスブールは、


ドイツ風の街並み


を強く


残しながらも、


所々に


フランス特有の装飾


が見られ、


フランス風ピザ


を生み出す


など、


かつて


歴史


に翻弄された


過去


を乗り越え、


ヨーロッパ統合


を真摯に


見つめている。
                      


フランス


という国は、


パリ


を中心


とした


中央集権的


性格


を持ちつつも、


地域特有


の文化を


頑なに


守り続けている。


言語から


料理、


さらには


社会システム


に至るまで、


フランス的基準


を示し、


それを


共有することを


訪れる者


に迫る。


また


そのことが


この国に


ある種の


統一感


を与えている


のだろう。


統一された


街並みに


身を置き、


私は


強く


そのように


感じていた。



Lyon, France



英語は、’にほんじん’に習う。英語入門者・初心者限定ブログ。大田区でマンツーマン英会話。KEN-ELT英語学習専門校(英会話学校)


****************************************************


フランスという国は、日本では、そのブランド物であったり、食文化が人気があるようです。


しかし、実際に、フランス社会というものを理解する試みを続けた私にとって、フランスは、ヨーロッパの中でもかなり、特異な社会構造を持ち、近隣諸国との関係で独自の位置を占めていることを、感じさせました。


パリがあまりにも有名であるため、フランス=パリと考えられがちですが、


フランスの地方の魅力


をぜひ、あなたのフランスへの旅で感じてみてください!



Bon voyage en France!



無料カウンセリングはこちら







スポンサーサイト

KEN-ELTエッセイ:語学と完璧主義

無料カウンセリングはこちら




こんにちは!東京・大田区にある

KEN-ELT英語学習専門校

(http://www.ken-elt.jp/ )の代表Ken,です。


以前、「語学における性格」についてエッセイを書きましたが・・・


今回は、「KEN-ELTエッセイ」シリーズとして、


「語学と完璧主義の関係」


についてです。


お楽しみください!


****************************************************


Title: 語学と完璧主義の関係



「何をやるにしても完璧を目指したい」


と思い、


自分の目標


に向かって


ひたすら


走りつづける。


これは


確かに


素晴らしい


ことだ。


「完全なものなどこの世にない」


とわかっていても、


人は


自らの脳


のなかに


理想像


を作り出し、


それ


に向かって


生きていく


運命


を背負った


生き物


である


のかもしれない。
             


言葉


を学ぶ


場合も


同じこと


が言えよう。


やるからには


完全に


語学を


マスターしたい


と思う。


しかし、


外国語


を学ぶこと


自体は


「非日常的」


なことである。


人が


ある場所で


この世に


生を受け、


ある価値観


をもつ


社会


の中で


育てられる中で、


人は


他人との


コミュニケーションの手段


として、


自らが


無意識


操れる言葉

(母語)


を身につけていく。


その言葉を


使う


ことは


人にとって


ごく日常的


なこと


である。


しかし、


人は


そこでは


満足できずに、


好奇心


というものを


武器


外国語


に興味を


持ちはじめる。


人が


あるもの


を手に入れたあとも、


次から次へと


またあるものを


求めていく


欲望


が絶えない


動物である


と考えるなら、


この場合


外国語


に魅かれる


のは


不思議なこと


ではあるまい。


しかし、


いくら完璧に


文法なり、


語彙なり


をマスターした


と自分では


思っていても、


いざ


それを使用する


ときになると


戸惑ってしまう


ということは、


誰もが


一度は


経験する


ことだろう。
              


言葉


には


それを


話す人々


のもつ


様様な


歴史


生活


価値観


が刻み込まれている。


それゆえ、


語学


において


完全


を目指す


ということは


そうしたもの全て


を理解しよう


という試み


である。


その意味で


完全を目指す


ということ、


それ自体は


現実的な発想


ではない。


むしろ、


自分にとって


必要な程度のこと


を表現できること


を自らの達成目標


にすること


が重要である。


したがって、


人それぞれ


語学の習得


にかける時間


には



が生じてくる。


他人


がどうであれ、


自分


を基準


にして


語学


に取り組む


ことが


語学


における


最も賢明な選択


のように


自分は


考えている。



KEN-ELT英語学習専門校 東京・大田区


英語は、’にほんじん’に習う。英語入門者・初心者限定ブログ。大田区で個人英会話レッスン。KEN-ELT英語学習専門校(英会話学校)


****************************************************


語学を学びたいという方は、特に日本人の方で、真摯に語学に向き合っている方ほど完璧を目指すと思われます。


もちろん、


真剣に学ぶ時期がなければ、語学は習得できません。


ただ、短期に集中的に学べばよいというものではありません。


継続して効果を上げていくためには、時間がかかります。


続けていく中では、行き詰ることもあるでしょう。


そんな時に、


自分で小さな目標をたて、そんなに、追い込まずに、学習を続けられるか


がその後のあなたの語学習得に大きな影響を与えるのです。


*KEN-ELTでは、真剣に英語を学びたい方を中心に、効果的に英語力を高めていくプログラムを提供し、それぞれのレベルや目標に合った英語学習アドバイス生徒さんをサポートしております。




無料カウンセリングはこちら








KEN-ELTエッセイ:ドイツ(世界陸上ベルリン記念?)

無料カウンセリングはこちら

こんにちは!東京・大田区にある

KEN-ELT英語学習専門校

(http://www.ken-elt.jp/ )の代表Kenです。


世界陸上ベルリン大会記念ということで・・・


前回から、ドイツの首都ベルリンの情報をお届けしています。


私も、世界陸上は毎回よく見ますが・・・


今回の大会のように、時差が7時間(ヨーロッパのサマータイム時)もあると・・・


さすがに、遅くまでは見ていられません。


私は、早寝早起きを実践しているので。(笑)


今回は、「KEN-ELTエッセイ」シリーズ


ドイツ


をお届けします。



****************************************************


Title: Berlin Tegel



本場のクリスマスを


一度は見てみたい


という思いから


私は、


ドイツの首都ベルリン


へと向かった。


ベルリンの壁


が崩壊し、


次々と


かつて


社会主義


であった国々が


EUに加盟


していくことなど


誰が想像できただろう。


ドイツがかつて


この欧州の地で


犯した罪は


それを


体験した人の心


から消え去ることは


ないのだろう。


しかし、


ベルリン


という都市は


統一ドイツの首都


として


一度失ったものの意味


強く感じている


かのようだった。


戦争で


歴史的な建造物


を失った


ドイツの都市


を訪れる


ヨーロッパ人


はそう多くはない。


ベルリンは


その中でも


近代的なビル


が立ち並び、


ここが


ヨーロッパの都市なのか


疑わせるほどだ。


ただ


街では


古代ギリシャ風の博物館が


壮大なスケールで


見る者を


惹きつけている。


ベルリン


という都市は


今も


自らの向かう道


を模索している


ように見えた。 


世界最古のクリスマス市を


ドレスデン


に訪ねた。


ドレスデンも


戦争で


ほとんどの


歴史的建造物


を失ったが、


かつての


王国時代の栄光


を取り戻そうと、


再建事業


が始まり、


つい最近


完成したところだ。


当時の街の姿を


忠実に再現


しようとする


民族としての誇り


それを


実際に成し遂げた


ドイツ人の精神力


には驚くべきもの


がある。


ドイツは


自らがなしたことを


ヨーロッパに謝罪し、


自らの「正」の遺産


を取り戻そうとしている。


その一方で、


「負」の遺産


をも一般に公開


することで


自らの犯した過ち


を忘れないよう


しきりに


努力している。


近代的ベルリンと


重厚ドレスデンで


私はそのように


感じていた。




Dresden, Deutschland(Dresden, Germany)


英語は、’にほんじん’に習う。英語入門者・初心者限定ブログ。大田区で個人英会話レッスン。KEN-ELT英語学習専門校(英会話学校)


****************************************************


ドイツは、日本からの観光客には西側のライン川とその周辺で人気がありますが・・・


ベルリンや東ドイツはというと・・・


あまり、訪れる人は多くはないのが現状です。


しかし、ドイツという国の歴史とその遺産を知りたい方には、ぜひ一度東側も行ってほしいと私は思います。


英語があまり通じないといった問題はありますが・・・


多少ドイツ語を学んでいけば現地の人は暖かく皆さんを迎えてくれることでしょう。


最後に、戦後再建されたバロック都市ドレスデンのビデオクリップをお楽しみください!



Title: DRESDEN


http://www.youtube.com/watch?v=HwPiY3wvExI



Gute Reise nach Dresden und Berlin!




無料カウンセリングはこちら











KEN-ELTエッセイ:語学における性格

無料カウンセリングはこちら



こんにちは!東京・大田区にある

KEN-ELT英語学習専門校

(http://www.ken-elt.jp/ )の代表Kenです。


今回の「KEN-ELTエッセイ」は・・・


語学学習


についてです。


私は、海外エッセイの他に、語学についても自分の意見をマトメています。



****************************************************


Title: 語学における性格(積極性と消極性)



言葉は


コミュニケーションの手段


である。


いくら


文法やルール


を暗記しても、


いくら


たくさんの単語


をやみくもに


暗記しても、


それを


実際のコミュニケーション


の際に


有効に使う


ことができない


とすれば、


それは、


言葉を学んだ


ことにはならない


だろう。


特に、


英語


という言語


直接的な表現


を好み、


その言語を使用する


英語圏では


自分から


言葉を武器にして


能動的に


コミュニケーションをとり、


明確に


自分を表現


していかなければ


物事が


思うように進まない。


つまり、


たとえ


困った表情


をしていても、


言葉で


自分の感情


を表現


しなければ、


誰も


気にしてはくれない


ということである。


そうなると、


積極的に


働きかける


ことのできる


外向的な性格の人


のほうが


語学に向いている


のではないか


と人は思うかもしれない。


事実、


自分の感情


を素直に表現する


という点では


その主張には


一理ある。


しかし、


それでは


内向的な性格の人


は語学に


向いていないのだろうか?
                

それは


全くの誤解だ


と自分は考える。


確かに


自分を表現していくこと


は少なくとも、


英語という言語


を学ぶ上では


大切な要素のひとつ


である。


しかし、


言葉の学習には


コミュニケーションの手段


のほかに


より深層的な側面


がある。


言葉を学ぶ中での試行錯誤


読書を通じた表現力の強化


さらには


言語とはどのようなものか


を探求することで、


人は


より深いレベルで


言語を理解し、


操ることができる


ようになる。


そして


この側面は


内向的な学習者が


得意とすることである。
                 


積極的に


コミュニケーションをとる姿勢


を否定する


つもりは毛頭ない。


ただ、


目に見える部分だけ


で満足していては


上達に行き詰まった


ときに


途方に暮れる


こととなる。


言葉について


深く考えることが


どこかで必要になる


のである。


内気な性格


だからといって


性格を


変える必要などない。


内気な人


だからこそ


続けられる


地道な語学の側面


がある。


そして


それは


一人の自立した語学学習者


としての自信


を与えてくれる


のである。




Vancouver, British Columbia(Canada)


英語は、’にほんじん’に習う。大田区の英語学習専門校(英会話学校) KEN-ELT


****************************************************



私自身、かつては、かなり内気な性格でした。


英語圏へ初めて行ったときは、自分の意見を主張できずに、誤解されてしまうこともありました。


ただ、地道に毎日欠かさず、語学の訓練を重ねていました。


そうした


毎日の積み重ね



試行錯誤の日々


あるとき、自己表現につながり、英語を問題なく話せるようになりました。


語学の習得世間で言うほど、’ラク’にできるものではありません。


くれぐれも、”甘い”言葉にはお気をつけください。


*KEN-ELTでは、’ラクに’英語を習得できるとは、考えておりません。ただ、’たのしく’英語は習得できると考えております。

同じ、”楽”という漢字でも、このように意味が異なるのが、言葉の面白いところですね。



無料カウンセリングはこちら





KEN-ELTエッセイ:カナダ(バンクーバーオリンピック記念?)

無料カウンセリングはこちら


こんにちは!東京・大田区にある

KEN-ELT英語学習専門校

(http://www.ken-elt.jp/ )の代表Kenです。


さて、もう少しで、カナダ・バンクーバー冬季オリンピックが開催されますね。


そこで、今回の「KEN-ELTエッセイ」では・・・


バンクーバーオリンピック開催記念(?)


といたしまして、


「カナダ」


に関するエッセイをご紹介します!



****************************************************



Title: Toronto Pearson


アメリカ合衆国を


「国境の南」


と呼ぶカナダは、


生活水準の高い国


として


世界に知られている。


カナダ最大の都市


トロントは、


約二時間ほどで


アメリカに着く位置


にありながら、


アメリカの都市


とは趣を異にしている。


それを


強く私が感じる


きっかけは、


アメリカ東海岸の大都市


を回る旅から


トロントに


夜、帰着したとき


であった。


アメリカ最大の都市


ニューヨークが


高層ビル群


を携えて


世界にアピール


していたのに対し、


トロントは


世界にアピール


するどころか、


控えめに


大国アメリカの影


に隠れている


ように感じた


のである。


アメリカの


テレビ番組や


製品が


洪水のように


押し寄せ、


世間一般では


カナダを


アメリカの属国


とみなす人も


多いだろう。
                 


しかし


私が


トロント


に住んでみて


一番強く感じたことは、


皮肉にも


アメリカとの


歴然たる


社会的違い


であった。


知らない道に


迷い込んで


銃口を向けられる


心配


もなければ、


皮膚の色


を理由に


差別が


生まれることもない。


地味ではある


かもしれないが、


一人の人間


として生きていける


社会が


そこにはある。
                


一方で、


「カナダ的」


なものは何か?


その答えを


探しているのは


カナダ人自身


である。


その分、


カナダブランド


への愛情


は深く、


コーヒーから


洋服にいたるまで


自国のもの


を好む。


フランス語圏


を抱えた


唯一の英語圏


として、


イギリス


フランスにより


もたらされた葛藤


とともに、


世界各国からの


移民の文化


融合させていく


ことは


容易なこと


ではない。


カナダ人の願いは


唯一つ。


人間らしく


生活のできる


社会を


皆で


協力して


作り上げていく


ことである。



Toronto,Ontario(Canada)



英語は、’にほんじん’に習う。英語入門者・初心者限定ブログ。大田区でマンツーマン英会話。KEN-ELT英語学習専門校(個人英会話教室)







****************************************************


カナダについて皆さんは、どのようなイメージを持っていますか?


おそらく、「自然が豊か」だとか、「生活しやすい」など、があると思います。


しかし、その根底には・・・カナダ人が日々生活する上での


社会の安定性


というものがあります。


競争社会の今という時代にあって、


日本が失いつつあるもの


あなたはカナダで見つけられるかもしれませんね。



*KEN-ELTでは、日本では珍しい「カナダ文化完全対応のカリキュラム・教材」をご用意し、カナダという国に興味のある生徒さんをサポートしています。





無料カウンセリングはこちら





















プロフィール

KenElt

Author:KenElt
鈴木健一。

・上智大学外国語学部英語学科卒業。

カナダ留学
・カナダ・トロントにて、外国人に英語を教える国際資格(TESOL Diploma)を取得。
・カナダでは、中・上級者を中心に英会話を指導。

イギリス留学
・イギリス(ロンドン・ブロードステアーズ・ブリストル・チェスター)の英語教育者コースで、最先端の英語教育の現状を学ぶ。
・イギリス・ケンブリッジ大学英語教師養成プログラム(Cambridge CELTA/DELTA)認定の教師養成トレーナーより、語学教育カリキュラム・教材開発の個人指導を受ける。

国内
・帰国後、複数の英語教室にて、成人英語初心者への英会話指導、クラス教材開発、英語教師養成に携る。
・現在は、定期的にイギリスにて研修に参加する傍ら、イタリア語とアラビア語を学び、語学教育の新しい手法を模索している。


KEN-ELT英語学習専門校
(http://www.ken-elt.jp/ )について:

東京都大田区にある大人対象の個人英会話教室(学校)。


*対象:

中級者・上級者の方

*入門者・初心者の方は、
http://ameblo.jp/ken-eltへ

*学習内容:

英語表現力(英会話+α)
   +
英語学習力(効果的な学習法・
異文化理解力・会話展開力)

*学習スタイル:

一レッスン75分&
完全マンツーマン
(プライベート)

*対応英語:

アメリカ英語・イギリス英語


*KEN-ELT携帯サイト*

(http://ken-elt.jp/i/ )


*無料カウンセリングはこちら

*http://www.ken-elt.jp/enquiry.html
(パソコンから)

*http://ken-elt.jp/i/enquiry.htm
(携帯から)
      
   *毎月7名様限定*

*先着順にお受けし、数に限りがありますので、ご希望の方は、お早めにご予約ください。

☆あなたの英語学習観が間違いなく変わられることと思います。☆

検索フォーム
RSSリンクの表示
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。